ベジタリアンとヴィーガンの違いとは・日本での割合は?

 

イギリス人のカップルが新婚旅行で日本にやってきた。

そのカップルと話をしていたとき、ボクのこんな言葉を聞いて、彼らは「え?」と驚いていた。

「日本人のボクの友人には、ヴェジタリアンやヴィーガンは一人もいません。そもそも、ヴィーガンという言葉を知らない人もたくさんいます」

「本当に?」と彼らは目を丸くする。
ホントですよ。それがなにか?

 

肉を食べないベジタリアン(菜食主義者)という言葉は日本でも知られている。
でも、ヴィーガンという言葉を知っている人はあんまりいないだろう。

もちろん、「知っているからエライ!」ということはない。
日本ではヴィーガンという言葉を知る必要性がない、というだけのこと。
ヴィーガンという言葉を知らなくても、日本での生活で困ることがない。
生活に必要なことなら、自然に覚える。

 

 

でも、海外では珍しくない。

ボクの知人にも、イギリス人やインド人のベジタリアンやヴィーガンがいる。

日本にもそうした人たちはいる。
これから先、日本でもベジタリアンやヴィーガンの人たちは増えていくだろう。
だから、知らないよりは知っておいたほうがいい。

そういうわけで、これからベジタリアンとヴィーガンについて書いていく。
ちなみに、ボクはそのどちらでもない。
肉は大好き。

 

ボクが初めてヴィーガンという言葉を聞いたのは、ヒンドゥー教徒のインド人からだったと思う。

ヒンドゥー教ってのはこんな宗教でしたね。

ヒンドゥー教

バラモン教に、先住民の土着信仰が吸収・融合されて成立した宗教。特定の経典を持たない。多神教であるが、三大神のうちのシヴァ神とヴィシュヌ神が中心となっている。冠婚葬祭など日常生活に関わっている。

「世界史用語集 (山川出版)」

ちなみに、ヒンドゥー教と日本の神道には共通点がたくさんある。
どちらも多神教の民族宗教で、特定の経典も持っていない。

 

インドのお牛様

 

ヒンドゥー教徒は牛を神と考えている。
だから、牛肉は食べない。

でもボクが会ったこのヒンドゥー教徒は牛肉だけではなくて、鶏肉も豚肉も食べられなかった。
卵もチーズもダメ。
彼は肉も乳製品も食べることができない。

「ボクはヴィーガンなんだ」と言う。

ヴィーガンという言葉をこのとき初めて知った。

 

「ヴィーガンやベジタリアンでも食べられますよ」ということをあらわすマーク。

 

知人に、日本で住んでいるヴィーガンのイギリス人がいる。

そのイギリス人がスーパーで買い物をするときに困っていた。

「いろいろな食べ物がならんでいるけど、ヴィーガンの自分が食べても大丈夫な物が分からない」という。

肉や乳製品が入っていないように見える物でも、じつはそれが含まれていることがある。
食べ物の説明を読もうにも、日本語が分からない。

そういう人には、上のようなマークがあると助かる。

 

これは「イスラーム教徒が食べても大丈夫ですよ」といことをあらわすマーク。
浜松市のスーパーにあったもの。

 

ヴィーガンは菜食主義者より厳しい。
「完全菜食主義」なんて呼ばれている。

肉を食べないのはもちろん、牛乳やチーズもダメ。
ヴィーガンとベジタリアンの違いには、「ヴィーガンは酪農製品も食べない」ということがある。

「ヴィーガン」という言葉は、「酪農製品を食べない菜食主義者」を表すために、1944年にイギリスにおいてヴィーガン協会の共同設立者であるドナルド・ワトソン(英語版)によって作られた言葉である

「ウィキペディア」

酪農製品を食べないのは、ヴィーガンの人たちが動物をとても大切に考えているから。
ヴィーガンは「動物を守りたい」という気持ちがとても強くて、動物を使った製品も使わない。

