いま日本国民の考えは?憲法を改正するか、維持するべきか

 

きょう5月3日は憲法記念日だ。

1946年11月3日に日本国憲法が公布されたからこの日は「文化の日」、そして半年後の1947年5月3日に施行されたことでこの日が憲法記念日になっている。
ということで、たまには憲法について考えてみましょうか。

ちなみに5月3日はポーランドの憲法記念日でもある。
1791年のこの日、ポーランドでヨーロッパ初(世界でもアメリカに次いで2番目)となる近代的成文憲法が成立したことで、日本と同じように5月3日は祝日になっているのだ。
興味のある人はここをクリック。

ポーランドでは、この憲法にみられる民族や社会階級によらない真の民主主義精神はポーランドの歴史と文化にのみならず、全人類の歴史において最も優れたものとみなされているが、これはうぬぼれではない。

5月3日憲法

 

5月3日の前後は憲法を変えるべきかどうかの議論が最も盛んになるシーズンで、令和二年もそれは同じ。
各種報道を見ると、いま憲法改正を前向きに考えている国民が多い。

共同通信の記事(4/29)

緊急事態条項の賛否二分 憲法改正「必要」は61%

世論調査の結果、「どちらかといえば」もふくめれば61%の人が憲法改正に肯定的。
全ての質問項目が載ってないから分からないけど、もし「無回答」と「どちらともいえない」があったら護憲派はわりと劣勢にいる。

 

NHKが行ったアンケートでも改正派のほうが多かった。(2020年5月2日)

憲法改正 必要ある32% 必要ない24% NHK世論調査

いまの憲法を「改正する必要があると思う」と答えた人が32%、「必要はないと思う」は24%と前者が優勢なものの、一番多い層は「どちらともいえない」の41%だからどっちに転ぶかは分からない。
その意味でいまは過渡期か。

NHKが同じアンケート調査をおととしに行ったときは「必要があると思う」が29%、「ないと思う」が27%と賛否がほぼ同じだったことと比べれば、いまは改正への機運が高まっていると言える。

ただ今回の調査で、戦争の放棄や戦力の不保持を定めている憲法9条について聞いたところ、「改正する必要があると思う」が26%、「ないと思う」が37%という結果だったから、9条は手を触れてはいけない聖域と考える人が多いようだ。
憲法9条を「評価する」という人は75%ととても高い。

 

改正派が増加した結果を受けて、NHKの報道で関西学院大学の井上武史教授が「新型コロナウイルスの問題に対し、今の憲法が、十分に対応できてないという疑問を持った人が増えたことが影響したのではないか」と指摘する。
じつはいま、こういう見方が増えているのだ。
次回、新型コロナが日本人の憲法観を変えているということについて書いていきます。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

シャリーア(イスラーム法)とは?日本の憲法と法でご説明。

日本と韓国の違い:平和について戦争と憲法から考えてみませんか?

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

頑張って書いた割には不人気だった 「世界の中の日本」の目次

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。