イスラム教徒が豚肉と犬を嫌う理由(不浄)。猫を好きな理由

 

中学校の社会の授業で習ったと思う。

イスラーム教では、豚肉を食べてはいけない。
ヒンドゥー教では、牛肉を食べてはいけない。

両方の宗教で食べることを禁止しているけど、その理由は正反対。

イスラーム教では、豚は「不浄(汚れている)から」食べてはいけない。
ヒンドゥー教では、牛は「神聖な動物だから」食べてはいけない。

イスラーム教徒が豚肉を食べてはいけない理由は、クルアーン(英語読み:コーラン)にそう書いてあるから。

あなたがたに禁じられたものは、死肉、(流れる)血、豚肉、アッラー以外の名を唱え(殺され)たもの、絞め殺されたもの、打ち殺されたもの、墜死したもの、角で突き殺されたもの、野獣が食い残したもの、(ただしこの種のものでも)あなたがたがその止めを刺したものは別である。

ハラールとは

イスラーム教で豚が不浄の動物だということは、日本でもけっこう知られていると思う。
でもイスラーム教では、犬も同じように「汚れた動物」と考えられていて嫌われている。

このことは、ご存知でしたか?

犬にとっては、納得がいかないだろうけど。

 

ミャンマーの犬
仏教の国は、犬は大切にされている。

 

フランスに住んでいる日本人が、フランスで犬の散歩をしているときにあることに気づいたという。

そのことがその人のブログに書いてある。

イスラム教では豚と並んで犬も不浄な生き物

差別的な発言になるのでは無いかと今まで書く事を避けて来たのですが、これから犬連れでフランスに来られる方の為に。

犬と散歩していて分かる事。

それは、アラブ系とアフリカ系の人たちの犬に対する過剰なまでの怖がり方。

そして、犬への罵倒の仕方が半端じゃない!と以前から思っていました。

犬を過剰に怖がり、み嫌う。

日本人からしたら、「この異常な反応は、なんでだろう?」と思うのがふつうだろうね。
疑問に思ったその日本人が調べたところ、「イスラーム教徒にとって、豚と並んで犬は不浄なものだった」ということを見つける。

くわしくは、先ほどのブログを読んでください。

 

 

ただ、イスラーム教の国といっても、国によって解釈は違っている。
だから、「いろいろなイスラーム教の国」がある。

イスラームの教えをとても厳しく守っている国もあれば、比較的ゆるい(ように見える)国もある。

たとえば、サウジアラビアやカタールでは、ポケモンは「反イスラーム的」として禁止されているけれど、マレーシアやインドネシアのイスラーム教では問題ない。

友人のインドネシア人のイスラーム教徒は、ポケモンGOが大好きだ。

サウジアラビアの特徴:国旗や厳しいイスラム教、ポケモン禁止

 

それにすべてのイスラーム教徒が、犬は不浄だと考えているわけでもない。
ドバイでは、ペットとして犬を飼っているイスラーム教徒も多いと聞いたことがある。

 

 

でも、イランは犬に対して厳しい。

犬を飼ったらむち打ち74回の刑、イラン議会に法案提出

イスラム教は犬を不浄とみなしており、イランで犬を見かけることは少ない。だが、室内で密かに犬を飼う家庭もあり、富裕層が多く住む地域では屋外で犬を散歩させる姿もみられる。

これまでは、公共の場で犬を散歩させている飼い主は「道徳警察」が呼び止めて警告したり、場合によっては犬を「没収」したりしてきた。

犬の散歩をしていたら、警察に犬を没収されてしまう。

日本の感覚からすると別世界。

 

世界は広い。
いろんな考え方や価値観があるんですね。

イランでは今後、犬を飼っただけでむち打ち74回の刑に処されることになるかもしれない。改革派の日刊紙シャルグ(Shargh)によると、犬を自宅で飼ったり公共の場で散歩させたりすることを禁じる法案を、タカ派の議員たちが議会に提出したのだ。

犬を飼っただけで、ムチ打ちをされるというのはひどい。
イランにはイランの価値観と考え方があるんだろうけど。

それにしても、なんで74回なんだろう?
理由は分からないけど、これもきっとイスラーム教の教えによるもののはず。

 

 

イスラーム教では犬を「汚れた動物」だと考えられている。

ハディースでは、犬の唾液は不浄とされ体についたら七回洗うように指示されている。

(ウィキペディア)

