ユニーク動画で英語を学ぼう⑳KFCのCM。日本と海外の違い。

 

今回紹介する動画は海外のケンタッキーのCMです。

日本のケンタッキーのCMと比べてながら見てみましょう。
外国人へのアピールの仕方は日本人に対するものとは違います。

ちなみに、この動画で何度も「チキン アンド フライズ」という言葉が出てきます。
この「フライ(ズ)」は日本でいうフライドポテトのこと。
「フライドポテト」は日本人がつくった和製英語だから、外国人には通じませんよ。

 

 

*これはあくまで、「いっしょに英語を学びましょう!」というスタンスです。
英文を日本語にしてみましたが、本当に正確な日本語訳はお近くの英語使いに聞いてみてください。
外国人が書きこんだコメントだから、文法が100%正しいかは分かりません。
でも意味は通じるはずです。

 

・これは面白いと思ったよ。

I thought it was funny.

・ボク今まで見た中で最高の広告だ。

best advert ive ever seen.

・ボクはケンタッキーに20年以上行っているけど、チキンとフライドポテトを注文する人なんて一度も聞いたことがない。

I’ve been going to KFC for over 20 years now and not once have I heard anyone order chicken with fries ……………..

・わたしはこれが大好き。これがどれだけ好きなのか説明できない。
アメリカのケンタッキーのCMも、これぐらい良いものだったらよかったのに。

I love this. I can’t explain how much I love this.
I wish KFC commercials in the US were this awesome.

・ケンタッキーで絶対に耳にしないことが2つある。
‘チキンとフライドポテトをください’
それか’チキンとライスをください’
‘ドアを開けておいて’なら、聞くかもしれないけど。

Two things you’ll definitely never hear in KFC.
“Chicken with fries please”
Or “Chicken with rice please”
You might hear “hold the door” though.

・本当にチキンとフライドポテトを食べたいよ。

I really want chicken and fries.

ボクがアジアで住んでいたときは、1990年から’チキンとライス’を注文していたんだ。
オーストラリアに移って来たときにケンタッキーでライスを注文したら、「ケンタッキーにライスはない」ってケンタッキーの店員が笑って言ってたよ。

Living in Asia “Chicken with rice” has been my order since 1990.
When I moved to Australia and ordered rice at KFC they laughed and said that KFC don’t have rice.

 

 

今回の記事で「役に立てそうなものがあったよ!」と思ったら、下のボタンをポチッとお願いします。

 

こちらの記事もいかがですか?

英会話 「目次」

英会話の話題・雑学に:あなたの都道府県を英語で言うとこうなる。

「Why did you come to Japan(You は何しに日本へ?)」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。