欧米で、裸になって毛皮製品に抗議する人たちが時どきニュースになる。
あの人たちがヴィーガンだ。
ふつうのベジタリアンなら、毛皮に抗議することはないだろう。

 

この記事のはじめに出てきたイギリス人のカップルで、奥さんのほうが日本のペットショップの犬を見て「あれはかわいそう」と言っていた。

イギリスのペットショップでは、犬を売っていないらしい。
だからその人は、犬がオリに入れられているのをその時初めて見たという。

イギリスで犬を買うときは、ブリーダーから購入することが多い。
イギリスのペットショップで犬をオリに入れて売っていたら、ヴィーガンの人たちはきっと黙っていない。

 

 

先ほどのインド人も知人のイギリス人もヴィーガンだけど、そうなった理由は違う。

インド人の場合はヒンドゥー教の教えでそうなっている。
イギリス人の場合は個人的な考えからそうしている。
ヴィーガンといっても宗教的な理由からそうなった人もいれば、自分の主義としてそれを選んだ人もいる。

そのイギリス人はキリスト教徒だったけど、今は特定の信仰をもっていない。

ウィキペディアによると、インドでは40%(約5.2億人)がベジタリアンだという。
これは世界でもっとも多い。
インドは世界最大のベジタリアン大国だった。

 

日本でのヴィーガン率は2.7%。
ヴィーガンを抜いたベジタリアンの率だと2%。
ヴィーガンをふくめたベジタリアンの率は4.7%になる。

ボクが驚いたのは、日本の10代でヴィーガンが多いこと。

日本人全体では2.7%だけど、10代で見ると9%もいる。
今の日本の10代では、10人に1人がヴィーガンらしい。
これはかなり意外だった。

この数字はNPO法人アニマルライツセンターが公表したデータから。

日本のベジタリアン、ヴィーガン率!

 

コーラならヴィーガンもベジタリアンも飲むことができる。
でも「うなぎコーラ」はダメ。

 

今回この記事を書くにあたって、ベジタリアンやヴィーガンについて書いてあるサイトをいくつか見てみた。

それで思ったことだけど、もしこうしたサイトの内容を信じるなら、それが正しい情報かどうかをしっかり確認したほうがいい。

たとえば、あるサイトでは日本のヴィーガンやベジタリアンの率をこう書いていた。

「日本のヴィーガン率は2.7%で、ベジタリアンは4.7%」

これだと誤解を招きやすい。
4.7%はヴィーガンの人たちを含めた数字だから、ヴィーガンを抜いたベジタリアンだけなら2%だ。
上のような書き方だと、「日本のヴィーガンとベジタリアンを合わせたら7.4%になる」とかん違いしてしまうかもしれない。

 

ベジタリアンのサイトを見ると、ベジタリアンの人たちが書いているものがよくある。
「日本にもっとベジタリアンを広げたい!」と考えているせいか、ベジタリアンに都合の良い書き方をしているようなものもある。
これにはちょっと気をつけたほうがいいと思う。

あるサイトによると、今の日本ではベジタリアンについてこんなイメージが広がっているらしい。

ベジタリアンのイメージが「cool(かっこいい)」に変わってきているといいます。

「ベジタリアンはcoolだ!」
そんなことを、インド人やイギリス人のベジタリアンから聞いたことがない。

 

カツカレーはヴィーガンもベジタリアンも食べられない。

 

 

野菜スティックならベジタリアンもヴィーガンも食べられる。

 

 

ベジタリアンなら「卵はOK」という人がいる。
ヴィーガンなら卵もダメ。

 

こちらの記事もいかがですか?

国連もおすすめ!人類を救う昆虫食。外国人はもう食べている。

「飢え」が変えた食文化。日本と世界(ドイツ・カンボジア)の例

ここまで進んだ日本の昆虫食!ゴキブリカレーにセミの揚げ

ジャガイモの歴史:ヨーロッパ・宗教の禁止・ポテトの由来

宗教 「目次」

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。