【W杯・日本人のゴミ拾い】世界の反応・広がる支持や共感

 

ロシア・ワールドカップで、日本の選手とサポーターやってくれました!
日本代表はコロンビアを撃破し、セネガルに引き分けていまはグループ1位。

選手だけではなくて、日本人サポーターの行動にも世界の注目が集まっている。

それはもちろん、「GOMIHIROI」。

スタジアムでのごみ拾いは、もう日本人のお約束になってきた。

 

FFS TVJapan fans & Senegal fans clean up the garbage inside the stadium after the game ends.

 

青いビニール袋を持ってサムライ・ブルーを応援する。
そして試合終了とともに、その袋にスタジアムのゴミを入れる。

これが海外のメディアや個人のSNSで拡散されて、大きな話題になった。

ということで、世界の反応を紹介しようと思う。

イギリス人のクリストファーさんはこうツイートする。

この人にとっては、これがワールドカップで好きな場面。
日本のサッカーファンから学ぶことができるし、これが日本を応援する理由にもなるという。

 

カナダ在住のトリニダード・トバゴ人のレスリーさんは、日本人ファンについて「なんと素晴らしいことか!よくやってくれた」と書いている。

 

ウルグアイ人やサウジアラビア人にも共感の輪が広がっている。

「ウルグアイ vs サウジアラビア」の試合が行われた後、両国のサポーターがスタジアムのゴミ拾いをはじめた。

産経新聞の記事(2018.6.21)が、ウルグアイ・メディアの記事を紹介している。

ウルグアイのメディア「ovacion」(電子版)は「日本人のアイデアを盗んだわけではないが、(何事に対しても)努力しなければならないことを学んだ」と話す同国サポーターの声を掲載した。

世界に広まる日本サポーターの「ゴミ拾い」 セネガルら3カ国サポーターも会場を清掃

 

また、この記事によると、イギリスBBCがこう伝えたという。

「チームがコロンビアを吹き飛ばした後、日本のファンもまた、スタジアムの座席をきれいに掃除した」「『サムライ・ブルー』のサポーターたちは良いマナーを守り続けている」

 

このニュースに日本のネットの反応は?

・いいことだ
広まるといいね
・来たときよりも美しく
・サニクリーンジャパン
・アイムソージー
・でも,路上じゃゴミを捨てたり,くだらん馬鹿騒ぎしたり痴漢行為するんだろ!?渋谷あたりで。
・各チームカラーのゴミ袋にエンブレムプリントして渡せば面白いように拾い出すから
・日本人「ゴミ拾いするで(チラッ チラッ」
・日本以外の国もやるようになれば日本なんて目立たなくなるから
・セネガルって選手のプレーも乱暴じゃなかったし、もしかして
国民性が日本と似てたりするのかな?

 

外国人とはちがって、国内と比較する人がけっこういた。
日本人の「格差」も問題かも。

 

 

日本は島国で「鎖国経験」もあり、外国との交流が少なかった。
そんなこともあって、「日本の常識は世界の非常識」なんて言われることもある。
でも、スタジアムでのごみ拾いは、世界から認められている。

日本の常識が世界の常識になるかもしれない。

 

 

さてさて、旅行のご予定はありますか?
もし、「どっか行こうかなあ」と思っていたら、こちらをクリック。
プロの目で、あなたに最適な旅プランを提示しまっせ。

 

こちらの記事もいかがですか?

【必見】日本、コロンビアを撃破!世界から祝福の声!

アフリカ人と黒魔術(呪術)①魔法の薬や水で”無敵”になれる!ってねーよ。

アフリカの負の世界遺産(黒人奴隷):ガーナのケープ・コースト城

アフリカの旅(国)が、こんなにひどいなんて聞いてなかったから。

外国人から見た日本と日本人 日本を知る15の言葉 ⑩

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。