体操とオリンピックの歴史。始まりは古代ギリシアの「全裸スポーツ大会」

 

今回の内容

 

・日本に象徴「ラジオ体操」には、日本の要素がない
・「体操」の始まり
・オリンピックという全裸のスポーツ大会

 

・日本に象徴「ラジオ体操」には、日本の要素がない

前回、今の日本で広くおこなわれているラジオ体操について書いた。
アメリカの保険会社がラジオ体操をしていて、アメリカでそれを知った日本人が「これはいい!日本でもやってみよう!」と思ったことがきっかけで、現在のラジオ体操が始まっている。

 

ラジオ体操は、もともとは外国で生まれ。

だけど、日本で独自の変化をとげて、今では外国人から「日本の象徴」と言われるまで日本化している。

これは、なんか不思議な気がする。

 

そもそも「ラジオ」も「体操」も外国で誕生したもので、「ラジオ体操」はアメリカ人が始めたものだ。
日本人はかかわっていない。

その始まりにおいて日本の要素はまったくないにもかかわらず、現在の世界では、「ラジオ体操は、日本の文化だ」と見られている。

なんか変な感じだ。

 

img_2727

富士急ハイランドにある日本最大級の招き猫
「招き猫って中国のものでしょ?」と思っている外国人多くて驚いてしまう。
これは日本生まれなのに・・・。

 

 

・「体操」の始まり

ラジオ体操の記事を書いているときに、体操のことを調べてみた。
「体操は日本生まれではなくて、ヨーロッパで誕生したものだろうなあ」とは予想していた。

体操を英語にすると、「gymnastics(ジムナスティックス)」になる。

この言葉の始まりを調べてみたら、起源はなんと紀元前の古代ギリシアにまでさかのぼる。

英語のジムナスティックスgymnasticsの語源はギリシア語のギュムナスティケgymnastikēにさかのぼる。

古代ギリシア人が裸体で競技をする習慣のあったところから,〈裸体の〉を意味するギュムノスgymnosから派生したことばで,前5世紀ころから使われている。

したがって,古代ギリシア人にとって体操とは〈裸体で競技をすること〉を意味したのであるが,さらに積極的に〈睡眠,栄養,マッサージなどと関連して運動効果を科学的に検討し,運動を体系づける分野〉を意味するようになった。

(世界大百科事典 第2版の解説)

体操は、英語で「gymnastics(ジムナスティックス)」といい、小学校や中学校にある体育館は、英語で「ジム(gym)」という。
日本中にある「スポーツ・ジム」の「ジム」も同じ。

 

それはいいとして、上の説明にあるこの部分に注目してほしい。

 

「英語のジムナスティックスgymnasticsの語源はギリシア語のギュムナスティケgymnastikēにさかのぼる」

 

P1010161

インドの小学生

日本の小学生が使っているランドセルは、中国や韓国では「日本のもの」と見られている。
でも、ランドセルはオランダ語でもとは外国のものだった。

ランドセル

小学校児童の通学用背負いかばん。
〈ランドセル〉はオランダ語ransel(背のう)の転化した語で,幕末の洋式軍制導入の際,背のうの呼称として用いられた。

1885年5月学習院が生徒の馬車や人力車の利用を禁じて徒歩通学を命じた際に,学用品や弁当を持ち運ぶために着用させたのが,学校におけるランドセル使用の最初である。

(世界大百科事典 第2版の解説)

 

・オリンピックという全裸のスポーツ大会

英語の「gymnastics(ジムナスティックス)」の起源は、「ギリシア語のギュムナスティケgymnastikē」だった。

つまり、「裸体で競技をすること」という意味。

 

これを読むと、「体操って、何も身につけないで素っ裸でするのものだったの?」と不思議に感じるかもしれない。
けれど、現在のオリンピックの起源となった古代ギリシアの競技大会は裸でおこなわれていた。

まずは、オリンピックという言葉について。

オリンピックの語源・由来

その前身となるのが、古代ギリシャ時代にオリンピア(全知全能の最高神ゼウスの神殿があった場所)で、4年に一度開催されていたスポーツの祭典である。
「olympic」の語構成は「Olympia(オリンピア)」+「ic(○○の)」や「○○的な」の意味)」。

(語源・由来辞典)

ということだから、「オリンピック」という言葉を日本語訳したら、「オリンピアのような」ということになるんだろう。

 

このスポーツ大会は、真っ裸でおこなわれていた。

また、古代オリンピックでは、不正を防ぐために全裸で競技が行われたという。

かつて五輪は全裸で行われていた? 今すぐ使えるオリンピックトリビア傑作集

「安心してください!はいてますよ」というレベルではなくて、全裸。
全裸スポーツ大会がオリンピックだった。
もちろん、現在では再現不可能。

英語の「gymnastics(ジムナスティックス)」は、これにつながっていのだ!

 

 

おまけ

「ランドセルの始まりは、伊藤博文だった」
そんな説がある。

ランドセル

オランダ語の ransel (背嚢) が転訛した言葉。
小学生が学用品を入れ,通学用に背負うかばんのこと。明治の中期,大正天皇の学習院入学にあたって,伊藤博文が献上したものに始るといわれる。

(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説)

 

今回の復習

・体操を英語でいうと?
・体育館の英語は?
・ランドセルは、何語?
・ランドセルの始まりは誰と言われている?

 

答え

・「gymnastics(ジムナスティックス)」
・「gym(ジム)」
・オランダ語
・伊藤博文

 

 

こちらの記事もいかがですか?

アメリカ生まれの日本文化「ラジオ体操」、海外の反応とその歴史

日本の文化「運動会」 外国のものを独自に変える日本人の発想

アメリカ人が見た日本の運動会「何これ軍隊?」「日本人の強さを知ったわ」

日本とアメリカの学校生活の違い、運動会・卒業式・入学式

イギリス人が嫌いな日本人「馴れ馴れしい」を「フレンドリー」と勘違い

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

「ヨーロッパ」カテゴリー 目次 ②

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。