日本はいつまで韓国に謝罪を?「上手にできるまで!」ってムリ。

 

少し前に、朝鮮日報のこんなコラム(2017/11/12)を紹介した。

「韓国を無視する国々にあって韓国にはないもの」

このコラムでは、「ドイツはしっかり謝罪したのに、日本はまだしない」と、日本とドイツの戦後の対応のちがいについて書いてある。

でも、日本とナチス=ドイツを比べること自体がまちがっている。
そのことは、この記事で書いた。

韓国人の「日本はドイツのように謝罪をしない!」の間違い。

日本はナチスのホロコーストのように、「朝鮮人の絶滅」を目的とした虐殺をしてはいない。

 

 

朝鮮日報のコラムでは、こんなことも書いてあった。

日本は「韓国にいつまで謝罪しなければならないのか」と言うが、彼らの心の内には「謝罪」などない。

「日本は韓国にいつまで謝罪しなければならないのか?」
「韓国はいつまで日本に謝罪を要求するのか?」

そんな疑問を感じる日本人は多いと思う。

 

最近も、韓国メディアにこんな記事(2017.11.18 )があった。

‘뉴욕 소녀상 찾은’ 秋 “일본, 위안부 부정말고 사죄해야”

ニューヨークにある少女像を訪れた韓国の政治家が、「日本は必ず謝罪しなければならない」と言っている。

でも、韓国はその前にやることがある。

慰安婦問題について、韓国はまだ約束を守っていない。
2015年の日韓合意にもとづいて、日本大使館前に建てられた慰安婦像をどかさなければいけない。

韓国は自分のやることには目を向けないで、日本に謝罪を求める。
まあ、いつもの韓国だけど。

 

 

「日本は韓国にどれだけ謝罪すればいいのか?」

2013年の中央日報のコラムによると、それは「上手にできるまで!」だ。
コラムにこう書いてある。

私の記憶では最近10年間在任した8人の首相すべてがさまざまな席で謝罪を表明した。
国を象徴する日王(日本では天皇)もまた、痛惜の念を表わしている。それは認めよう。
そのためか、親しい日本の記者たちは私にお酒の席で「いったいどれほど、さらに謝ればいいのか?」と問い詰めたりする。そのたびに冗談半分・本気半分で応酬する言葉がある。

「上手にできるまで!」

【グローバルアイ】佐々江大使さま、形容詞が違いますよ

これは個人のブログではない。
韓国で影響力のある全国紙の東京総局長が書いたコラムだ。
日本と韓国のことをよく知り、言葉に重い責任を持っている人がこんなことを書いている。

「上手にできるまで!」という言葉を、半分本気で言っていることに驚く。

このコラムが新聞に載せられるまでには、複数の人間がチェックしているはずだ。
だから、この内容は韓国人の考え方や常識をあらわしていると考えていい。

 

 

日本の”過去の問題”については、これまでに2回、最終的な解決で韓国が合意している。

1度目は1965年の日韓基本条約だ。
ビジネスジャーナルの記事から。

請求権に関する問題は、日韓間で慰安婦問題も含めてすべての賠償義務は韓国側にあるとして「完全かつ最終的に解決」されたことになったのだ。

慰安婦問題の賠償責任は韓国政府にあることを知らない韓国人…日本の強硬姿勢に動揺

この記事に書いてあることだけど、韓国の国民は2005年のまで次のことを知らなかった。

・「漢江の奇跡」と呼ばれる韓国の経済成長は、日本の支援によって実現したこと。
・慰安婦問題の賠償義務は韓国政府にあること。

韓国政府はこの内容を国民に知らせていなかった。

 

2度目は、2015年の日韓合意だ。
慰安婦問題について、日韓両政府が「最終的な解決」に合意している。
外務省ホームページから。

この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。

日韓外相会談

戦後補償問題については、1965年に「完全かつ最終的に解決」した。
慰安婦問題については、2015年に「最終的かつ不可逆的に解決」した。
両方とも、韓国政府の合意のもとでおこなわれている。

2015年の合意のときには、安倍首相が元慰安婦の人たちに、「心からおわびと反省の気持ち」を表明している。

 

 

先ほどの中央日報の記事によると、2013年までに「10年間在任した8人の首相すべてがさまざまな席で謝罪を表明したし、天皇もまた「痛惜の念」を表わしていた。

なのに2017年になっても、韓国の全国紙がこんなことを書いている。

「日本は「韓国にいつまで謝罪しなければならないのか」と言うが、彼らの心の内には「謝罪」などない。」

韓国政府が過去に2回も「最終的な解決」で合意し、日本の首相や天皇が「謝罪」「痛惜の念」「心からのお詫び」を表わしている。

これでもまだ、「彼らの心の内には「謝罪」などない」と言うのなら、もうどうしようもない。

 

 

韓国にくわしいジャーナリストの黒田勝弘氏は韓国が日本に謝罪を求める理由として、「民族的快感」を指摘している。

韓国にとって日本はいつまでも謝罪、反省、補償をしない存在であってほしいのかもしれない。

いつまでも日本を叱り、諭し、教え、導くことができるからだ。この民族的快感は捨てられない。

この民族的快感のゆえに、日本がたとえいくら謝罪、反省を表明し補償したとしても、それは終わらない、いや韓国にとっては終わらせたくないのだ。

(‘日本離れ’できない韓国 黒田勝弘)

これから、韓国が日本に謝罪を要求するような場面があったら、この視点から見てほしい。

「いつまでも日本を叱り、諭し、教え、導くことができるからだ。この民族的快感は捨てられない」

この考え方はよく当てはまる。

 

今年(2017年)1月の「あさチャン!」では、釜山に設置された慰安婦像でおこなわれた”儀式”を紹介していた。

安倍首相が少女像にひざまずいて謝罪するパフォーマンスをおこなっている。

こういう儀式をおこなう理由は、これを見てスカッとするという「快感」のためだろう。

 

「日本はいつまで韓国に謝罪をしないといけないのか?」

こんな発想が間違っている。
韓国は日本への謝罪要求を終わらせたくないのだから、終わるわけがない。

今の日本人が耳を傾けないといけないのは、安倍首相の次の言葉だ。

あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。

「平成27年8月14日 内閣総理大臣談話

 

こちらの記事もいかがですか?

マレーシア人「韓国人は疲れるよ~」①日本海?東海?呼称問題

東南アジアに反日感情はある?→「日本は、いつまで謝るってるの?」

東南アジア旅行で見た「感謝される日本」、誇るべき技術力

日韓友好!を考えた。反省と謝罪が必要?じゃ、いいです。

それでも大切な日韓関係②反日行為のツケはいつか韓国が払う。

 

2 件のコメント

  • もともと韓国についてまったく興味がなかったのですが、ここ一年くらいで慰安婦問題や起源主張などで知るようになり、調べているうちに生理的に無理と思うようになりました(>_<)
    できるだけ国としても付き合わなくてよい方法が見つかれば良いなと思います。

  • 韓国には、日本を利用する「用日」という考え方があります。
    日本もこれにならって、用韓でつき合ったらいいと思います。
    対北朝鮮や貿易など、なんだかんだいって韓国とのつき合いをなくすことはできませんしね。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。