世界の不思議。外国人が思う、日本でコロナ感染が少ない理由

 

いまの日本を見て、世界がとまどっているらしい。
新型コロナウイルスの感染拡大に人類が恐怖する中で、日本の状況は明らかに“奇妙”だから。
3月28日の感染者と死者を確認すれば、それは一目りょう然。

アメリカの感染者は104,256人で死者は1,704人
イタリア:86,498人と9,134人
ドイツ:50,871人と351人
フランス:32,964人と1,995人
イギリス:14,543人と759人
スイス:12,928人と死者231人
日本:1,499人と49人

リアルタイム情報はworldometers.info/coronavirusをクリック。

 

医療技術や公衆衛生では比較的進んでいるはずの先進国の中でも、日本は感染者と死者の数がけた違いに少ない。
少しまえの日本はこの中では一番上だったけど、欧米で爆発的な感染拡大が起きる一方、日本は何とかこれを防ぐことに成功したから、いまでは“優等生”になっている。

これらの国の多くでは、軍隊(武装警官?)が動員されて市民の外出に厳しく目を光らせているけど、日本はそこまで厳格な対応はしていなくて、電車は毎日動いているし街を歩く人も多い。
厳しい外出制限をしていないのに、いま先進国が抱えている悪夢を日本は回避できている。
米紙ニューヨーク・タイムズは世界中の疫学者でもこの理由が分からないため、「当惑している」と伝えた。

共同通信の記事(3/27)

日本の状況「世界が当惑」 感染増を回避、理由分からず

ハッキリした理由は不明だから、自由に想像する余地はある。
なかには日本政府が意図的にウイルス検査を制限しているだけで、実は水面下で感染が広がっていて、「手遅れになるまで気付かない恐れがある」と述べるアメリカの専門家もいる。
もしこの通りなら、4月か5月には目に見える形で表面化するからそのとき判断すればいい。

ネットを見てみると、当惑はしていないけど、日本で感染が抑えられている理由をめぐる議論は盛んで、本当かどうか分からないけどこんな説が挙げられている。

・日本人はキレイ好きだから
・納豆を食べてるから
・土足で部屋に上がる習慣がないから
・毎日お風呂に入って、免疫力がアップされてるから
・水道水に塩素が含まれてるから
・医療や保険制度が充実しているから

このほかにも最近は、日本ではBCG注射が義務化されていたから、すでに免疫があるという説をよく聞く。
*クリリンのおでこにあるマークみたいなヤツ。
世界中の疫学者が当惑するのだから、素人に分かるはずもない。
自己責任で好きな説を信じたらいい。

 

日本で新型コロナウイルスの感染が少ない理由をどう思うか、周囲の外国人に聞くと、日本人のキレイ好き、清潔好きをこの奇跡の理由に挙げる人が多い。
例えばファミレスでアメリカ人とイギリス人と話をしているとき、店員がテーブルに消毒剤を吹きかけて隅々までふきんで拭いていたのを見て、「うちの国で庶民的なレストランなら、あそこまで丁寧に仕事をしない」と感心していた。
あるタイ人は最近、「シュッシュする」という新しい日本語を覚えた。
レストランかカフェで店員同士が「ここ、シュッシュした?」「しました」という会話をしているのを聞いて、「あれをシュッシュするというのか!」と納得したから。

インドネシア人やロシア人は日本のコンビニでおにぎりをひとつでも買うと、何も言わなくても店員がおしぼりを入れてくれるところが母国と違うと言う。
日本では屋外でも、食事前にウェットティッシュで手をふくことが常識になっている。

そう言えばきょねんドイツ人から、ヨーロッパだとレストランでウェットティッシュが出てくることは本当に少ないと聞いた。
高級店から街の食堂まで、どこの店でもこのサービスが標準装備されているという国は世界でも珍しいかも。

いまはタイミング的に特に敏感だけど、日本人はもともと清潔好きだった。
世界が当惑した状況の一因は間違いなくこれだ。
神道では心身を清浄にしていることをとても重視しているから、深いところでこの影響があるとおもう。

 

 

こちらの記事もどうぞ。

外国人から見た不思議の国・日本 「目次」

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」

世界の中の日本 目次

多文化共生社会 目次

 

2 件のコメント

  • 国民性の違いは確かにあると思います。
    イタリアの致死率の高さは、財政面からそもそも医療崩壊があるので別格ですが、欧州で感染が爆発しだした当初は、ドイツよりフランス、フランスよりスペイン、イタリアの方が感染者数が多かった。
    語弊のある言い方ではありますが、ラテン系のいい加減な国ほど数が伸びてました。
    日本人は、他人に迷惑をかけてはいけないとゆう感覚も強いし、自粛と言われれば生真面目に控える人が多いんだと思います。フランスじゃ要請程度じゃ、なぜ自由を奪われなきゃいけないんだ!って言って、しばらくセーヌ川でのんびりランチしてるような国ですから。
    そこに加えて、普段から清潔に敏感過ぎるほどの日本の環境もあるでしょうね。今回上で述べてるように、世界の中で明らかに、格段に清潔だと思います。
    その上このコロナが騒がれ出した頃から皆マスクをし、手洗いうがいを徹底してますし。その結果、毎年1000万人が感染するインフルエンザは今年は劇的に減っています。少なからず効果はあるんだろうと思います。
    しかしながらここのところ、日本でもじわじわ感染者数が増えています。渋谷とかのインタビューでは、自粛が中途半端だ禁止にすれば出歩かないのに…って、当事者意識ゼロ、無責任で自分が外出するのは人の(行政の)せいってゆうヘラヘラした若者のコメントをいくらか見ました。情けなく思います。
    エボラやペストじゃあるまいし、確かに過度に恐れる必要はありません。ただ欧米の状況をみれば、慎重にはなるべきだと思います。

  • どこの社会にも例外はいますが、日本人は指示をよく守ります。
    阪神大震災や東日本大震災のとき、社会がパニックにならないし強盗や窃盗が少なくて外国メディアが驚いていました。
    ふだんからの心掛けや教育が大事です。
    でも最近は感染が増え始めて不安ですが。
    わたしの住む浜松でもついに感染者がでました。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。