【今度は韓国抜きで】安全保障で韓国が怖れる最悪のシナリオ

 

20世紀の前後、世界的な大帝国として孤高を守っていたイギリスが、その外交政策を破って初めてパートナーに選んだのは日本。

日本とイギリスの関係 19世紀の日英同盟と重なる21世紀のいま

1902年に日英同盟を結んだのは、南へ進出してくるロシアに共通の脅威を持っていて、それに対抗するため、自国の安全保障のためだった。
当時の日本には、外国勢力が朝鮮半島を影響下におく「朝鮮問題」が重要な課題としてあり、もし朝鮮がロシアに支配されると、日本の安全保障にとってこれは最悪の事態になる。

この「朝鮮問題」について外務省ホームページには次の説明がある。

この問題は,明治27(1894)年の日清戦争,その10年後の日露戦争という二つの戦争へとつながっていきました。そして,この二つの戦争を経て,日本は朝鮮を勢力下に置き,その後の時代,大陸へと進出していくことになります。

外交史料館

 

それからトキは流れて現在、軍事力でウクライナをコントロールしようとする暴挙が起きたことで、対ロシアを想定し、日本とイギリスが120年前ぶりにタッグを組んだと韓国で注目を集めている。
朝鮮日報(2022/05/07)

120年前のロシアけん制再び…復活する英日同盟

ジョンソン首相と岸田首相がロンドンで首脳会談を行い、両国の防衛関係者には入国ビザを免除すること、兵器や弾薬を即座に搬入できること、両国の共同軍事訓練を増やしていくことで合意した。(円滑化協定:RAA)
この「RAA」は事実上の軍事同盟に準ずるという。

「両国は同じ島国の君主制であり、民主主義国家として長く共通の立場と利害を共有してきた」
「欧州と東アジアの安全保障は不可分の関係であり、ウクライナで起こっている事態は台湾や南シナ海とも直接の関係がある」

ジョンソン首相のこの考えに、岸田首相も完全同意のはず。
あの軍事侵攻を見せられたらもう、平和ボケの夢から冷めて、国民や財産の国益を守るために日本は現実的に動き出すしかない。
日本はイギリスとの協力の次に、今度はオーカス(AUKUS)に参加するだろうと朝鮮日報はいう。
オーストラリア、イギリス、アメリカの頭文字をとったAUKUSは、3カ国による安全保障同盟で、これに日本が加わって「JAUKUS」になると。
もちろんジョンソン首相は日本の参加に前向きだ。
ほかにも日本はアメリカ、オーストラリア、インドとの戦略的同盟「Quad(クアッド)」を主導して、東アジアでの存在感や影響力を増大している。

このうえで21世紀の“日英同盟”が結ばれたことで、韓国がこの地域における「自由民主主義諸国の軍事同盟ラインから疎外される」ことを朝鮮日報は心配する。
韓国はもともと、中国をけん制するクアッドやオーカスにも入っていないのだから。

アジア太平洋地域で韓国を外し米国、日本、オーストラリア、インド、英国の5カ国による軍事協力だけで自由民主陣営の防衛が可能という最悪のシナリオが固定化しかねないということだ。

 

同じ自由民主陣営の韓国を無視して、5カ国の軍事協力だけで安全保障の話がドンドン進んでいき、体制がバンバン強固になっていくことは、韓国にとってはこれ以上ないほどの悪夢だ。
中国に近づいて、日米から離れていったのはムン前政権だったから、ユン現政権はその方向性の修正を迫られている。

ドイツ人が日本人と会うと「今度はイタリア抜きでやろうぜ」と言うかなりタチの悪いジョーク(というか都市伝説)がある。
「もう韓国抜きでやろうぜ」と言われるようになる前に、ユン政権はアジア太平洋地域で存在感をアピールできるか。
民主主義国家として長く共通の立場と利害を共有してきたのに、それを軽視したブン政権の残したツケは本当に大きい。
がんばれユンユン!いや、ユン大統領閣下!

 

 

日本人と韓国人の意見が一致!地下鉄や電車の乗り換えは韓国が上。

キスをされた日本人が悪い?外国との“文化の違い”で無罪にネット騒然。

ユニーク動画で英語を学ぼう㉞世界が驚いた「日本の7分の奇跡」

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

 

3 件のコメント

  • 韓国には中国勢力がかなり広く入っています。
    政界、文化界など随所に中国が影響を及ぼしており、特に政界に強い力を及ぼす様相です。 文氏とその一派の親中行為が代表的です。韓国で時代錯誤的な反日感情が過去より強化されたのもそのような背景のためだと思います。この雰囲気を急に変えるのはとても難しいと思います。 尹大統領は美国と日本に対する友好を増進しようと考えていますが、正しい歴史意識が不足して推進力が弱いです。

  • ま、無理でしょうね。
    任期終了間際になっても、次期大統領の得票率を上回る支持率を維持していた文大統領ですから。
    彼の成し遂げた「韓国内の反日・親中ムードの醸成」は実に大きな成果(?)であったと思います。
    前大統領を弾劾してまで韓国民が自ら選んだ大統領、これまでの大統領と違い、国会が法律を改正して「検察の捜査権を奪い去って」まで保護できるようにした元大統領、彼の事績を否定できるほどの大物がこの先の韓国にいますかね?

  • ブンからユンへ。
    文字で書くだけなら簡単ですが、中国の影響から離れて日米の自由主義陣営へ戻るのはむずかしいでしょうね。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。