【日本と韓国の違い】病院の中に葬儀場がある理由

 

元KARAのメンバーで歌手のク・ハラさんがきのう自宅で亡くなった。
直前に自分の境遇を悲観するメモを残しているから、自殺とみて間違いない。
方法も28歳という年齢も衝撃的だ。
K-popに関心がないからこの歌手についてほとんど知らないけど、心よりお悔やみ申し上げます。

さて、これはその訃報を伝える朝鮮日報の記事(2019/11/26)

ク・ハラの遺族は25日午前、ソウル市江南区の江南セブランス病院葬礼式場に非公開の殯(ひん)所(出棺まで棺を安置しておく場所)を用意した。

ク・ハラさん、亡くなる前に境遇を悲観するメモを残していた

 

ここからは日本と韓国の違いについて書いていく。

韓国で驚いたことは山ほどあるけど、病院の中に葬儀場があるというのもそのひとつ。
どこの病院にもあるわけではなくて、大きな病院や大学病院にこれがある。

日本でこれはありえない。
ボクの感覚だと、病院は人を生かすところだから死は最大のタブー。
葬儀場や葬式の反対側にあるところだ。
だから病室の番号には「4」が飛ばされる場合もある。
*鉄道車両に付けられる番号でも「4」は避けられる傾向にある。

 

でも、韓国は日本にとっては鏡で、病院の中に葬儀場があることは珍しくない。
「縁起でもないにもほどがある」と不謹慎に思うのだけど、韓国人にきくと「昔からそうだから、特に気にしない」と言う。
病院は患者の命を救うところだけど、治療には限界があるから、実際には死者も生まれる。
そう割り切って考えているのか、「病院に葬儀場があれば、遺体を運ぶ手間が省けるから」という合理的な理由を話す韓国人もいた。
コスパ重視で現実的だけど、身もフタも情もない。
それは彼個人の意見だけど、「手間暇かけずに素早く進める」「遠回しなやり方より、直球勝負」という考え方は韓国では一般的にあって、この点で日本人との違いを感じることはある。

 

死者を弔う気持ちは同じだから、これは良い悪いの問題ではなくて、日本人と韓国人では死生観が違うということだ。
神道では死が穢れとされているからその影響もあって、こうした違いになって表れているかもしれない。
社会は国民の価値観でつくられるから、精神構造と社会構造は一致する。

日本では考えられないけど、弔問客を受け付ける「病院葬礼式場」は韓国社会では何の違和感もなく存在して、遺体はそこから火葬場へと運ばれる。
つまり常識の範囲内にあるのだ。

日本人からすると、誰かが亡くなって葬儀の場所が病院と聞いたら、「病院ね。ええっ!?」となるけど、韓国では驚くほうがおかしい。
当然、この逆もあって、知人の韓国人は日本で住宅地の中に墓地があるの見て、「韓国でこれないですね」とビックリしていた。
病院に葬儀場があるほうが怖いと思うのだけど。

 

 

こちらの記事もどうぞ。

国 「目次」 ①

韓国 「目次」 ②

韓国 「目次」 ③

 

2 件のコメント

  • 日韓共に遺体は火葬されますが、日本はお墓に納骨し、韓国は遺骨場に納骨されます。

    後者に関しては、ドラマなどで見たことがあります。日韓共に土葬もありましたが、今は死体遺棄で法律で禁止されています。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。