イラク人から見た日本は「とても平和で、森と水の美しい国」

 

日本に興味のある外国人が集まるSNS上のコミュニティであるとき、「わたしは日本語を勉強します」というイラク人が友だちを募集していた。

イラク!
これまでいろいろな外国人と直接、またはネットを使って話をしたきたけどイラク人はなかった。
海外旅行で行イラクに行くことはないだろうし、浜松に住んでいるイラク人の話なんて聞いたこともない。
「希少種!」(いや失礼)と思って、さっそくそのイラク人に日本語と英語でメールを送ってみたわけだ。

というとで今回は、イラク人から見た日本について書いていこうと思う。
自宅でかっぱえびせんをつまみながら、イラク人とコミュニケーションをとることができる。
21世紀ってスバラシー。

 

 

でもまずはイラク共和国について知っておこう。

面積:約43.83万平方キロメートル(日本の約1.2倍)
人口:約3,843万人(2018年)
首都:バグダッド(人口約700万人~800万人)
民族:アラブ人(シーア派約6割,スンニ派約2割),クルド人(約2割,多くはスンニ派),トルクメン人,アッシリア人等
言語:アラビア語,クルド語(共に公用語)他
宗教:イスラム教(スンニ派,シーア派),キリスト教他

外務省ホームページの「イラク共和国Republic of Iraq」から。

世界四大文明のひとつ、メソポタミア文明はいまのイラクで栄えていたのだ。

 

メソポタミアの古代都市バビロンの遺跡

 

イラクの子ども

 

そもそもなんでイラク人の彼が日本に興味を持ったのか?
メールでたずねたところ、こんな返事がきた。

「I get interested in Japan couse a lot of things especially Japan is very peaceful country and beauty of nature and calm country.and there is a lot of work to do in Japan.Japan is my favorite county since I was child Couse I like the technology and science」

まー文法の間違いはあるけど、言いたいことはわかるから無問題。

日本はとても平和で、自然が美しくて気候も穏やかな国だから興味を持った。
*calmは気候のことだと思う。
それに仕事もたくさんある。
日本は先進的な科学技術を持っているから、子供のころから好きだった。

 

つまり、このイメージをひっくり返した国がイラクなんだろう。

確かにイラクと日本の最大の違いは平和だと思う。

 

外務省の危険情報を見ると、イラク全土がかなりのデンジャーゾーン

 

ちょうどいまはラマダン中で、「ラマダン月に伴う注意喚起」として外務省がこんな注意を呼び掛けていた。
*ラマダンとはイスラーム教の神聖な月で、ムスリムはこの期間中、断食をすることになっている。

【車両突入の場合】

●ガードレールや街灯などの遮へい物がない歩道などでは危険が増す。
●歩道を歩く際はできるだけ建物側を歩く。

 

【爆弾,銃器を用いたテロに遭遇した場合】

●爆発,銃撃の音を聞いたらその場に伏せるなど直ちに低い姿勢をとる。
●頑丈なものの陰に隠れる。
●周囲を確認し,可能であれば,銃撃音等から離れるよう,速やかに,低い姿勢を保ちつつ安全なところに退避する。閉鎖空間の場合,出入口に殺到すると将棋倒しなどの二次的な被害に遭うこともあり,注意が必要。

 

日本でこういう注意が出てくるのは、ゴルゴ13やヨルムンガンドのような漫画やアニメの世界だけど、イラクではこれがリアル。
現実に何度もテロ事件が起きているから、日常生活を送る上では、こんな知識を頭に叩き込んでおいて自分の身は自分で守る必要があるのだろう。
日本でも「命を守るための行動」はあるけど、それは自然災害への備えであって、テロ事件を想定したものではない。

 

イラクといえば2002年の日本人人質事件と、2004年に香田証生さんが殺害された事件が記憶に新しい。
アルカイダ系のテロ組織がイラクを訪れた香田さんを拉致し、日本政府に対して48時間以内にイラクから自衛隊を撤退するよう要求し、応じなければ殺害すると脅迫した。
「テロリストの要求には応じない」というのが国際社会のルールだから、日本がこれを拒否すると、首都バグダードで首を切断された香田さんの遺体が発見された。
くわしいことはここをクリック。

シーア派の有力聖職者マード・アルワイリ師は香田が武装グループに拉致され、殺害されたことについて哀悼の意を表した。

イラク日本人青年殺害事件

「証生とは生きる証」ということを語っていたご両親が気の毒すぎる。

 

 

イラク人の彼はアニメがきっかけで日本に興味を持って、主にユーチューブ動画を見ている。
彼が持っている日本についての知識やイメージは、アニメとネット動画から得たものがほとんどで、新幹線や東京・大阪の街並みを見て日本の先進性とそれを支える技術力に感心したという。

それと彼にとって、とても印象的だったのが日本の自然だ。
ほぼ全土が砂漠気候のイラクと、国土の70%が森林という日本はまさに鏡の国同士。
イラクは基本的に一年中乾燥していて、5月~10月は特に雨が降らない。
そんなイラクに住んでいる人からすると、日本には緑豊かな自然があって、海や川の水がまぶしいほど美しい。
アニメや動画の中の日本だから、特にキレイに表現されているとは思う。

ということで今回イラク人から聞いた話をまとめると、日本はとても平和で先進的で、森と水からなる美しい国だった。

 

彼が住んでいるところにある遺跡「Al Malwea

 

 

外国人の質問「すしを食べるのは箸か素手か?」の答え

外国人から見た不思議の国・日本 「目次」

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」

反論できる?「日本人が、外国人の日本料理をインチキと言うな!」

世界の和食ブーム!本物の日本料理で、海外の偽日本食と勝負!

ヨーロッパ 目次 ③

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。