ハディースは、クルアーンのようなアッラーの言葉ではない。
ムハンマドが言ったことやしたことを伝えるもの。

でも、「イスラーム教徒が守るべきもの」であることには変わらない。

ハディース(〈アラビア〉Ḥadīth)

イスラム教の預言者ムハンマドの言行(スンナ)を伝える伝承のこと。

(デジタル大辞泉の解説)

パキスタン人から聞いた話では、イスラーム教で「汚れている」とされているのは、犬というよりその「唾液」であるという。
狂犬病の犬を避けるために、こんな教えができたらしい。

これと同じことをイスラーム教徒のインドネシア人も言っていた。
彼は熱心なイスラーム教徒で、毎週日曜日には、クルアーン(英語読み:コーラン)の勉強会に行っている。
そんな彼もこう言う。

「犬にかまれると狂犬病になって死ぬ人がいたから、イスラーム教では犬を”汚い動物”として避けるようにした、と聞いたことがあります。たぶん、そうでしょうね」

 

P1120785

「ハラル」は、イスラーム教徒が安心して使うことができるものを示している。
「ハラル・フード」だと、イスラーム教徒が食べられる食べ物のこと。
もちろん、豚肉はダメ!

 

AFPの記事(2016年10月19日)で、「マレーシアでホットドッグは禁止」というおもしろいニュースがあった。

これは、ホットドッグを食べることが禁止されるのではなくて、食べ物にホットドッグという名前をつけることが禁止される、というもの。

ホットドッグはNG… マレーシア、「不浄」な犬含む食品名を禁止

【10月19日 AFP】イスラム教徒が多数を占めるマレーシアのイスラム開発局(JAKIM)は18日、ホットドッグなど、英語で犬を意味する「ドッグ」という語を名称に含む食品の改名を命じる方針を明らかにした。

改名しなければ、イスラム教の戒律にのっとった食品であることを証明する「ハラル」認証を受けられない可能性もあるという。

先ほどから書いているけど、イスラーム教では犬を「汚れた動物」とみる考え方があるため、食べ物の名称に「ドッグ(犬)」をつけることはふさわしくないという。

同局ハラル課の責任者によると、この決定はイスラム教徒の外国人観光客らからの苦情を受けた措置。「イスラムの教えでは、犬は不浄と考えられており、ハラル認証を与える食品にその語は使えない」としている。

ホットドッグがダメなら、どんな名前になるんだろう?

 

P1060375

マレーシアの首都クアラルンプール

 

犬好きの人にとってはとても残念なことながら、イスラーム教では犬は嫌われている。

でも、猫はとても愛されていて、「イスラーム教徒にとっての真のペット」とまで言われている。

ネコはイスラム教において敬愛されている動物である。 預言者ムハンマド・イブン=アブドゥッラーフに愛されていたということに加えてその清潔さから、ネコはムスリムにとっての「真のペット」とみなされている。

預言者ムハンマドは「ネコへの愛は信仰の一側面である」と言ったと記録されている。また、他のハディースによると、彼はネコを迫害することや殺すことを禁じていたと言われている。

イスラム教の伝統では、ネコはその清潔さにより敬愛されている。ネコはイヌとは違って信仰に基づく手続きの上でも汚れのないものと考えられており、そのため家や、マスジド・ハラームなどのモスクに入ることすら許されている。

(ウィキペディア)

イスラーム教の教えによって、犬は「汚れた動物」とされていて猫は「清潔で愛すべき動物」と決められている。

犬にとっては、にゃんとも理不尽な話だ。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

キリスト教を知りましょう!「目次」 ハレルヤ!

「Why did you come to Japan(You は何しに日本へ?)」は失礼な質問?

イスラム教を知ろう! 「中東・イスラム」カテゴリーの目次①

外国人の「日本人あるある」。またかよ!と思わせる5つの質問

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

 

2 件のコメント

  • いろいろありますよ。
    前に富山県でイスラーム教の聖書を破った女性がいて大問題になりました。
    豚やアルコールはダメなんですけど、人によって厳しさは違いますね。
    ビールを好きなイスラーム教徒がいたり、アルコールはウェットティッシュもダメだったり。
    このことは記事で何回か書いたので、ぜひご覧ください。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。