日本が先進国である3つの理由。インド人の視点から。

 

始の一言

「日本人のすばらしさは、きちんとした躾(しつけ)の心のやさしさにある。アルバート・アインシュタイン」

 

 

前回、「インドの夏は暑いから、道路が溶け出す」と衝撃的なことを言っていたインド人が、「日本に来て、本当の先進国というものが分かった」と話していた。

今回の記事は、それを紹介したい。

 

このとき一緒にいたメンバーは、日本人はボク1人でそれ以外は、シーク教徒のインド人1人とヒンドゥー教徒のインド人が2人の計4人。

高速道路をつかって、富士山を見に行っていた。

1人のインド人は、富士山を見てこんなことを言う。

「今まで、こんな山を見たことがない」

でもシーク教徒の彼は、ヒマラヤを見たことがあると言ってたはず。
富士山は「日本一」だけど、景観としては「世界のヒマラヤ」にはかなわないんじゃないのかな?

ちなみにヒマラヤとは、サンスクリット語で「雪のある所」という意味になる。

ヒマラヤ山脈Himalaya「雪のある所」 サンスクリット語のhima「雪」とalaya「居所」からなる。
(地名の世界地図 文春新書)

これ、前回も書いちゃったことだけどね。

 

で、ヒマラヤを見たシーク教徒の話。
「でも、ヒマラヤは山脈だから。1つの大きな山ではないんだよ。富士山のように、地面から巨大な三角を描いた形の山がないんだ」

 

これは、チェンライ出身のタイ人も言っていた。

「タイで山というと、連なったものなんです。富士山みたいに、一つの三角形の山は見たことがないです」

 

 

でも、このインド人たちが感じた日本とインドの違いは、山の形だけじゃなかった。

高速道路も、インドのものとはかなり違うらしい。

車中で、インドの経済発展について話をきいた。

「今、インドって発展がすごいんですしょ?」

「すごいさ。今、オレが住んでいるグルガーオンは、本当にすごい。15年前は、何もなかったただの農村だったのに、今ではビルが立ち並んでいて、世界的な企業のオフィスがいくつもあるんだよ」

そんなインドの経済発展を象徴するものが、日本の新幹線の導入だ。
インドで日本の新幹線が走るなんて、想像しただけでワクワクする。

 

でも、不思議だったのが新幹線が走る路線。
何でインド初の新幹線が、グジャラート州のアーメダバードとムンバイの間なのか?

インド初の新幹線なんだから、首都のデリーとどこかの大都市を結ぶ路線だと思っていた。

アーメダバードというのは、意外。

インド人はこんなことを言っていた。

「首相の出身地がグジャラート州だからね。首相を支持する地元の声に応えたんだろ。政治家はインド全体のことより、地元を優先するんだよ。これは、インドの大きな問題だ」

なるほど、「インドの田中角栄」か。

 

IMG_2239

彼らと見た富士山

 

「ところで、さっきから高速道路を走っていて、インドのハイウェイとはずい分違うと感じていたんだ」

例えば?

「この高速道路には、非常用の電話がたくさんあるだろ?インドのハイウェイでは、SOSの電話を置いている間隔がすごく離れているんだ。これだけ非常用の電話があったら、日本ではいつ何が起きてもすぐに助けを求められる。でも、インドはそうなっていない」

 

インドのハイウェイを走ったことはあるけど、そんなことにはまったく気がつかなかった。

もちろん、運転はボクじゃなくてインド人のドライバーだったけど。
非常用電話の間隔なんて考えたこともなかった。

「それに、さっき渋滞になったとき、電光表示板があったじゃないか。あれで、『何で渋滞が起きているのか、この渋滞を抜けるにはどのくらいの時間がかかるのか』ということが分かるだろ?インドじゃありえないよ。絶対、ドライバーにそんな情報を知らせてくれない。不親切だよ」

後ろの座席にいたインド人も話に加わる。

「そうそう。もし、インドでそんな電光表示板ができても、すぐに壊れるよ。インド製ってそんなものだから。それに壊れても、誰も直さないんだ。だからいつまでも壊れたまんま。それがインドの問題なんだ」

「確かに!」と、他のインド人も笑う。

「インドは、確かに発展している。イオンみたいなショッピングモールもできている。インドのハイウェイには、BMWやベンツみたいな高級車も走っているよ」

 

 

だろうね。

インドは金持ち大国だから。
ウィキペディアによると、ビリオネア(10億ドル以上の個人資産を持つ富豪)の人数が、インドは84人で世界4位。
日本は27人で、世界15位になっている。

人口の違いはあるけれど、インドには日本より金持ちが多くいることは間違いない。
インドのハイウェイに高級車が走っていても、まったく不思議ではない。

「でも、高級車は金持ちの『スタイタス』を示すだけものなんだ。スポーツカーや高級車が走っている国が先進国というわけじゃない。それは、『その国に一部の金持ちがいる』ということだけなんだ」

これに他のインド人が続ける。

「そうなんだよ。インドは、金持ちと貧しい人の差が激しすぎるんだ。先進国っていうのは、国民のことを第一に考える国のことだよ。高速道路もそう。車を運転する人のことを考えて、質の良い道路をつくる日本のような国が先進国だよ。『走りやすい道路をつくる』『必要な情報をドライバーに知らせる』『何か起きたときのための安全を確保している』、そんなハイウェイがある国が先進国なんだ」

これに、助手席のシーク教徒もうなづく。

「彼の言うことに賛成だよ。ハイウェイに、たくさんの高級車が走っている国は、まだまだ発展途上国だな。日本のハイウェイにみたいに、車じゃなくて道の質が高い国が先進国なんだよ」

そりゃ、どうも。

 

 

前の記事でも書いたけど、夏になると暑さで溶けるような道路にBMWやフェラーリが走っている国は先進国とは言えないかもね。

でもそんなこと、今まで全然気がつかなかった。
これには、考えさせられたな。
こういう話を聞くと、日本はやっぱりすごいんだと思う。

 

 

旅行に出かける予定はありませんか?
旅のプロがあなたに最適のプランを提案させてもらいます。
もちろん無料でっせ。

 

宿探しはブッキングドットコムからどうぞ。
大体ここが最安値なので、ボクがホテルを探すときはまずここをチェックします。

ここから約してくれると本当に助かります。

 

よかったら、こちらもどうぞ。

外国人から見た不思議の国・日本 「目次」

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」

「インド・カテゴリー」の目次 ②

「インド・カテゴリー」の目次 ③

インドってこんな国だ! 「インド・カテゴリー」の目次 ④

タージマハルを知りましょ① 目的とは・世界の評価・インドの歴史

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。