【困った韓国】少女像にライダイハン像をぶつけるイギリス。

 

「ブーメラン現象」という言葉がある。

相手に言った言葉が戻って来て、自分がダメージを受けたり苦しんだりする。

韓国にはそんなブーメラン現象がよく起こる。
「お家芸」といってもいい。

最近では、韓国側が慰安婦問題を持ち出して日本に反省や謝罪を求めると、「じゃあ、ライダイハン問題はどうなるんだ?韓国こそ反省しろ」と日本や他の国の人からツッコまれるケースを見る。

ところで、「ライダイハンってなに?」という人もいると思う。
産経新聞の記事(2018.6.7)にあった説明を見てみよう。

ベトナム語で「ライ」は「混血」、「ダイハン」は「大韓」を意味し、韓国人とベトナム人女性の間に生まれた子供を指す。英民間団体は、ベトナム戦争当時に派遣された韓国兵らが現地の女性数千人に性的暴行などを行い、その結果生まれたライダイハンが約1万人いると主張。正確な人数は明らかになっていない。韓国政府は事実関係を認めず、謝罪を行っていない。

英団体、韓国兵の性暴行追及へ 米議会議事堂での慰安婦像計画に合わせ

 

とてもとても書きにくいことなんだが、

ベトナム戦争のとき、韓国人兵士がベトナム人女性に性的暴行(レイプ)などをしたことで、韓国人とベトナム人の混血児(ライダイハン)が生まれてしまった。
そうしたライダイハンが、ベトナムに1万人もいるらしい。
いったい何人のベトナム人女性が犠牲になったのか。

当然のことながら、韓国人はこの問題を指摘されるのを嫌う。

だから、イギリス人がこういうことをすると、とても困るし怒る。

 

 

アメリカにいる韓国系住民がワシントンの連邦議会議事堂で、少女像の「特別展示」をしようと計画した。

すると、それにぶつけるように、ライダイハン問題を追及するイギリスの市民団体「ライダイハンのための正義」がこんな動きに出る。

展示会場で韓国の責任糾明を訴える計画を立てていることが6日、分かった。同問題を象徴する「ライダイハン像」を展示会場に持ち込む予定という。

英団体、韓国兵の性暴行追及へ 米議会議事堂での慰安婦像計画に合わせ

 

ライダイハン問題は韓国とベトナムの問題のはず。
・・なんだったのだけど、これが女性の人権問題として世界に広がり、「自分たちが解決すべき問題」と考えるイギリス人も多い。

 

日本による韓国人女性への人権侵害を訴えようとしたら、韓国によるベトナム人女性への人権侵害を糾弾されてしまう。
しかも、米ワシントンの連邦議会議事堂でイギリスの市民団体から。

日本に心からの反省と謝罪を求めようとしたら、「韓国はそれをベトナム人女性にしろ」と言われてしまう。

これがブーメラン現象で、韓国では日本の問題でよくこういうことが起こる。
少女像の近くでライダイハン像を設置されたら、韓国側はどう思うのか?

それは一種の”鏡”なんだから、自分たちのしていることをよく考えてほしい。

 

こちらの記事もどうですか?

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ①

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ②

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ③

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。