ローマ法王の言葉。日本→尊敬と競争、韓国→生まれ変わりを望む。

 

先日、ローマ法王が日本の若者と対話したことが話題になった。

でも、そのことを書く前に、ローマ法王(教皇)について簡単に確認しておこう。

教皇(法王)

Papa〈ラテン〉、Pope〈英〉
カトリック教会の最高位の聖職者。「父」が語源。「法王」は俗称。
使徒ペテロの後継者であるローマ司教は、教会に関わる全ての事柄について絶対的な権威(首位権)を持つと位置づけられた。

「世界史用語集 (山川出版)」

日本や外国で、子どもが父親を「パパ」と呼んでいる。
ウィキペディアには、この「パパ」と「Papa(教皇)」は同じ語源だと書いてある。

パパの語源はローマ教皇を表すPope(英)と同じでありギリシャ語 παππας(pappas)→ラテン語 papa→Popeとなる。

父親

現在(2017年12月20日)のローマ法王・フランシスコ(第266代)

 

そんな絶対的な権威を持つローマ法王が日本の若者と対話した。
そのことを、読売新聞が記事(2017年12月18日)で伝えている。

「日本を尊敬…ローマ法王、映像回線で若者と対話」

 

このイベントは、東京の上智大学とローマのヴァチカンを映像回線を結んでおこなわれた。

「なんで上智大学は、こんなすごいことができるんだ?」と疑問に思った人はいませんか?

これは、上智大学とローマのカトリック教会には深い関係があるから。
上智大学はイエズス会によってつくられていて、大学のホームページにはこう書いてある。

上智大学は学校法人上智学院のもとにあり、ローマ・カトリック教会に所属する男子修道会の一つ、イエズス会が設立母体です。

イエズス会と上智大学の設立

日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルも、イエズス会のメンバーの1人。
上智大学は12月3日を「ザビエルの祝日」として休業にしている。

 

このときローマ法王は、日本人にこんな言葉を述べた。

「能力を持ち、勤勉で、非常に多く苦しんだ国民というイメージがある」
「過度な競争、消費をずっと続けているが日本という国を称賛、尊敬している」
「高齢者との対話を通じ、国、家族、人間としてのルーツを探してほしい」

 

ローマ法王が「絶対的な権威を持つ」というのはカトリック教会でのことで、無宗教の日本人には「過度な競争や消費」ということがイマイチ響かない人もいた。

ネット上ではこんな書き込みがある。

・ローマ法王様
日本人が消費しなくなったんで困ってるんです。
・それは30年前の話ですぞ
・あのぅー…
バブル崩壊して消費社会じゃなくなっちゃったんですが…
おかげで物が売れなくて経済が低迷してるんですが…
日本の若者は消費しなさすぎて困ってるんですが…
・ゆとりとか休暇を優先したら階段転げ落ちたんですが・・・
・日本は競争も消費もしなくなったんで困ってるんだぞ。
・国を間違えていませんか?

 

 

フランスのAFP通信が同じことを記事で伝えている。
その見出しを読売新聞と比べるとおもしろい。

「日本を尊敬…ローマ法王、映像回線で若者と対話」

これが読売新聞の記事の見出しで、AFPはこんな感じ。

ローマ法王、日本の「過度の競争」を戒め 学生とテレビ会議

 

ローマ法王は日本について、「尊敬している」と言うと同時に、過度な競争や消費を戒(いまし)めてもいる。
見出しにどんな言葉を持ってくるかで、記事の印象がかなり変わってくる。

 

 

「ローマ法王の言葉」といえば、セウォル号沈没事故が起きた後、韓国人に対して言った有名な言葉がある。

*セウォル号沈没事故とは2014年に韓国で起きた海難事故で、修学旅行中の高校生をふくめ300人以上の犠牲者を出した。

韓国では、2013年まで10代の死因1位は自殺であったが、この事故により高校生が多数亡くなったため、2014年の10代の死因1位は運輸事故となってしまった。

「ウィキペディア」

ヤフーで「ローマ法王 韓国」で検索すると、こんな画面が出てくる。

 

 

「人は生まれ変われ」「霊的」「批判」「激怒」は、同じ言葉をさしていると思う。

その言葉が中央日報の記事(2014年04月26日)にのっている。

法王は「韓国民すべてに深い哀悼を表す。若者に会いに行く訪韓を控え、多くの若い生命の犠牲を非常に残念に思う」と述べた。また「韓国民がこの事件をきっかけに倫理的・霊的に生まれ変わることを望む」と強調した。

ローマ法王「韓国民、倫理的に生まれ変わることを望む」

「ローマ法王が韓国人に、『生まれ変わることを望む』と発言した」ということが日本で反響を呼んで、今でも時どきネットでこの言葉が書き込まれる。

でも、この言葉の真意は分かっていない。
ローマ法王が韓国人を批判したのかもしれないし、「もうこんな事故を起こさないでほしい」と願っただけなのかもしれない。

日本では、韓国人をやゆするときにこの言葉が使われることがあるけれど、たぶん、ローマ法王の考えはまったくちがう。

個人的に、「生まれ変わることを望む」とまで言わないけれど、「反日はなくしてほしい」とは望んでいる。

 

 

こちらもどうですか?

宗教 「目次」 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。