キリスト教とイスラム教の大きな違い。「受肉」の意味とはなに?


 

始めの一言

*「恰幅(かっぷく)」「識(し)」「慎み(つつしみ)」

(明治天皇のついて)
「外見上、日本人としては大柄で、恰幅がよかった。筆者(ベルツ。訳者注)が識っている三十年の間、かれはあまり変わっていない。公式の場所に出るときは、いつもかれは軍服を着けていた。一時かれは、乗馬に熱中したが、後はただ軍事上の機会しか、馬に乗らなかった。しかもかれは、自分の腕前を見せびらかせるようなことは、全くなかったが、それというのも、もともと慎み深くて、内気に近い性質だったからである(ベルツ 明治時代)」

「日本絶賛語録 小学館」

 

meiji_emperor

明治天皇(ウィキペディア)

 

めいじ‐てんのう【明治天皇】

[1852~1912]第122代天皇。在位1867~1912。
孝明天皇の第2皇子。名は睦仁(むつひと)。幼名、祐宮(さちのみや)。慶応3年(1867)践祚(せんそ)。

徳川慶喜の大政奉還により王政復古の大号令を発し、翌年「五箇条の御誓文」を宣布、東京に遷都。軍人勅諭・大日本帝国憲法・教育勅語の発布などをとおして近代天皇制国家を確立した。

(デジタル大辞泉の解説)

 

はい、クイズ。

キリスト教の神(ゴッド)の教えは、どうやって人間に伝えられた?

スマホで送信した?
伝書バトで送った?
手紙で送った?

 

すべて違いますね。
天にいるゴッドが「イエス・キリスト」という人間になって地球にあらわれた。
そして、直接人びとに神の教えを伝えた。

 

イエス‐キリスト(Jesus Christ)

[前4ころ~30ころ]キリスト教の始祖。
パレスチナのナザレの大工ヨセフと妻マリアの子として生まれた。

30歳ごろバプテスマのヨハネから洗礼を受け、ガリラヤで神の国の近いことを訴え、宣教を始めた。ペテロなど12人の弟子と活動を続けたが、ユダヤ人に捕らえられローマ総督により十字架刑に処せられた。

その死後3日目に復活したと確信した弟子たちはイエスをメシア(救世主)と信じ、ここにキリスト教が始まった。イエズス。キリスト。ジーザス=クライスト。

(デジタル大辞泉の解説)

 

「イエス・キリスト」の「イエス」は、もちろん英語の「yes」ではない。
これは、「神の救い」という意味のギリシア語だ。

 

「イエス」は、神は救いである、の意のヘブライ語のギリシャ語形「イエスース」から。

「キリスト」は、ヘブライ語で油を注がれた者の意の「メシア」にあたるギリシャ語「クリストス」からで、元来はイスラエルの王をいう称号であるが、当時は待望する救世主をも意味していた。

(デジタル大辞泉の解説)

 

英語読みだと「Jesus Christ(ジーザス・クライスト)」だから、英語で話をするなら、こっちを使おう。

 

さて、天にいる神(ゴッド)が人間としてこの世にあらわれるためには、「肉体」が必要になる。
神が肉体をもった人として地上に生まれることを、キリスト教で
「incarnation(受肉)」という。

 

じゅにく 【受肉】

(Incarnation英)キリスト教で、永遠の神の子キリストがイエスという人間(肉体)になって地上に生まれたこと。霊が肉に結合すること。

(世界宗教用語大事典 )

 

神(ゴッド)が受肉して、「イエス・キリスト」という人間になって生まれた。
そして人びとにキリスト教を伝えたのだから、この受肉という概念はキリスト教にとって本当に大事なものだ。

 

SONY DSC

 

さて、もう一つ質問。

イスラーム教では、神(アッラー)はどのように教えを人びとに伝えたか?

キリスト教では、ゴッドが受肉して「イエス・キリスト」という人間として地上にあらわれた。

同じように、アッラーも受肉して人として地球に生まれたか?

 

違いますね。
イスラーム教では、アッラーは受肉してない。
自分が直接に教えを伝えたのではなくて、大天使ジブリール(ミカエル)に教えを伝えさせている。

 

下の絵は洞窟にいたムハンマドが、大天使ジブリールからアッラーの言葉を聞いているところ。

 

Mohammed_receiving_revelation_from_the_angel_Gabriel

天使ジブリールから啓示を受けるムハンマド
(14世紀,エディンバラ大学所蔵『集史』「預言者ムハンマド伝」載録の細密画)(ウィキペディア)

 

イスラーム教の場合、アッラー(神)が受肉して人として生まれ、その人が神の教えを伝えたのはない。
そうではなくて、大天使ジブリール(ミカエル)にアッラーの言葉をムハンマドに教えた。

 

前回、仏教の言葉である「輪廻(りんね)」を覚えるなら、「reincarnation(輪廻)」が良いと書いたよね?
というのは、それならキリスト教の根本思想である「incarnation(受肉)」も一緒に覚えられるから便利だから。

そういうことで、こちらの言葉をおススメしたわけさ。

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

キリスト教を知りましょう!「目次」 ハレルヤ!

「Why did you come to Japan(You は何しに日本へ?)」は失礼な質問?

英会話④外国人と英語で仏教について話すなら、輪廻(りんね)を知っとこう

使える英語表現「fantastic」①出会いで「よろしく!」の意味で

製紙法の伝播(西伝) いつ中国から日本・イスラーム圏・ヨーロッパへ?

外国人の「日本人あるある」。またかよ!と思わせる5つの質問

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す