レーダー照射:朝日・毎日も見放す韓国。原因は反日感情の嫌がらせ?

 

人と同じように、新聞にも個性(論調)がある。
知ってる人には当たり前すぎてアクビが出ると思うけど、産経・読売新聞は日本(安倍政権)にやさしくて韓国に厳しい。
反対に朝日・毎日新聞は日本に厳しくて韓国には甘い。
母のようにやさしく、祖母のように過保護に韓国の立場を守ろうとする。

たとえば慰安婦問題の解決を確認した日韓合意だ。

日本はこの合意で約束したことをすべて実行したけれど、韓国はまだ履行していない。
そんな不誠実な韓国に河野外相はこう訴える。

「国と国との約束だ。政権が代わっても責任を持って実施されなければならないというのが国際的かつ普遍的な原則だ」

合意を結んだのは政権ではなくて韓国という国家なのだから、この主張は当たり前。
安倍首相や菅官房長官も同じ考えで、「慰安婦合意は1ミリも動かない」と何度もくり返した。

産経・読売新聞は日本政府の態度を支持する。
で朝日新聞は社説(2018年1月10日)で政府をこう批判する。

日本側も「1ミリたりとも合意を動かす考えはない」(菅官房長官)と硬直姿勢をとるのは建設的ではない。(中略)韓国側から言われるまでもなく、合意を守るためにその範囲内でできる前向きな選択肢を考えるのは当然だ。

「慰安婦問題 合意の意義を見失うな」

いや、それ当然じゃないから。

 

後になってイヤになっても、国として約束した内容を変えてはいけない。
「韓国はすぐゴールポスト(解決地点)を動かす」と批判する人がいるけど、よく見ると一緒にゴールポストを運んでいる日本人もいる。
日本はすでに合意内容をすべて実行したのだから、それ以外のことを、韓国側から言われる前に進んでおこなう必要はない。それを「日本の当たり前」にしてはいけない。

毎日新聞も同じように韓国には甘い。
約束を守った生徒と守らない生徒を並べて「君たち2人がそれぞれ悪い。双方に責任がある」というようなことを言う。
こういう中立公平な先生がいると、約束を守ることがバカバカしくなる。

朝日と毎日新聞は、韓国が何をしても「でも、日本も悪いんですよ」とアンフェアな意味でバランスをとろうとする。

でも今回のレーダー照射問題についてはいつもと違った。

 

朝日新聞の社説(2018年12月27日)を見てみよう。

日韓防衛摩擦 不毛な悪循環を避けよ

いつもの「不毛を避けて日韓友好のために、日本は韓国に譲歩せよ」という主張かと思ったら違った。
「でも、日本も悪いんですよ」がなくて、全体的に韓国を批判している。

はじめ韓国側はレーダーの照射を認めたけれど、あとになって「レーダーの照射はなかった」と説明を一変させた。
社説はこんな態度を「発生から時間が経つにつれて韓国側が説明を変えたのは不可解であり、混乱を深めた」と叱る。

韓国への非難は続く。
ことし10月、釜山でおこなわれた国際観艦式では、韓国側が海上自衛隊側に旭日旗を降ろすよう求めてきたことで、自衛艦は式への参加を見送った。
この出来事について、「最近の韓国軍には、理解しづらい動きが目立つ」「異例の事態が起きた」と書いている。

さらにレーダー照射問題ではこんな背景を指摘。

一連の韓国軍の動きにもし、民族主義的な感情が影を落としているのなら看過できない。

ようするに韓国の反日感情のことで、これが今回の出来事に影響をあたえた可能性を示唆している。
まず間違いなくそれはあるけれど、朝日新聞がそれを「見逃せない」と強調するのは珍しいと思う。

日韓ともに「世論のナショナリズムを高めるような言動は慎むのが賢明だ」と注文するけれど、「一方、日本の側も~」と日本をたしなめることが最後までなかった。
常識的な意味で中立公平の先生になっている。

 

毎日新聞の社説社説(2018年12月27日)は、もっと直接的に韓国を責めている。

海自機にレーダー照射 韓国に明確な説明求める

この社説で「不可解なのは、韓国側の説明が変遷していることだ」「韓国側の説明は不自然」と朝日新聞と同じように韓国の態度を批判する。
事実よりメンツを重視するから、不可解で不自然になってしまう。

毎日新聞が注目したのは、自衛隊機が種類の違う無線で3回呼びかけたけど、韓国側は応答しなかったという点だ。
これについて、「カメラで撮影を試みるほどの距離なのに電波が微弱で聞こえなかったとの韓国側の主張も理解し難い」と一蹴する。

さらに最近、竹島の近くで韓国軍が軍事訓練をしたことを「日本を挑発するような対応」と批判し、今回の問題が起きた原因をこう指摘した。

もしも韓国艦の乗員が海自への嫌がらせをしたのだとしたら、韓国政府の軍部への統制に不安を覚える。

 

朝日新聞と同じく「もし」がついているけど、実際はそんなところだろう。
自衛隊機に偵察されるのが不快で、韓国軍の人間が自衛隊機に射撃用レーダーを照射するという「嫌がらせ」をした。
もちろんその根底には反日感情がある。

本当に幼稚でバカげているけど、だからこそこれは、軍や国家のメンツにを大きく傷つけてしまう。
外国に「軍部への統制に不安を覚える」ことだから、韓国政府は公式には認められない。
だから根拠がなくても後には引けない。

毎日新聞も最後まで「でも、日本も悪いんですよ」がなかった。
韓国政府に説明と再発防止の取り組みを求めて社説を終えている。

 

けっきょく朝日新聞も毎日新聞も、韓国側の態度を終始批判していた。
「1ミリたりとも合意を動かす考えはない」と言った日本政府を硬直的で建設的ではないと批判し、韓国側から言われるまでもなく日本は前向きなことをやれ、と書いた新聞とは思えないほど厳しい。
韓国の立場を守ろうと、母親にも祖母にも弁護士にもなっていない。

ということは、この問題は韓国にとって相当マズイということだ。
実際、両紙の社説が出てから一週間がたったけど、証拠映像が公開されるなどしてレーダー照射問題はどんどん大きくなっている。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

日本人が触れたタブー②「欅坂46とナチス」事件→全面謝罪へ

海外旅行の注意、マナーとタブーの違いとは:「一線」を越えないように

外国人の「日本人あるある」。またかよ!と思わせる5つの質問

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

慰安婦財団の解散、日本マスコミの反応は?“韓国寄り”編

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。