韓国で日本映画のリメイクブーム・アメリカの”白人化”問題。

 

韓国で今、日本映画のリメイクブームが起きているらしい。

中央日報にこんな記事(2018年01月29日)がある。

韓国で日本映画のリメークブーム

 

「ゴールデンスランバー」、「リトル・フォレスト」、「いま、会いにゆきます」といった日本映画のリメイク版がこれから次々と韓国で上映される予定だ。

しかも、その映画に出る俳優陣もすごい。
カン・ドンウォン、キム・テリ、ソ・ジソブといった一流どころで、記事で「豪華なキャスティングだ」と書いているのもうなづける。

と言いたいところなんだけど、ボクがこの中で知っている人はだれもいない。
どれだけ豪華なキャスティングなのかよく分からないけど、ドラゴンボールで例えたら、クリリンぐらいだと思う。

 

韓国には日本映画のリメイクは前からあったのだけど、あまり客が入らずもうからなかった。
でも、2016年に潮目が変わる。

その中で2016年10月に公開された『LUCK-KEY ラッキー』が697万人観客を動員して大ヒットを飛ばし、この雰囲気を逆転させた。

韓国で日本映画のリメークブーム

このあたりから、今に続く韓国での日本映画のリメイクブームが起きたという。

日本の映画をリメイクするときに重要なポイントは、「日本カラーを極限まで薄めて韓国的情緒を加えること」と記事で指摘している。
日本人向けの映画を韓国人の好みに合わせるために、何をどう変えたかは記事を読んでほしい。

 

 

「ボクたちみんな地球人!」といっても、国によって人びとの価値観や好みは違う。

日本人に受けたのものが、そのまま韓国人に受け入れられることはない。

中国の古典「三国志」は、日本人にも韓国人にも人気がある
でも、日本の三国志は中国のものとは違う。

「日本カラーを極限まで薄めて日本的情緒を加えること」とまではいかないけれど、日本人の価値観に合わせて変えられたところがある。

 

中国の三国志では、劉備玄徳が人の肉を食べる場面がある。
でも、「人肉を食べる」というのは日本人にはショックが大きすぎる。
そこで「日本版三国志」を書いた吉川英治氏は、その場面をカットした。

この話は現代の日本人にとって共感出来ないエピソードととられるため、吉川英治は『三国志』執筆の際、鉢木を引き合いに出してこの話の解説をしている。

劉安 (三国志演義)

でも、「中国の三国志では人の肉を食べるシーンがある」と中国人の友人に言ったら、「え?ホントですか?」と言って言葉を失っていた。

今の中国の三国志には、この場面はないかもしれない。
同じ国でも、時代が移れば人間の感性も変わる。

 

 

知り合いのイギリス人が日本のアニメを見ていた時、「おにぎり」が英語の吹き替えでは「ドーナツ」になっていたという。

イギリス人に「onigiri」と言っても、何のことか分からない。
日本人にとってのおにぎりはイギリス人にとってのドーナツのようなものだから、おにぎりをドーナツに言い換えたらしい。

小さいことだけど、これもイギリス人向けにリメイクされている。

 

 

日本映画のリメイクといば、去年「君の名は。」がハリウッド映画になることが発表されて話題を呼んだ。

japantimesにその記事( 2017/09/ 28)がある。

Megahit anime ‘Your Name.’ to get live-action Hollywood remake

新海監督もこうツイートしている。

 

「『君の名は。』がどう生まれ変わるのか、楽しみにしています」

新海監督はこう言っているのだけど、外国人には不安しかないらしい。

こんなコメントが書きこまれていた。

「No…NO!!!!(やめて、やめてえええ!!)」

「Please someone stop america(だれかアメリカを止めて)」

「Why does America always take something beautiful and then ruin it?
(なんでアメリカはいつもすばらしいものを取り上げては、それをめちゃくちゃにするんだ?)」

 

さらに、日本映画がアメリカ人向けにリメイクされるにあたって、「白人化(ホワイトウォッシュ)」を心配する人もいた。

「White washing sucks!(ホワイトウォッシングだろ。くそ!)」

「They’ll white wash it(ヤツら、ホワイトウォッシシングをするぜ)」

「gross. they’ll be white and meet at starbucks I bet
(気持ち悪い。彼らは白人になって、スターバックスで会うのよ)」

ウィキペディアではホワイトウォッシュをこう説明している。

アメリカ合衆国の映画業界で白人以外の役柄に白人俳優が配役されること。映画黎明期より度々白人俳優が白人以外の役に配役されてきており、映画の歴史と共にある。

映画におけるホワイトウォッシング

韓国ではこの心配がない。
日本人が演じていたものを韓国人が演じても、だれも気にしない。

でも、欧米だとそうはいかない。

日本映画「ゴースト・イン・ザ・シェル/攻殻機動隊」のリメイク版がアメリカで公開されたとき、主人公の日本人(草薙素子)を白人のスカーレット・ヨハンソンが演じたことが「白人化(ホワイトウォッシング)」だと非難を浴びた。
これが原因となって、この映画は大失敗に終わっている。

白人が他の人種の役を演じると、やっかいな問題が起こる。
ましてや、顔を黒く塗って黒人になると国際問題に発展してしまう。

 

 

日本映画のリメイクが韓国で成功するために「日本カラーを極限まで薄めて韓国的情緒を加える」というのはいいけれど、その映画を制作した日本側もよろこぶような、ウィンウィンなものをつくってほしい。

それと、そろそろ韓国のテレビで、日本語の歌やドラマを自由に放送できるようにしてもいいんじゃないか?

大韓民国では、自国文化の保護のため、また大日本帝国の韓国併合の影響による国民感情を害するとして、日本の漫画や映画、音楽など、大衆文化を法令で規制してきた。

韓国での日本大衆文化の流入制限

韓国で日本映画のリメイクがブームになっている今、「自国文化の保護のため」はもう理由にならない。
日本では韓国語の歌もドラマも自由に放送できるのに、韓国はそれを禁止しているというのは不公平だ。

文大統領が「未来志向の韓日関係」を目指すなら、まずは日本文化の全面解禁から始めたらしい。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。