「イギリスは紳士の国」と日本人に言われた英国人の感想は?


 

前に「紳士」という言葉の由来について書いた。

今の日本語で「紳士」という言葉は、だいたいこんな意味で使われている。

上品で礼儀正しく、教養の高いりっぱな男性。ジェントルマン。

(デジタル大辞泉)

 

でも「紳士」という言葉は、もとは中国語だった。

今の紳士という言葉は、明治時代の日本人が英語のgentlemanの訳語に「紳士」という中国語を当てたことに始まる。
それが1880年のころで、このときから「上品で礼儀正しく、教養の高いりっぱな男性」という意味として「紳士」という言葉が使われるようになっていった。

 

中国語で「紳士」の「紳」というのは、着物の帯のこと。
中国で「紳士」という言葉は、広い帯をしめた中国の役人のことを意味していた。
役人といっても、ただの役人ではない。
中国を支配するような高級官僚のこと。

中国の帯は「紳」といって、前に長く垂らして結んだものである。

りっぱな帯をしめている人間が、紳士といったのだ。日本でもはじめは前に垂らしたが、しだいにうしろにまわって、現在ごらんのとおりのものと相成った。

「日本的 中国的 (陳舜臣)」

 

くわしくは、下の記事をご覧あれ。

「紳士」の意味や由来とは?もとは中国の支配者のこと。

 

これは唐の時代の中国の役人。
この帯が「紳」で、彼らはまさに「紳士」だったのだろう。

 

今の日本人が紳士という言葉で思い浮かべるのは、きっとイギリスだろう。
「英国紳士」という言葉もあるぐらいだし。

日本での紳士という言葉のイメージは、こんな感じだと思う。

・上流階級の人
・上品で礼儀正しい
・教養の高いりっぱな男性

日本にいるイギリス人に聞くと、日本人から「イギリスは紳士の国ですね」といったことを言われた経験のある人は多い。

 

このイメージはむかしから日本にあった。
この思いはむかしのほうが強かったと思う。
明治時代には、イギリスを「理想の国」と見ていた日本人も多かった。
福沢諭吉は「日本を東洋の英国にしたい」と言っている。
だから1902年に日英同盟を結んだときは、日本中が大喜びだったという。

 

でも、イギリス人にとってはどうなんだろう?
日本人から「イギリス人=紳士」ということを言われたら、イギリス人はどう思うのか?

そう言われたらうれしいのか?
かえって困るのか?
「いいかげんウザイわっ」と思うのだろうか?

ということで、イギリス人に聞いてみた。

 

イギリスの首都ロンドン

画像はこのブログから。

ロンドンの観光スポット!セント・ポール大聖堂、シャード、ロンドン塔、タワーブリッジ、バッキンガムの衛兵交代式

 

日本人から「イギリスは紳士の国ですね」と言われたら、イギリス人はどう思うのか?

日本で英会話の講師をしていて、今はロンドンで住んでいるイギリス人にメールで聞いていた。
ちなみにそのイギリス人は30代の女性で、同じく30代の夫と暮らしている。

これがそのイギリス人からの返事。

About your gentlemanly question,when I hear that kind of thing it just makes me giggle.
I guess it’s a kind of old fashioned image, but it is a positive one so I am happy about that.

(意訳)

そんな言葉を聞くと、クスクスと笑いがこみ上げてくる。
それはちょっと古風なイメージだと思う。
でも良い意味だから、そう言われたら私はうれしく思う。

 

彼女はこのことを母親にも聞いている。
母親は日本に旅行で来たことがあるだけで、住んだことはない。

My mum says it just means good manners.
She has known people who she would call a typical English gentleman.

(意訳)

母に言わせると、それはまさに上品なマナーのこと。
母は「これぞまさに英国紳士」と呼べるような人たちを知っている。

 

そしてこれが彼女の夫の意見。
彼も日本に住んでいたことがある。

On the other hand, David thinks there are a lot of rude people around and would say English gentleman is just a stereotype.

(意訳)

一方でデビッドは、失礼な連中がそこら中にいると思っている。
だから、英国紳士なんてただのステレオタイプでしかないだろうと言う。

ステレオタイプ【stereotype】

ものの見方・態度や文章などが型にはまって固定的であること。

大辞林 第三版の解説

 

ちなみにこのデビッドは大のラーメン好き。
「ロンドンのラーメンは一杯2000円するんだぜ」と言って、日本でラーメンを食べまくっていた。

 

結局、イギリス人が他人から「イギリスは紳士の国ですね」と言われても、その言葉でなにを思い浮かべるのかは世代によって違う。

この記事で書いたことは、あくまでボクの友人の意見というだけ。
でもなんとなく、お年寄りのイギリス人はその言葉を肯定的に受けとめて、若いイギリス人は否定的にとらえる人が多いと思う。

 

2017年5月17日現在、ロンドン市長は「サディク・カーン」というパキスタン系のイスラーム教徒がつとめている。
彼こそまさに英国紳士。

 

「英国紳士=白人の男性」というステレオタイプの見方をしていると、イメージとちがうかも。

これは唐の時代の紳士。

 

おまけ

前にイギリス人と話をしているとき、「イギリスは紳士の国だと思う。紳士のスポーツと呼ばれるゴルフはイングランドで生まれただろ?」なんてことを言ったら、そのイギリス人から注意された。

「ゴルフはイングランドではなくて、スコットランド生まれのスポーツだぞ。スコットランド人にそんなことを言うなよ」

これはおどしじゃなくて、本当に注意したほうがいい。
ハッキリ言って、スコットランド人はイングランド人を嫌っているから。

セント・アンドルーズ

セント・アンドリューズ(St Andrews)は、スコットランドのファイフにある、北海に面する町であり、ゴルフの発祥の地として知られる。

 

ランキングに参加しています。
よかったら、下のボタンを押してください。

 

スコットランドで有名な物や人:蛍の光、ウイスキー、ゴルフ、ネッシー、メアリ1世

外国人から見た不思議の国・日本 「目次」 ①

イギリス人に「日本すごい系番組」をきいた。英国人もホルホルしたいの?

「ヨーロッパ」カテゴリー 目次 ① 

「ヨーロッパ」カテゴリー 目次 ②

「ヨーロッパを知ろう」 目次 ③

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す