むしろご褒美?米刑務所で、残酷な密猟者に「バンビ鑑賞命令」

 

アメリカの密猟者がシカ数百頭を殺した!
ということぐらいなら、国際的なニュースになることはない。

でもAFPの記事(2018年12月18日)によると、この密猟者は残酷だった。

地元検察官によれば、被告らはシカを娯楽目的の狩猟で違法に殺していた。犯行は「夜間を中心に頭部を目当てに行われ、胴体は置き去りにされた」という。

シカ数百頭密猟、男に刑務所で『バンビ』の鑑賞命令 米

 

この件で世界的な関心を集めたのは、密猟ではなくてその後の「バンビ鑑賞命令」。
裁判で有罪判決を受けたこの男たちは、これから刑務所で月1回以上、ディズニーの名作アニメ「バンビ」を観ることが命じられた。

これは刑罰というより、ご褒美では?

この映画では、母鹿がハンターに殺されて小さなバンビがそれに寄り添うシーンがある。
映画史に残るバンビの感動シーンをくり返し観ることで、密猟者に罪を悟らせるというねらいなのだろう。

やっぱりこれは、刑務所生活の息抜きでは?

 

でも、鹿の涙で更生するかもしれない。
実際そういう人に会ったことがある。

知り合いのおじいさんの家に行ったときに、その人から鹿狩りをやめた理由を聞いた。
山に住んでいるそのおじいさんは鹿狩りを趣味にしていた。
そのあと食っていたから、鹿狩りは生活の一部でもある。

一匹か数匹か忘れたけど、とにかく犬を使って鹿を追いつめ、銃で撃ち殺す。
そんな鹿狩りをしていたある日のこと。
いつものように逃げ場のない場所に鹿を追いつめた。
犬に吠えてられ、鹿はおびえて動けない。
おじいさんは慎重に銃をかまえる。
でもそのとき、銃口の先に光るものが見えた。
鹿の大きな目に涙が浮かんでいたのだ。

「だから何だ?」とじいさんは引き金をひいて、山に銃声がこだました。
という鬼畜なじじいではなく、「こんなことが本当にあるのか」と目を丸くして全身から力が抜けていく。
鹿が山中に消えたあと、信じられない思いで帰路についた。

ひょっとしたらそのとき、目にホコリか何かが入って涙が出たのかもしれない。
花粉症の鹿だったかも。
でもおじいさんは、死への恐怖と絶望の涙と理解した。
それ以来、引き金をひけなくなってしまった。

一緒に話を聞いていたアメリカ人は「鹿には知能と感情があるんだ。日本人がクジラを食べることにオレが反対する理由もそれなんだ」と言う。

だから名作バンビも、アメリカ人密猟者の心を打ち砕くかもしれない。
事実は小説より奇なり、ということが静岡の山中でおこったのだから。

 

旅行に出かける予定はありませんか?
旅のプロがあなたに最適のプランを提案させてもらいます。
もちろん無料ですよ。

 

宿探しはブッキングドットコムからどうぞ。
大体ここが最安値なので、ボクがホテルを探すときはまずここをチェックします。

 

こちらの記事もどうですか?

タイ 「目次」

インドネシア 「目次」

ベトナム 「目次」

バングラデシュ 「目次」

シンガポール 「目次」

ミャンマー 「目次」

動物の命を奪ったら?日本・アメリカ・タイ人の宗教観の違い

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。