【韓国の現状】反日をあおる民族主義、批判すれば土着倭寇

 

日本との約束を破っても、国際法に違反してもそれを正さず、反日的な態度をむき出しにする文大統領。

そんな文氏に怒っているのは日本だけじゃなかった。
ユン・ピョンジュン教授(どの分野か知らんけど) は戦後75年が過ぎたいまでも、「反日民族主義は続いている」と文政権を批判する。

政権による「官制民族主義」によって、「韓日関係は崖っぷちに立たされた」と因果関係を正しく把握する教授は、支持率アップに国民感情を利用する政権と韓国の現状をこうなげく。

朝鮮日報(2020/10/25)

政権支持率の絶対兵器である官制民族主義は、民心に根差した反日感情と爆発的な相乗作用を呼び起こしている。反日民族主義を批判すれば、土着の倭寇というレッテルが貼られ、やがて生き埋めにされる。

【寄稿】反日・従北の民族主義が大韓民国を脅かす

 

「反日愛国」は韓国社会の大きな正義。
だからこれに反対すると、「土着の倭寇」(日本寄りの韓国人、民族の裏切り者)のレッテルを貼られて社会的に抹殺されるという。
これはけっして誇張表現ではない。

反日民族主義の例として、ユン教授は最近の韓国でよく行われている「日本帝国主義の残滓(ざんし)の清算」を挙げる。
いまも社会に残る日本統治時代の影響を韓国は「日帝残滓」と呼んでいて、これを見つけて除去することが清算になる。
まあ社会的なデトックスだ。
残滓とは残りカスのことだから、日本時代の文化や文物は「汚れ」のようなもので、これを浄化して韓国の“純粋性”を復活させるのは社会的な正義だ。
悪を排除して正義を実現するのはすごく気持ちがいい。
だから、正義を主張する文政権の韓国では日帝残滓の清算がブームになっている。

 

とはいえ韓国にある「日帝残滓」はぼう大だ。

科学、技術、権利、義務、大統領、首相、長官といった韓国人がよくつかう言葉は、元は日本語で残滓になるから、これらを清算すると代わりの言葉が必要になる。
韓国の学校で行われている「運動会」や「修学旅行」、韓国通貨の「ウォン」も日帝残滓なんだから、すべてを韓国社会から根絶するのは不可能だろう。

 

ユン教授によると近ごろの韓国ではこんな動きがある。

・統治時代の日本に協力的だった「親日派」の韓国人がつくった中学や高校の校歌を変更した

・国民的作家のチョ・ジョンレ氏が「150万人に上る親日派を全て断罪しなければ、この国に未来はない」、「民族の精気のために反民族特別委員会を復活させ、民族反逆者を処罰すべきだ」と国民に呼びかけた。

・「幼稚園」という呼び方は日帝残滓だから、「幼児学校」に変えようという動きがいま盛んになっている。

「民族とは想像された共同体」という主張があって、それによると民族が民族主義をつくったのではなく、民族主義が民族をつくった。
つまり先に思想があって、民族はそれによって形成される。
民心に根差した反日感情を刺激するこうした動きによって、これまで以上に反日愛国の強化された新しい「韓民族」をつくってしまう危険性がある。

ただ日本人のボクとしては、民族主義を批判する教授も「血統と言語を共有する5000年の白衣民族を誇る韓国人」と言っちゃうところに民族主義とやらを感じるのだけど。

 

国民の愛国心を刺激するのは、「政権支持率の絶対兵器」というほど政権に大きなメリットがあるから、文大統領はこれを多用する。

ユン教授はそんな政権が嫌いで感情があおられた結果、国民は盲目になるという。

・反日・従北民族主義は、国と市民的自由を脅かす。反日民族主義は時代錯誤的であり、従北民族主義は歴史の反動だ

・感傷的な民族主義は、厳しい国際政治に対する冷徹な認識を妨げる

こんな正論を言われたら、同意するしかないじゃないか。
でもこんなふうに官制民族主義の空気に異を唱えると、「土着倭寇」というレッテルが貼られ、やがて生き埋めにされるのがいまの韓国。

 

 

こちらの記事もどうぞ。

国 「目次」 ①

韓国 「目次」 ②

韓国 「目次」 ③

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ①

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ②

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ③

 

6 件のコメント

  • >ユン・ピョンジュン教授(どの分野か知らんけど) は戦後75年が過ぎたいまでも、「反日民族主義は続いている」と文政権を批判する。

    韓国の反日思想・活動は「民族主義」じゃないですね。
    あれを「民族主義」であるとしたら、他国に存在する本当の民族主義者たちに失礼ではないですか?
    「民族主義者」はどこの国・どの民族にもある程度は存在します。ただし彼らの主張は自民族に対する誇り(ディグニティ)を掲げるものです。決して、多民族を攻撃したり侮蔑したりすることが中心ではない。そんな行為から自民族に対する誇りは得られません。
    その点、まさに、イ・ヨンフン教授が著作で名付けた通り「反日種族主義」という命名が正確であると思います。(韓国語原題でもその両者の違いが表現されているのかどうか、知りませんが。)

  • 日本が整備した数々の社会インフラや公衆衛生、埋もれていたハングルの発掘どころかそれによって増えた人口も日程残滓だな。

  • 韓国人が日本を嫌う最も大きな理由は、美しく平和な朝鮮の滅亡が邪悪な日本のためだと考えているからです。
    しかし、実際には朝鮮はそんなに美しい国ではなく、519年間、中国の収奪と王室、官僚の腐敗により、全く発展しないまま国全体が滅びていきました。
    しかし韓国は、平和を愛する東方の美しい国、朝鮮を凶暴な日本が強制的に占領したという風に教育しています。

  • 韓国社会に流布している「歴史」は想像によって作られるものが多いと思います。
    これが韓日関係に悪影響を与えているので、事実に基づいた歴史観を持ってほしいです。

  • 「なぜ日本に併合されなければならなかったのか」について、朝鮮の問題を見ずに日本の強制占領だけを強調することで、日本に対する敵愾心だけ植え付けています。亡国の原因を日本のせいだと決め付けているのです。
    あんな考えでは韓国の発展を期待することができません。

  • >日本に対する敵愾心だけ植え付けています。亡国の原因を日本のせいだと決め付けているのです。
    この見方は韓国社会では常識になっていますね。
    でも、あなたのような見方をする人がいるのは心強いです。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。