アメリカの人種差別⑦NYは肌の色で警官に射殺される確率が違う


 

最近のニュース

「日本で有名な中国人はだれか?」

いろんな年代の人に聞いた結果なら、毛沢東のような気がする。

毛沢東の名前を知らない若い人でも、下の写真を見たことはあると思う。

 

ウィキペディア

 

では、中国で有名な日本人はだれか?

これも難しい質問だ。

その答えが、Record chinaの記事(2016年12月7日)に書いてある。

「日本人」といえば誰!?中国の若者にインタビューしてみたら…

動画では、街行く若者に「日本人と聞いて最初に思い浮かぶ人は?」と尋ねている。

最初に登場する女性は「蒼井そら」と回答。理由を聞かれると「有名だから」といい、「山下智久」も挙げ、「カッコいいから」と答えた。

続く男性は「山本五十六」を挙げ、「戦争が好きな人物だから」と答えた。次に登場する男性は、少し悩んだ後に「木村拓哉」と答え、「友人の中に好きな人がいるから。でも、僕は(木村拓哉について)あまりよく知らない」と明かした。

 

いろいろな日本人の名前があがったけれど、一番有名なのはあの人だった。

そのほか、「安倍晋三」の名前も挙がったが、やはり最も多かったのは「蒼井そら」だった。

 

これだから中国人は、「上半身は反日で、下半身は親日」って言われるんだよ。

 

関羽も有名。
横浜には関帝廟がある。

 

こんな巨大な関羽は初めて見た(台湾)。
見たのはボクではなくて「あにゃさん」という旅行者で、そのブログから借りた写真。ありがとうございました。

爆竹のオンパレード!?

↑とてもすなお~なブログです。
ボクには、とても書けない文章ですわ。

 

 

では、前回の続き。

友人の黒人のアメリカ人は、「人種はない」という考え方をとても嫌っている。

彼女はアメリカで、こんなことを言う人に会ったことがあると言っていた。

「人種なんていうものは、本当はないんだ。人種とは、人間がつくり出した概念にすぎない。人間に違いなんてない」

 

人種差別があることを認めようとしない白人が、こういう言い方をすることがあるらしい。
現実のアメリカには、たくさんの人種の人たちがいて人種差別問題も起きている。
それにもかかわらず、そうした問題を否定する人を彼女は嫌う。

実際に存在しているにもかかわらず、考え方を変えて自分の頭のなかでないものにしたり、今アメリカで起きている人種差別問題から目を背けようとしたりする態度に腹が立つという。

 

実際、今のアメリカに人種差別問題があることは否定できない。

2016年だけでも、アメリカでは人種差別にかんする問題や事件がたくさん起きている。

たとえば、5月17日にはアメリカの裁判所で、「人種分離の撤廃」を命じる判決がでた。

米国の学校で人種による分離が撤廃されてから半世紀以上が経った今も、黒人と白人の学校が事実上分離されているとして、米連邦裁判所は南部ミシシッピ(Mississippi)州クリーブランド(Cleveland)市に対して人種分離の撤廃を命じた。

16日の米司法省発表によると、米国における人種分離教育に終わりを告げた1954年の「ブラウン対教育委員会裁判(Brown v. Board of Education)」の最高裁判決(ブラウン判決)が出てから約60年にわたって、人口1万2000人の同市の中学・高校では黒人と白人がおおむね分かれて学んできた。

米連邦裁判所、学校での人種分離撤廃命じる 米ミシシッピ州

 

このニュースを読んで、1954年から今までずっと、黒人と白人が分離されていたということを知って驚いた。

言うまでもないことだけど、この裁判所の判決はアメリカに人種や人種差別があることを前提としている。

 

「人種なんなものは存在しない」なんていうのは、あまりに現実離れしている。
ほとんど机上の空論。

きじょう‐の‐くうろん【机上の空論】

頭の中だけで考え出した、実際には役に立たない理論や考え。

デジタル大辞泉の解説

 

人種差別問題とは関係なく、人種という考え方を深く知っていくということに、どれだけの意味や重要性があるのかよくわからない。

 

難関大学の試験に受かった日本の大学生で、アメリカ人でも難しいと感じるような英文を読むことができるけど、幼稚園レベルの英会話ができない人がいた。

そんなアンバランスさを感じる。

 

nycは、「ニューヨーク・シティ」のこと

 

先ほどの黒人の友人は、ニューヨークに住んでいる。

前に、彼女からこんなことを聞いて驚いたことがある。

「ニューヨークでは、肌の色によって警察官に射殺される確率が違うの」

白人・ヒスパニック・黒人という皮膚の色の違いで、その確率は間違いなく違うという。

 

だから、黒人の自分には警察官がとても怖いという。
前から警察官が歩いてきたら、すぐに横道に入ってしまう。
射殺されるかもしれないから。

 

「本当にニューヨークで、警察官がそんなに簡単に黒人を射殺することがあるんだろうか?」

にわかには信じられない話で、半信半疑でこの話を聞いていた。

 

 

でも、今年の7月6日にアメリカのミネソタ州で、黒人男性が警察官に射殺された事件を知ってこの考えが変わった。

この黒人男性が車を走らせていたとき、白人の警察官が呼び止めてその黒人を射殺してしまった。
このときは彼の恋人が動画を撮っていて、それ全米に衝撃を与えて大問題になっている。

また警官が黒人を射殺。恋人が一部始終をFacebookライブで撮影 米セントポール

動画には傷口から血を流す男性が映っている。これは恋人が助手席から撮影したものだ。「警官はテールランプが壊れていたからって彼を3回撃った」と、撮影している女性の声が聞こえる。

これを見た多くの人は、アメリカでは警察が武器を持っていない黒人男性を日常的に殺害していることにショックを受けている。

 

このリンク先には、黒人が白人の警察官に射殺される動画がある。
閲覧注意のものだから、見るのなら自己責任でどうぞ。

 

画像は、上の記事から

 

この事件だけではなくて、アメリカでは黒人が白人の警察官から射殺されることがよく起きている。

こうした事実から考えたら、ニューヨークに住んでいる友人が警察官を怖がる気持ちや理由がわかってくる。

 

アメリカだけではないくて、世界には「人種」は存在しているし「人種差別」もある。

「人間を肌の色によって分ける人種という考え方はいけない」
「人種なんてものは、本当はないんだ」

 

そんな考えから、人種の話題をタブーにしてはいけない。
人種差別問題が起きているのに、「人種は存在しない」は通用しない。

人種について知識がなかったら、実際に起きている人種差別問題がわかるはずがない。

 

世界を白黒にすることで、皮膚の色を同じに見せることはできる。
でも、現実の世界にある人種が消えることはない。
同じ色に見せたところで、現実が変わるわけでははない。

 

 

現実の世界にいろいろな人種はあるし、人は違っていて当たり前。

 

残念ながら、このブログはビックリするほど人気がありません。

1日に1万ビューを記録したことがあったけど、その日に下のボタンを押してくれた人は2人だけ。

これには、わりと真剣に落ち込んだ。

わかっています。努力不足なのは、わかっています。

でも良かったら、下のボタンをポチッとお願いしますね。

 

 


こちらの記事もいかがですか?

人種と民族の違い。黒人の日本人(民族)がいて「ふつう」の時代

「旅」カテゴリー目次  ① 「旅」とは何か?

「旅」カテゴリー目次 ②

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」 

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

「Why did you come to Japan(You は何しに日本へ?)」は失礼な質問?

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。

 


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す