旅㉓韓国のおにぎりブームの理由:日本ののり・日本人・イメチェン

 

今はセントレア空港の中にいる。

大連(中国)いきの飛行機のチケットは手に入れた。
でも、出発にはまだ時間がある。

「じゃ、できるだけ安くてなるべく日本的な食べ物を食べとくか?」

ということで、おにぎりを買いに空港にあるコンビニへむかっているところ。

 

情けないことを言ってんじゃねえ。
こんな弱音をはく空港を初めてみた。

 

前回、韓国でのおにぎり(チュモクパプ)について書いた。

簡単にいったら、韓国ではおにぎりに対して「下品で貧しい」という悪いイメージがあった。

 

そのことで、日本語ガイドの韓国人の顔が頭にうかんでくる。
15年ぐらい前のソウル旅行でのこと。
ガイドさんと話をしているときに、その人がおにぎりについてこんなことを言っていた。

「私はおにぎりがキライです。おにぎりのように、手づかみで食べるものには抵抗がありますから。労働者みたいですし礼儀も良くないです」

この言葉を聞いたときは驚いた。
というより衝撃的だった。
2017年の今なら、そのガイドさんは60歳ぐらいになっていると思う。

このときの「労働者みたいですし」という言葉には、あきらかに蔑視(べっし)がこめられていた。
それを感じたから、今でもこのときの言葉をよく覚えている。

 

べっ‐し【蔑視】

相手をあなどって見くだすこと。

デジタル大辞泉の解説

 

これも手づかみなのに・・・。
おいしいのに・・・。

 

前回に続いて今回も、日本の食文化であるおにぎりについて書いていきたい。

まずは、おにぎりってどんなもんかを確認しときましょ。

日本の食と歴史に精通した樋口清之氏によると、日本人がおにぎり(にぎり飯)をつくりだした理由は「米の保存」にあるという。

それを防ぐために生れたいちばん素朴な方法が、‘握り飯’である。握り飯をつくると、外側は空気に接触するから、かびが生えたりするが、中は腐らない。そこで、握り飯の表面に発酵作用を止める塩をまぶしたり、ミソで包んだり、あるいは焼いて表面を炭化させておく方法を考えついた。

「梅干と日本刀 樋口清之」

 

この握り飯の考え方の延長に「餅(もち)」がある。
つまり、握り飯(おにぎり)と餅は同じ考え方から生まれているという。

中国や韓国(朝鮮半島)でも、人々はむかしからお米を食べている。
でも、おにぎりをつくって食べるという食文化はなかった。

 

韓国のトッポギ。
元は宮廷料理だった。
トッポギもお餅だけど日本の餅とはちがう。

 

先ほどもかいたように、韓国にはおにぎりに対して悪いイメージがあった。

でも何とかして、韓国でおにぎりを売ろうと考えた人が出てくる。
これはなかなかむずかしいミッションだ。

それには、おにぎりの「下品で貧しい」というイメージを変えないといけない。
ということで、「チュモクパプ(げんこくつ飯)ではダメだ。別の名前をつけて売り出そう」と思いつく。
そこで前回紹介したキンパプ(のり巻き)を名前を取り入れることにした。

これで、「三角キンパプ(のり巻き)」という名称ができ上がる。
これでおにぎりの「下品で貧しい」というイメージが大きく変わって、韓国人にうけたという。

そのことについて、韓国に精通したジャーナリストの黒田勝弘氏がこう書いている。

<随筆>◇キムパプ(ノリ巻き)礼賛論◇ 産経新聞 黒田勝弘 ソウル支局長

韓国で長らく文字通り“冷や飯”を食わされてきたオニギリが、ついに商品として市民権を得たのはその名称を「三角キムパプ(つまり三角オニギリ)」と命名したからだ。以来、コンビにでも売れ筋になった。

これはつい近年のことで、まだ十年ほどの歴史しかない。オニギリを意味する「チュモクパプ(つまり、げんこつ飯)」では絶対に売れない。「チュモクパプ」は下品(?)で貧しさと非常食のイメージを抜け出せないからだ。

 

おにぎりを「三角キムパプ(三角おにぎり)」と名づけることで、イメチェンに成功した。
黒田勝弘氏はこれを、「オニギリの進化、高級化だ」と絶賛している。

今の韓国のコンビニでは、日本のコンビニと同じようにいろいろなおにぎりがならんでいる。
その背景にはこんな命名の物語があった。

 

 

今の韓国では、おにぎりがすっかり定着している。

韓国でおにぎりがブームとなった背景には、「本多さん」という日本人がいた。

韓国には「冷めたものを食べるのはお金のない人」と考える人が多くて、コンビニでおにぎりはほとんど売れなかったという。

それでも本田さんが中心となって、日本ののりを使った新しいおにぎりを開発する。

くわしく書くとキリがないけど、他にもいろいろな工夫があって韓国でおにぎりが大きなブームとなった。

韓国のコンビニで初めてテレビCMを打ったことも功を奏し、コリアセブンのおにぎりは爆発的な売上を記録することになる。

韓国に「おにぎりブーム」を巻き起こしたコンビニ経営の達人

 

・新しい名称をにして、「下品で貧しい」というそれまでのおにぎりにあった悪いイメージをくつがえした。
・日本ののりを使って新しいおにぎりをつくった。

そんなこんなで、今ではおにぎりが韓国人の日常生活にすっかり溶けこんでいる。

 

個人的には、こっちのほうが下品な感じがするんだけどなあ・・・。

 

韓国人の友人も、「下品!」と「おもしろい!」にわかれた。

 

ランキングに参加しています。
よかったら、下のボタンをポチッとお願いします。

 

こちらの記事もいかがですか?

旅㉑おにぎりをめぐる日本と中国・韓国の食文化のちがい

イギリスという国とは?階級社会・日本の平等・アメリカ人との違い

満州の旅②東南アジアのルーズな時間感覚!ゴムのようにのびる。

満州の旅⑦空港でビックリ!平気で下着を見せる中国人女性

満州の旅⑧中国の「ニーハオ(你好)トイレ」入門編 ~知る~

中国を知ろう! 「目次」 ①

中国を知ろう! 「目次」 ②

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。