タイの徴兵検査に美人すぎるニューハーフ!お祭り騒ぎに。

 

今回はタイでのはなし。

タイの大きさは日本の約1.3倍で、日本の人口のおよそ半分(約6700万人)の人々が住んでいる。

その6700万人のうちの1人が今、タイで国民の注目を集めている。

ちなみに、タイの首都バンコクと東京をかさねるとこんな感じになる。

 

「男人‼︎ きれいでね」

タイ人の友人が、フェイスブックでこんなメッセージを投稿していた。

日本語のまちがいは、マイペンライ(気にしない)。

これは何のことかと思ったら、「タイでおこなわれた徴兵検査で、美人すぎるニューハーフがあらわれて大きな話題になっている!」ということらしい。

 

タイでは徴兵制があることは前から知っていた。
でも、4月にそのための検査があることは初耳だった。
徴兵されて軍隊に入ったら、とても厳しい生活がまっている。
そのツラさに耐えられるだけの体力や精神力がないといけない。

それで軍人としてやっていけるかを確認するために、こうした検査が毎年4月におこなわれるとのこと。

病気がある人はもちろん、基準値を超えて太っている人も軍隊に入らなくてもいい。
さらにタイの場合は、ニューハーフも徴兵を免除されているという。

それで今年の徴兵検査にあらわれたニューハーフが「美人すぎる!」と、タイのマスコミで話題になった。

その友人が動画をシェアしていたから、どれぐらいの美人かは自分の目で確認してほしい。

 

何の権限もないけど、断言しよう。
このニューハーフの子は軍隊にいれてはいけない。

本人が軍隊での生活に耐えられるかということの前に、まわりの男が耐えられないだろう。

タイ軍の秩序が、大きく乱れてしまうことは目に見えている。
外国の軍隊の攻撃をうけなくても、タイの軍隊が内側から崩壊してしまう。

このニューハーフの徴兵免除は適切な判断だ。

 

 

それにしても「本当にタイ人っぽいな」と思ったのが、この動画を撮影したのが検査会場にいた警察官だったということ。

しかもこの警察官は、これを自分のフェイスブックに投稿したらしい。

「このニューハーフは美人すぎる!」ということで、勤務中にもかかわらず動画を撮ってしまう。
このへんに、「マイペンライ(気にしない・大丈夫)」というタイ人気質があらわれている。

さらに、だれもこの警察官の行為を問題視していない。
本当にタイ人らしい。

 

 

タイのメディアも取り上げている。

日本でもニュースになっていいレベル。

と、このとき書いたら、4月14日の朝日デジタルで「タイの徴兵検査に『美貌の人』 FB500万回再生も」という記事がのっていた。

 

 

でもタイの場合、韓国とはちがってすべての男性が軍にはいる必要はない。

タイでは、軍隊に入るかどうかを抽選で決めてしまう。

変わり種はタイ。期間は2年と定められているが、陸、海、空に加えて「徴兵免除」の4つをなんと「くじ引き」で決める。抽選は国民の一大行事で、テレビ中継までされる。一番過酷といわれる「海軍」を引いた若者が、ショックのあまり失神するシーンは世界的に有名となった。

徴兵制度ある国々 タイでは抽選で「海軍」引き失神する人も

「ショックのあまり失神するシーン」というのは、日本のテレビ番組で見た気がする。

これは2011年の記事だけど、今でも同じだと思う。

箱の中に赤い玉と黒い玉が入っていて、赤い玉を取ったら「当たり」で2年間の兵役が決定する。
黒い玉を取れば軍にいかなくてもいい。
玉ではなくて、赤と黒のくじの場合もある。

でも、玉かくじかなんてことはどうでもいい。
大切なことは、こんなことで2年間の軍隊行きが決まってしまうということ。
一人の人生を大きく左右するようなことを抽選で決めてしまう。

それでタイ人は、ショックのあまり失神するシーンや美人すぎるニューハーフがいたら話題にする。

何から何までタイ人らしさにあふれている。

 

韓国にも徴兵はあるけれど、抽選で選ばれるというのは100%絶対にない。

 

ランキングに参加しています。
よかったら、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

仏教国のタイ、喜捨によるお坊さんのメタボ化が社会問題に

仏教の教え(輪廻)とタイ人の生活「タンブン(善い行いをする)」

東南アジアを知りましょ! 「目次」 ②

英会話①外国人を日本のお寺に案内するときに役立つ英語の表現

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。