ナチス政権下のユダヤ人①  ~水晶の夜~


 

インドで会った長期旅行のおっさんに、「ガンディーの『非暴力・不服従運動』って、ポル・ポトやヒトラーにも通じると思うの?」
と言われて、「ぐぬぬ」と答えられなかった。

 

そこで、そのことを考えてみたいな、と思いました。
ガンディーの「サティヤグラハ(非暴力・不服従運動)」については、以前の記事で書きました。
なので、以下について、順に書いていこうと思います。

 

・ナチスの支配化にあったユダヤ人
・ポルポト政権下にあったカンボジア人
・それぞれの状況下で、ガンディーの「非暴力・不服従運動」は、通用したのか?

 

まあ、頑張って考えてみましたよ。

ナチスとユダヤ人のことは、欧米人が常識として知っている人も多いです。
読んでおいて損はないと思いますよ。

 

まずは、ナチスの支配化にあったユダヤ人について、「上から下へ」見てみよう。

ナチスとは、「国民社会主義ドイツ労働者党」のこと。
ボクの経験では、英語で外国人と話すときは、「ナツィ」と発音した方が通じると思う。
イギリス人は「ナチス」ではなく、「ナツィ」と言っていた。

 

このナチスが政権を取るまで、ドイツは「ヴァイマル共和国」と呼ばれていた。
ちなみに、伊藤博文が大日本国憲法をつくるときに参考にしたのが、この国の「ヴァイマル憲法」だ。
当時この憲法は、世界で「最も民主的」とされていた。

 

しかし、1933年にナチス政権が成立したことで、ヴァイマル共和国が崩壊してしまう。

このナチス政権で、総統(そうとう)としてトップにいたのが「アドルフ・ヒトラー」という人物。
こんな人。

 

大統領を兼ね、総統と称して独裁的権力を握った。反ユダヤ政策を掲げ強引に侵略政策をおしすすめ、第二次世界大戦を引き起こしたが、戦争に敗れ、45年に自殺した

(世界史用語集 山川出版)

 

 

Bundesarchiv_Bild_183-S33882,_Adolf_Hitler_retouched

「ヒトラー(ウィキペディアより)」

 

ちなみに、この人物の本名は「アドルフ・ヒトラー」という。

「ヒトラー」とは「製塩所の監督」、「アドルフ」とは「高貴な狼」という意味(人命の世界地図 文春新書)。

まあ、現代のドイツで、自分の子に「アドルフ」という名前をつける親はいないだろうけどね。

 

このヒトラー率いるナチスがしたことが、「反ユダヤ政策」に基づくユダヤ人排斥というもの。

この内容が、ひどい。

 

ユダヤ人を二級市民として公民権を奪い、ドイツ人との通婚を禁止した。38年以降、迫害をさらに強化し、アウシュヴィッツなどユダヤ人絶滅を目的とする収容所を設置した

(世界史用語集 山川出版)

 

ナチスが、ユダヤ人を絶滅させようとしたことは知ってた。
でも、何で絶滅しようとしのかは、知らなかった。

このユダヤ人絶滅という「ユダヤ人問題の最終的解決」を決定したのはヒトラーだけど、これに深く関わっていた人物に「アイヒマン」という人がいる。

彼は、こう言っている。

 

ユダヤ人は、ドイツ国民の永遠の敵であり、殲滅(せんめつ)し尽くさねばならない。われわれに手のとどくかぎりのユダヤ人はすべて、現在のこの戦争中に、一人の例外もなしに抹殺されねばならない。今、われわれが、ユダヤ民族の生物学的基礎を破壊するのに成功しなければ、いつかユダヤ人がわがドイツ国民を抹殺するであろう

(アウシュヴィッツ収容所 講談社学術文庫)

 

この「ユダヤ人問題の解決」のために、ポーランドにあるアウシュヴィッツという都市に強制収容所が建てられることになった。

 

