アメリカ人と京都旅行④ ~「日本人は、神や仏を選んでない?」~


 

 「京都に行ったら、お寺や神社で自分が欲しいお守りを買う」ということは、日本人にとってはあまりに当たり前のこと
でも、こんな日本では当たり前のことでも、キリスト教徒(プロテスタント)である彼女には、不思議に見えるらしい。

 その理由を聞いていると、日本人とキリスト教徒とでは、宗教に対する考え方がまるで違うということが分かってきた。
まあ、当たり前といえば、当たり前のことだけど。
このことが、アメリカ人と行ったこの京都旅行でえられた一番大きな「収穫」だったので、今回からは、それをテーマにして記事を書いていきたい。
キリスト教徒のアメリカ人の目から見ると、日本人が宗教に対してどれだけ独特な考え方をしているかも、分かると思う。

 

 「中学校の生徒に、高校合格のお守りを買ってあげたいけど、どこで買えばいい?神社かお寺なら、どっちがいいの?」
 と、彼女に聞かれた。
 「どっちでもいいよ。自分が買いたいところで買えばいい」
  と、適当に答える。

  と、ここで、ちょっと注意。
お守りに「買う」という言葉を使うと、本当は、良くない。
お守りは金銭での売買はできず、本来は、布施をすることで寺社から「授かる」ものだという。
ちなみに、タイでも聖なる仏像は、お金で売買できるものではないため、「買う」とは言わずに、「借りる」と言うらしい。

 

 「買いたいところなんて分からない。日本の中学生だったら、どこがいいの?」
 「『学問の神』としては、北野天満宮が有名かな。そこの神様は、とても有名で、たくさんの受験生が合格祈願に行くよ。でも、今回はそこには行かないけどね」
「じゃあ、言うなよ」という顔をする。

 その中学生に、どこで買って欲しいか聞いたところ、「どこでもいいです。八橋の味のキットカットでもいいです。食べたことないから」と言われて、困ったという。
 まあ、キリスト教徒の彼女には、「どこのお守りがいいか?」なんてことを選ぶ基準がないだろうな。

 

 でも、ボクもそんな基準は知らない。
「お寺と神社なら、どちらが良いか?」「お寺にしてもな、どの宗派のお寺がいいか?」なんてさっぱり分からない。
 「知名度」からいえば、金・銀・清水寺か?
でも、その中学生は、すでに修学旅行で京都に来ている。
その辺のお守りは、もう持っているかもしれない。

 京都で「ご利益NO1のお守り」なんかが「るるぶ」にでも載っていたらいいんだけどさ。面倒くさいな。いいじゃん、キットカットで。「きっと勝つ」にもつながるし。

 

  普段は、意識しないけど、改めで聞かれると、お守りを選ぶ「基準」というのは、やっぱり分からない。
寺や神社ごとに「合格率」を発表してくれたら分かるけど、そんなことできるはずがない。

極端な話、どの寺でも神社でも、お守りはお守りなんだから、その中学生が好きそなうなデザインで選べばいい。
そもそも
、お寺や神社の方も、参拝者がお守りを買うときに、その人の信仰心なんて問題にしていないでしょ。
金閣寺に、「『金閣寺限定』キティちゃんお守り」が売ってるし。

「~寺限定」というのは、他の寺でもよくある。
他の寺社との差別化をねらったものだろうけど、どうもお金のにおいがしてくるなあ。
こうなってくると、信仰で結ばれたお寺と信者の関係じゃなくて、単に「魚心」に対する「水心」のように見えるけどね。

t02200146_0800053213545978954

 今日、これから行くところは、清水寺と三十三間堂で、どちらも本尊が観音菩薩だ、ということを彼女に伝える。  

 「もう、その観音菩薩でいいわ」と言う。
「でも、清水寺の観音菩薩と三十三間堂の観音菩薩はどんな違いはあるの?どっちでお守りを買った方がいい?」

  知るか。
観音菩薩に「上」も「下」もあるか。
そもそも、お守りがあるかないかも大した問題ではない。
その中学生がどれだけラインを我慢して勉強できるか?
その一点だろ。


結局、彼女は三十三間堂でお守りを買うことになった。
うす暗いお堂の中で、びっしりと立ち並ぶ千手
観音菩薩像に強烈な印象を受けたらしい。

 「でも、考えたらちょっと変ね」と、お守りを手にして彼女が言う。

 「日本には、たくさんのお寺や神社があるけど、日本人がお守りを買うときは、自分が行きたいところに行って、欲しいお守りを買うんでしょ?」
そうだけど。
初詣も好きなところに、都合の良い日に行くけど。  

 「それって、人が神や仏を選んでいることにならない?」
はあ?


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す