日本に対する世界の評価。2018年“国家ブランド力”で初の2位!

 

韓国の人たちは、韓国に対する世界の評価や印象をメチャメチャ気にする。

そのことは前回書いたから、こちらの記事をどうぞ。

2019年、韓国に対する世界の評価や印象は?日本の結果に韓国不満?

でも、この傾向は日本にもある。
日本人も世界の視線を気にしていて、日本に対する外国人の印象を紹介するテレビ番組は数多い。

でも韓国みたいに、「国家ブランド委員会」なんてのを立ち上げて、本格的な宣伝活動をしているのだろうか?

国際社会における韓国の「地位」や「イメージ」や「国格」を向上させるための活動を体系的かつ総合的に取り組むために、大統領直属の機関として設立された。

国家ブランド委員会

韓国のことは韓国にまかせるとして、ここでは日本の「国家ブランド」について書いていこうと思う。

 

韓国メディアを見ていると、ときどき日本のことが分かる。
ボクの場合、韓国メディアの報道で日本のFIFAランキングを知ることが多い。

この中央日報の記事(2017年11月19日)は、日本の国家ブランド力を教えてくれた。

国家ブランド順位、ドイツが1位…韓国は10位圏外に

市場調査機関のGfkが発表した「2017国家ブランド指数」で、ドイツが1位、フランスが2位、イギリスが3位、カナダと日本が4位という結果が明らかになった。

この指数は、国の文化水準、輸出、移住・投資魅力、ガバナンス、観光人気度、国民親近感の6分野を総合的に分析して算出されたもの。

上の順位に、アメリカ6位、イタリア7位、スイス8位、オーストラリア9位、スウェーデン10位が続いた。
アジアでは日本が唯一、トップ10に入っている。

で、韓国はというと、上位10位にはふくまれていなかったけど、記事に「Gfkの調査対象50カ国には含まれた」と書いてあるからよかったじゃん。

 

ではこの一年後、日本はどうだったのか?

国家のブランド力を測定するアンホルト国家ブランド指数(NBI)で、日本は去年、初めて2位になっている。

観光経済新聞の記事(2018年11月3日)

国家ブランドランキング2018で、日本が初の2位獲得

上位10カ国をざっとご紹介。

1位:ドイツ
2位:日本
3位:イギリス
4位:フランス
5位:カナダ
6位:イタリア
7位:アメリカ
8位:スイス
9位:スウェーデン
10位:オーストリア

世界で日本のブランド力が高い理由は、「輸出」と「国民」によるところが大きい。
これ以外にも、「文化」、「観光」、「移住・投資」の評価が高い。
日本の足を引っ張ったカテゴリーは「統治」だった。
「国民」はいいけど「政治」はダメらしい。
2018年度版では、南アフリカ、ポーランド、フランスでの日本の認識が上がったことで、日本のランキングも上昇している。

ちなみに、韓国は総合ランキングで3つ順位を上げている。
これは何といっても、2018年の冬季オリンピック開催国だったことが大きい。
それでも韓国はトップ10に入っていなかったけど、調査対象にはふくまれているから安心してほしい。

 

おまけ

2017年にイギリスBBCが「世界に良い影響をあたえている国・悪い影響をあたえている国」のランキングを公表した。
それによると、日本は3位で韓国は9位。
おっ!ついにトップ10入りじゃないっすか!
と思ったけど、中国(7位)より下だった。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

ヨーロッパ 「目次」

韓国 「目次」

日本 「目次」

中国 「目次」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。