1940年にナチスの強制収容所が建てられた。ユダヤ人絶滅政策の中心となり、150万人以上が虐殺されたと言われている。79年、『負の世界遺産』に認定された

(世界史用語集 山川出版)

 

そして、ナチスの支配下にあったヨーロパの都市では、ユダヤ人を見つけては強制収容所に送って、そこで殺すか死ぬまで働かせた。
世界にある「負の世界遺産」の中でも、ここは「別格」という気がする。

 

 

以下の話は、1940年前後に、ポーランドに住んでいたユダヤ人女性のもの。

 

ユダヤ人には一番きつくて一番汚い仕事が与えられました。自転車も取り上げられ、真冬でも何キロも歩いて仕事に出かけました。ユダヤ人は服を手に入れるための配給券をもらえなかったので、作業着も足にあった靴もありませんでした。

公園や歩道に入ることも禁じられ、公園のベンチには白い文字で、『ユダヤ人は使用禁止』と書かれてありましたし、店には『ユダヤ人には肉を売りません』とか、『ユダヤ人のための品物はありません』などと大きく張り紙がされました

(アウシュヴィッツの地獄に生きて 朝日選書)

 

 そして、こうも述べている。

映画館や劇場への出入りも禁じられました。言い換えるなら、墓地だけが唯一くつろげる休息の場だったのです

(同書)

 

このとき、ゲシュタポというナチスの秘密警察の取り調べが四週間ごとにあったという。
もしそこで、自分の苗字を言い忘れると、それだけでポーランドの絶滅収容所に送られて殺されていたという。

 

IMG_7721

 ユダヤ教の聖地「エルサレム」

 

ドイツでは、1938年に後に「水晶の夜」と呼ばれる出来事が起きている。
これは、パリでユダヤ人がドイツ人を射殺した報復として起きた事件だ。

 

ドイツ全土にわたってユダヤ人商店が破壊され、少なくても窓ガラスが打ちわられ、ユダヤ教会には火がつけられ、消火作業を妨害された。『国民の怒りにたいして自分を守るため』、さらに商業、興行等、産業活動に従事していた全ユダヤ人が逮捕され、要保護ユダヤ人として強制収容所に送られた。
(アウシュヴィッツ収容所 講談社学術文庫)

 

この襲撃のとき、ユダヤ人商店の窓ガラスがたたき割られ、その破片が路上を覆(おお)った。

それらが、月の光を浴びてキラキラと輝いていたことから、この日の夜は「水晶の夜」と呼ばれるようになった。

 

この時代、オランダでもユダヤ人を見つけては、収容所に送るという「ユダヤ人狩り」が行われるようになっていた。

 

そんななか首都のアムステルダムでは、13歳になったばかりのユダヤ人の少女が、父親から誕生日プレゼントとして、ノートをもらった。
そしてその子は、そのノートにに日記を書くことにした。

「アンネ・フランク」という少女だ。

続きは次回に。

 

おまけ

2016年に人気グループの「欅坂46」の衣装が「ヒトラーが率いていたナチスの軍服に似ている」と批判を受けた。

 

今年の紅白歌合戦にも出場するのではと噂されている同グループだが、現在インターネットを中心に非難を浴びている。先日披露された衣装がナチスの軍服そっくりだというのだ。

欅坂46の衣装がナチスそっくりと炎上! ウケ狙いだけで「ファシズム」「軍服」を安易に取り入れる“秋元康”的手口

 

日本ではナチスの理解が浅いのか、以前にも氣志團が着ていた衣装がナチス親衛隊のものに似ていると批判を受けている。

 

ランキングに参加しています。

「読むたび、新しい発見」となるようなブログをめざしています!

今回の記事で、新しい知識などがあったら、ぜひ、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

イスラエルの「嫌われている側の気持ち」④ ~自分たちも分離壁をなくしたい~

イギリス人が見た日本・日本が世界の歴史で初めてした誇っていいこと

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

明治、日本人はカレーにカエルを入れていた。日本と世界の食文化。
ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す