オランダの特徴「寛容の精神」①その歴史と理由:大麻と売春じゃない!

 

オランダの特徴といえば?

自分のやりたいことができる自由がある国。
そして、それを認める寛容さがある。

ということで、「自由と寛容」でいいと思う。

その例として、「オランダでは、同姓婚・安楽死・売春・大麻が合法である」ということがよくあげられる。

そんなことを前回書いた。

 

でも、オランダ人にとってはどうだろう?
売春と大麻の合法化がオランダの自由や寛容の象徴のように言われたら、どう感じるか?

ふつうのオランダ人はわからないけど、オランダ政府の観光局はこの2つを完全に無視している。

やっぱり、オランダにとって名誉なことじゃないみたい。

 

 

ところで、なんでオランダという国には自由や寛容という特徴があるのか?

オランダの歴史を知って、その理由をさぐっていきましょう。

その前に、ここで改めて「寛容」という言葉の意味を確認しておきましょうか。

寛容

元来は,異端や異教を許すという宗教上の態度についていわれたのであるが,やがて少数意見や反対意見の表明を許すか,否かという言論の自由の問題に転化し,ついには民主主義の基本原理の一つとなった。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

 

この説明にあるように、寛容とはもともと「異端や異教を許すという宗教上の態度についていわれた」言葉だった。

もちろん現在では、宗教に限らずもっと広い意味で寛容という言葉は使われている。
けれど、この言葉の根本的な意味は「宗教の違いを認めますよ」ということだった。

オランダの寛容の原点もこのこと。
オランダは、「ここではどんな宗教を信じてもいいですよ~」と信仰の自由を認めていた。

 

 

そもそも、オランダという国はなんで誕生したのか?

人びとがオランダという国を建てた理由はなにか?

これは、前に書いたスペインとの独立戦争に大きくかかわっている。

当時、スペインはキリスト教のカトリックを信仰していた。
でも、オランダにはキリスト教のプロテスタントが多かった。

スペインとオランダでは、人びとが信じるキリスト教の宗派が違っていた。

 

でもオランダは、当時スペインの一部だった。
そこでオランダにも、「カトリックを信仰しなさい!」という命令を出す。

でも、オランダに住んでいた人たちは、自分たちの信仰(プロテスタント)を絶対にやめたくなかった。
そこで、オランダのプロテスタントたちは立ち上がる。

カトリックを強制するスペインと戦うことを決意し、独立戦争を始める。
そして、オランダはこの戦争に勝ってスペインから独立することができた。

 

オランダが建てられたもっとも大きな理由は、自分たちの信仰を守ることにある。
カトリックへの改宗を命じられることがなく、「自分が信じたい宗教を信仰できる場所がほしい」という人びとの願いから、オランダという国がつくられた。

この信仰の自由が、今に続くオランダの寛容の原点になる。
と同時に、オランダに寛容の精神が生まれた理由にもなる。

 

オランダの国旗

三色旗(トリコロール)といえば、フランスの国旗が有名だけど、オランダの国旗が世界最初の三色旗(トリコロール)といわれている。

 

オランダがスペインと独立をかけて戦っていたとき、当時のオランダはオレンジ色のある旗を使っていた。

スペイン王フェリペ2世に対してオラニエ公ウィレム1世が蜂起した際に使用したオレンジ・白・青の三色旗が「プリンスの旗 (Prinsenvlag)」と呼ばれた。この旗が八十年戦争でも使用された。

(ウィキペディア)

 

独立戦争でのオレンジが、今のオランダのナショナルカラーとなった。
ということで、サッカーのオランダ代表もオレンジをチームカラーとしている。

 

 

「違う宗派・宗教でも、ここではその信仰は認められますよ」という信仰の自由が、オランダ建国の精神となった。

オランダの寛容とは、建国精神そのもの。
決して「大麻と売春」がオランダの自由と寛容の象徴ではない。

 

こうしたオランダの寛容によって、ユダヤ教の信仰もオランダでは保証された。

「オランダなら、安心してユダヤ教を信仰することができる」ということで、当時たくさんのユダヤ人がオランダを目指した。

特にこのとき、イベリア半島(スペイン)から多くのユダヤ教徒がオランダに移住している。

そのことは、オランダ大使館のホームページにも書いてある。

過去数十年間に、オランダは、出身地の異なる多くの人々が共に生活する多文化社会へと発展しました。

オランダ人は異なる信念や信条を持つ人々に寛容なことで知られています。

17世紀に主に宗教上の信条で迫害され、母国を逃れた人々を保護して以来、オランダには寛容の精神が培われてきました。

オランダの社会

 

自分の信仰を守るためにオランダは建国された。
そして他人の信仰も守ることによって、オランダの寛容の精神が育っていった。

 

 

おまけ

先ほど、サッカーオランダ代表のチームカラーがオレンジである理由を書いた。

では、なんで日本代表「サムライブルー」のチームカラーは青なのか?

知ってました?
JFL(日本サッカー協会)のホームページには、こんな説明がある。

日本代表チームのユニフォームはなぜ青なの?

「日本の国土を象徴する海と空の青」と一般的に考えられていますが、実際は後になってつけられた理由で、なぜ青なのかということは文献が残っておらず不明です。

 

なんだ、JFLでもわかんないのか。
ということは、日本のチームカラーが青である理由は、日本の誰もわからないってことになる。

でも、戦前のユニフォームに青の由来があるらしい。

日本のユニフォームは、戦前に水色を採用しており、戦後もそれが引き継がれていました。

1964年の東京オリンピックでは上下とも白となり、メキシコオリンピックでは白のユニフォーム+紺色のパンツが使用されました。これ以降は白と紺色が基調となっています。

1988年以降に赤と白のユニフォームが採用された時期がありましたが、1992年には再び白と青のユニフォームに戻りました。それ以降は青と白を採用しており、現在のSAMURAI BLUEに象徴されるように青を使用しています。

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタを押してください。



 

良かったら、こんな記事もどうぞ。

なんでイギリス人はみかんを「サツマ」と呼ぶの?②薩摩藩と英の「薩英戦争」

英仏で尊敬される人物。チャーチルとドゴールが英雄である理由とは

イギリス人から見た「日本と韓国の関係」、keep it to yourself!

仲の悪い隣国・イギリスとフランスは、これぐらい悪い

仲の悪い隣国は?日本と韓国・イギリスとフランス・印パ

「らいおんハート」の意味とは?イギリスの王様と英仏の関係

「ヨーロッパ」カテゴリー 目次 ②

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。