11月11日は何の日?ポッキーの日・独身の日・第一次世界大戦停戦記念日

 

「あれ?ヤフーのトップページが赤いぞ」

何かあったのかと思ったら、「11月11日」には、「いい(11)買い物の日」というキャンペーンをしているらしい。

日本人は、こうしたキャンペーンが好きだ。

 

と思ったら、それは中国人も同じだった。
11月11日は、中国では「独身の日」になる。

「1(シングル・独身)」という数字が並ぶから、「独身の日」になるらしい。

「南か、自虐的なキャンペーンだなあ」と思ったけど、この経済効果はすさまじい。

 

「NHK NEWS WEB」に、その破壊力を伝える記事がある。

中国では、11月11日は、ひとりの1が並ぶことから「独身の日」と呼ばれ、ネット通販各社が「自分へのプレゼントを買ってほしい」と大規模なセールを行う日として定着しています。
中国のネット通販最大手のアリババは、広東省の深※センで通販サイトの取引状況をリアルタイムに公表するイベントを行い、取引額は開始からわずか7分弱で100億人民元、日本円で1500億円を超えました。

「中国 『独身の日』でネット通販各社が大規模セール」

 

7分で1500億円の物が売れた・・・。
「飛ぶように売れた」というレベルではない。

怖ろしいほどの爆買いだ。

 

日本での爆買いは、下火になってきいるとは聞いたけど、相変わらずのお金や購買意欲を持っている。

ずっと前から、「中国は、もうすぐ崩壊する」と日本の雑誌やテレビで言っているけど、それはいつの日だろう?

今では、そうした報道は「つぶれる詐欺」だと思っている。

 

IMGP1153

関羽は、商売の神様として全中国で人気がある。

関帝が中国で人気があるは、関羽が中国人すべてにとっての英雄であるからだという。
中国の一省だけでの英雄であったら、「その地域の神」にすぎなかっただろう。

 

 

ヤフーのキャンペーンは知らなかったけど、11月11日は「ポッキーの日」だということは知っていた。

 

ポッキーの日というなら、食べるしかない。

で、早速、買ってみた。
ポッキーの「大人のミルク味」というのは、初めてだ。

 

img_85461

 

ちょうどこの日、イギリス人の友人と会ったので、「日本の伝統行事だから」と彼女にもおすそ分けをした。

ところで、「Pocky」ってどういう意味だろう?

と思って彼女に聞いたら、「知らない。そんな英語はないから」と言う。

 

調べてみると、ポッキーとは英語ではなくて、「食べた時の音」のことだった。

 

ポッキーの商品名は日本人に「ポキン、ポキン」と聞こえる、食べた時に聞こえる擬音語をヒントにつけられました。

グリコのHP

 

でも、イギリスにもポッキーに似たお菓子はあるらしい。

ただ、イギリス(ヨーロッパ)のチョコレートは、日本のチョコレートととは味が違っているという。
チョコレートケーキもそうだけど、日本のチョコは、ちょっとあっさりしているらしい。

 

 

 

では、イギリスでも、11月11日にそのポッキーに似たお菓子を食べるキャンペーンがあるのか聞いたら、それはないという。

「そんな日はない。その日は、第一次世界大戦停戦記念日で祝日だから」と言う。

 

第一次世界大戦におけるドイツと連合国の休戦協定(きゅうせんきょうてい)は、1918年11月11日に締結された。フランスのコンピエーニュの森に置かれた列車の車両で署名され、第一次世界大戦の西部戦線での戦闘に終止符を打った。

空前の犠牲者を出した第一次世界大戦の戦闘行為は11月11日に実質的に終了し、この日は戦没者追悼の日(Remembrance Day, Poppy Day, Armistice Day, Veterans Day)としてイギリス連邦諸国では休日となっているほか、第一次世界大戦に参戦した他の諸国でも、戦没者を追悼し退役軍人を記念する日となっている

(ウィキペディア)

 

11月11日に、こんな大切なことがあったなんて知らなかった。

 

世界的には、「独身の日」・「いい買い物の日」・「ポッキーの日」よりも、「第一次世界大戦停戦記念日」の方がはるかに重要だ。

 

pocky16a_1920_1200

 

グリコでは、「ポッキーの日」が日本ではだいぶ定着したとみたらしく、最近では海外にもこの日を広めようとしている。

 

11月11日は「独身の日」? 中国にならって日本企業もネット商戦展開、グリコは「ポッキーデー」を海外へ

17年前からこの日をスティック型菓子「ポッキー」の記念日とする江崎グリコも今年、海外向けキャンペーンに乗り出した。

一方、国内で11月11日を「ポッキー&プリッツの日」として記念日商戦を展開してきた江崎グリコも、ネットの波及効果に注目。海外にも「ポッキーデー」を広げようと、日本、中国、台湾など5つの国・地域で、SNS上の笑顔の写真を数えて遊ぶアプリを公開した。

 

海外旅行に行ったとき、バンコクのコンビニや中国のスーパーでは、このグリコのポッキーをよく見た。

商品としては、外国にも定着していきていると感じる。

 

P1040978

タイかマレーシアで買ったグリコのチョコレート菓子

 

でも、「ポッキーの日」を海外へ広げるというのはどうだろう?

それをしようすると、あの国とぶつかってしまうことなる。

韓国だ。

でも、グリコはそれを覚悟して、「宣戦布告」に出たのだろう。

そのことは、次回から書いていきます。

 

 

よかったら、ポチッとお願いします。



こちらの記事もいかがですか?

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」 

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

頑張って書いた割には不人気だった 「世界の中の日本」の目次

「日本」カテゴリー目次 ⑤ 韓国や中国から知る日本

移民毎年20万人受け入れ? 多文化共生社会を考えましょ「目次」

「Why did you come to Japan(You は何しに日本へ?)」は失礼な質問?

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。