韓国を知りましょ! 「韓国カテゴリー」 目次 ①


 

今日の一言

「日本人は殊の外読書を好む。平の兵卒でさえも、見張りのときもほとんど休みなしに本を読んでいる(ゴロウニン 江戸時代)」
「日本俘虜実記 (講談社学術文庫」

 

IMG_6482

 

平和を考えた① 日本と韓国はここが違う!「どんな戦争も悪だ。絶対にしてはいけない」って韓国人に言えますか?

この考え方に賛成ですか?
「平和の敵は、戦争だ。そして、戦争に『良い戦争』も『悪い戦争』もない。すべての戦争は悪であって、絶対にしてはならない」。
でも、外国人と話をすると、この考え方が正しいか分からなくなる。
例えば、韓国人の大学生から「自殺はいけませんね。軍に入った以上は、自分の命は国のものですから」と言われたとき。

 

平和を考えた②  日本と韓国はここが違う。ボクは、韓国人の気持ちを共有できない。

「これは、絶対に許せないことです。このニュースを聞いたとき、私は、怒りで体中が熱くなりましたよ」という韓国人の友人は言う。
でも、日本人のボクには、彼と同じ感情をもち、その気持ちに彼と全く同じように共感することはできなかった。
以前からの付き合いで、「同じ人」として楽しく過ごしていても、やはり、見えない「壁」はあるのだと実感した。

 

平和を考えた③  「日本では決して味わえない、韓国での20分間の体験(前編)」

韓国では、毎月15日は「民防衛の日」になっていて、軍事避難訓練を行っている。これは、日本では絶対にない20分間の体験だ。
韓国でおいしいものを食べたり買い物をしたりするだけでは、気づかない韓国がかかえている深刻な問題がある。
このことから、韓国が世界で唯一の「分断国家」であることに改めて気づかされる。韓国は、近くて遠い国だと思う。

 

平和を考えた④ 「日本では絶対にない、韓国の『民防衛(軍事避難訓練)』(後編)」

韓国といえば、グルメと買い物のイメージがあるけど、毎月15日には、そうした韓国とはまったく別の一面が見られるという。
「民防衛」という、日本では考えられない軍事避難訓練が行われている。
車両はすべてストップし、人も大通りを歩くを禁止される、敵の攻撃が開始したり空襲中であることを報せるサイレンが鳴り響く」という状態に韓国が包まれる。

 

平和を考えた。⑤ 「韓国の失敗『太陽政策』」

「軍での自殺は、いけません。軍に入ったら、命は国のものですから」という韓国人の友人の言葉を聞いて、びっくりしてしまう。
けれど、韓国が北朝鮮から受けてきたことや実際に韓国人が感じている脅威を知ると、何も言えなくなってしまう。
韓国は過去に「太陽政策」という平和的な手段による南北問題の解決に当たってきたことがある。しかし、それは、失敗だった。

 

平和を考えた。⑥ これでも、韓国人に「戦争は絶対にダメ!」と言えますか?

「戦争は、絶対にダメ!」と思っていても、韓国の歴史や韓国人の思いを知ると、そう強くは言えなくなる。
韓国の憲法では、国を守ることは、国民の「神聖な義務」であると、はっきり書いてある。
日本の憲法で、国を守ることを「神聖な義務」と明記することは、考えられない。
日本と韓国では、国の安全保障という面では、価値観や常識があまりに違う。
また、平和を考えたとき、天皇陛下のお言葉も、忘れてはいけないだろう。

 

旅の日程と「あんた、韓国行くの?チメクを食べなさい!いい?絶対よ

「韓国に行ってきます!」と行ったら、韓国通のアメリカ人に勧められた。
「あんた、韓国行くの?チメクを食べなさい!いい?絶対よ!」{勧められたというか、脅された。
あと、日本の餃子のふるさとの満州で、餃子も食べなきゃ。
それに、大連では「生きてる明治村」を見てみたい。
今回の旅は、やることがたくさんありそうだ。

 

韓国人・台湾人「日本人の割り勘は嫌いです。ケチです。情けないです」

外国人の友だちに、よくこんな質問をする。
「日本人の嫌なところを教えて」
すると、30歳くらいの韓国人と台湾人からは、同じ答えが返ってきた。
「日本人の割り勘が嫌いです」。
韓国人の友だちは、「ケチ」と言う。
台湾人の友だちは、日本人が、食後にスマホ取り出して、合計金額を人数で割っているのを見ると、「情けない」と言う。

 

外国人「日本人はケチだから、嫌いです」。おまえらの金銭感覚がだなあ・・・。

ここでまとめると、こんな金銭感覚がある。
台湾人と韓国人は、「割り勘は敵」という金銭感覚。
タイ人やインドネシア人は「貯金は敵」という金銭感覚。
日本人は、割り勘は当たり前、貯金は頼もしい味方・美徳という金銭感覚。
イギリス人は、日本人とインドネシア人の中間の金銭感覚。
ボクがいろんな外国人とつき合って感じたのが、こんなもの。

 

ヨーロッパ中心主義というバカな考え・日本とポルトガルの関係

ヨーロッパ人が自分たちの都合で勝手に決めて地図に引いた線が、そのまま現実の国境になった。
これも、ヨーロッパ中心主義だ。
韓国の英雄、李舜臣とは、「中国皇帝舜の臣下」という意味になる。
これも、当時の朝鮮人の価値観を示している。
でも、こんなことは、韓国では教えらていない。これは、現在の韓国人の価値観を示している!!

 

日本の特徴 民族宗教(神道)が世界宗教(仏教)と仲良し!

世界の多くの国では、世界宗教が来たら、人びとはそれまで信仰していた宗教(民族宗教)からその世界宗教に移ってしまう。
例えば、お隣りの韓国をみると、仏教が来る前にあった宗教(信仰)が、今ではほぼ姿を消している。
ただ、「ムーダン(巫堂)」と呼ばれる民間信仰はある。

 

明治、日本人はカレーにカエルを入れていた。日本と世界の食文化。

韓国や中国には、犬を食べる食文化がある。
日本とは、食文化が違うというだけ。
と言いたいところだけど、日本人も「仲間」だった。
今の日本では考えられないけれど、江戸時代には、日本人も犬を食べていた。
この食習慣に大きな影響を与えたのが、5代目将軍の徳川綱吉(つなよし)が出した「生類憐(しょうるいあわれ)みの令」になる。

 

ランキングに参加しています。 良かったら、下のボタを押してください。




ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。

folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ「英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的なことを書いています。


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す