韓国の慰安婦問題③強制連行を否定した教授は強制土下座へ

 

最近、韓国の政治が迷走している。

11月24日の朝鮮日報にはこんな記事がある。

「国政介入:韓国最大野党代表『朴大統領は美容に190億円使った』」

パク大統領が自身の美容のために2000億ウォン(約190億円)以上を使ったという。
それが明らかになったと、野党が大統領を攻撃している。
「国民は仕事と希望を失っているのに」、大統領は国民の税金をスキンケアと美容にまわしていると。

韓国の騒ぎだから好きにすればいいけど、でもこれは本当だろうか?

コンビニバイトの「本当の時給」が280円ともいわれる国なのに。

先日、あるコンビニに面接に行くと『うちは時給3000ウォン(約280円)。働きたい奴はいくらでもいる』と言われた。働ける場所は限られているので従うしかない」

韓国現役世代に貧困の波 113万人リストラされ再就職率43%

 

やっぱり、パク大統領が美容代に190億円も使ってなかったことが分かった。

で、この野党の代表者が謝罪するハメに。

朴槿恵(パククネ)大統領に攻撃をしかけたら、すぐ謝罪会見を開いたでござるというオチ。
何やってんだかね。

 

さて、「慰安婦は、日本軍に強制連行されてはいなかった」と勇気ある主張をおこなった韓国人の大学教授の話の続きですよ。

このことを公の場で言ったこの教授は集団で殴る蹴るの暴行を受けてしまった。

でも、それだけでは終わらない。
韓国でこのタブーに触れた人間はこれだけではすまされない。

次にこの教授は、公開土下座をさせられることになった。

最終的に元慰安婦に対し、2004年9月にナヌムの家にて韓国式の土下座(地面に額を押し付け屈服の意を表明する)をした

(ウィキペディア)

 

この場で教授は「日本に協力した多くの韓国人がおり、植民地解放以降も女性たちの性の搾取が国家により行われてきたため、それを正すことが必要」と言ったのだけど、これは通じなかった。
元慰安婦らに罵倒され続けた。

この記事に写真がある。

「性奴隷」を否定した韓国人教授の勇気

 

「強制連行はなかった」と言うと、公の場で暴行を受けて土下座をさせられる。

そしてその様子を公開されてしまう。

日本から見るとあまりに理不尽に見えるけど、一般の韓国人の目にはこの様子がどう映るのだろう?

 

 

韓国の女性が日本軍によって強制連行された。

韓国人の教授は、この物語をつくったのは日本人だと主張している。

慰安婦性奴隷説を明快に否定 「こんなでっち上げを作ったのは日本人だ」と訴えるソウル大教授に学問的良心を見た

興味深いのは、李氏が「こんな話をでっち上げて作ったのは日本人だ」と述べ、朝鮮半島で慰安婦狩りを行ったと虚偽証言をした吉田清治氏に言及したことである。李氏は「吉田氏のベストセラーが韓国にも伝わり、韓国人は女性がそのように連れて行かれたと思い始めた」と語る。

 

この韓国人の言葉は、日本人として素直に受け止めないといけないと思う。
2016年の今となっては、この教授が言ったことは完全に正しかったことが分かっている。

まず、この証言をした吉田清治本人が「私が言ったことは、ウソだった」と認めている。
そして、この証言をもとに記事を書いた朝日新聞も、その記事が間違いだったと認めて謝罪した。

くわしいことは「吉田証言記事の取消」で検索してほしい。
山のように情報があるから。

 

朝日新聞だけではない。
「しんぶん赤旗」でも慰安婦の記事で誤報があったと認めて2014年、記事を取り消して紙面で謝罪している。

もう日本の新聞で「慰安婦は強制連行された」と報じることはないだろう。

でも、韓国でこれを言ったら大問題になる。
公の場で殴られて、土下座で謝罪させられてしまう。
この日韓の溝は埋められないほど深い。

 

 

いま日本大使館の前にある「少女の像(慰安婦像)」が、なかなか撤去されないことが問題になっている。

あの像の設置は違法であることは、韓国政府も分かっているはず。
だからといって、像を取り除くことは簡単ではない。

国民感情という法を越えた存在があって、これに反したら謝罪や土下座をさせられてしまう。

「正しいことをすることが正しいのだ」とは単純にはいかない。

韓国政府も像の撤去に向けて頑張っていると思う。
そう期待している。

 

 

なんで今回こんな記事を書いたか?

ボクは、日本と韓国は仲良くやっていった方がいいと考えている。
日韓の友好ためになれば、と思って記事を書いてみたわけだ。

今までこのブログでは、韓国旅行をすすめているしおすすめの韓国料理を紹介している。
けど今回のように、韓国にとって都合の悪いことも書く。

「強制連行はなかった」と言う韓国人もいる。
でも、それを言うと殴られて土下座謝罪をさせられるという現実もある。
いまの韓国社会にはそんな一面がある。

 

もちろん韓国との友好を強制するつもりもない。
仲良くなりたい人だけがなればいい。

今回の記事もふくめて、今までの記事がその判断材料になればいいと思っている。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

頑張って書いた割には不人気だった 「世界の中の日本」の目次

「日本」カテゴリー目次 ⑤ 韓国や中国から知る日本

移民毎年20万人受け入れ? 多文化共生社会を考えましょ「目次」

「Why did you come to Japan(You は何しに日本へ?)」は失礼な質問?

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。