【Spring roll】邪気払いで、春の植物を食べるから「春巻き」

 

政治的には中国との関係は良くなったり悪くなったりと浮き沈みがあるけれど、むかしから中国料理の人気は安定している。
数ある中国料理のなかでも、日本でトップクラスの人気を誇るのが春巻き。
ウマイしや安いし、冷凍食品なら超簡単に作れる春巻きは弁当のおかずの定番だし、レストランの多国籍バイキング料理では、中国料理の代表としてこれと麻婆豆腐が鎮座していることはよくある。

この料理名は「春を巻く」という意味なんだが、なんで冬や夏ではダメなのか?
それは他の季節に対する差別では?
春巻きは英語でも「Spring roll」というから、まえにイギリス人から「なぜ春?」と質問されたことがある。
そんなもん知らんがな。と思ったけど、その由来を調べてみたら「春を巻く」という名前にはちゃんとしたワケがあった。

結論からいうとこれはもともと春のはじめごろ、芽吹いた植物を巻いて食べる料理だったから。

元々は、立春の頃に新芽が出た野菜を具材にして作られたところから「春巻」と名付けられた。

春巻き

 

中国では季節と季節の境いとなる日を「節句」という。
五つの節句(五節句)はとくに有名で、これが日本にも伝わって桃の節句や端午の節句、七夕を祝う習慣はいまでもある。
節句はもともと邪気を祓うという目的から始まったといわれる。
くわしいことはこの記事を。

日本に残る「五節句」の影響・中国人が感じた日中の違い

 

立春のころは節句でいえば中国の正月である「春節」にあたり、春の新芽を食べることには、季節の旬の植物からエネルギーをもらって邪気を祓うという意味があるのだ。
緑の食材には、冬に体内に蓄積された毒素を出す効果があると中国では考えられていたという。(いまもそうかも)
むかしの中国人は春になって出てくる植物に、瑞々(みずみず)しい生命力を感じたのでは?
春節に春巻きを食べる習慣はいまでもある。

日本で餅を食べるように、東アジアの大体の地域では年糕という餅を食べる。ほか、春巻や湯円なども食す。

春節 

 

日本でいえば「人日」の節句(1月7日)に、体に良い春の七草(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)を食べるようなものだ。
ちなみにいまの時期には、秋の七草(ハギ,オバナ(ススキ),クズ,ナデシコ,オミナエシ,フジバカマ,アサガオ)がある。

ウマイ、安い、簡単に作れるというメリットのほかに、春の生命力を吸収するという意味が加わるとなると、春巻きの人気はさらに鉄壁。
邪気払いという縁起の良い由来を考えたら、花見や春のピクニックには最適解の一品だ。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

日本料理(和食)と中国料理の違いとは?その特徴や独自性。

歴史から見る日本の食文化の変化・世界との違いは「天皇」

旅㉑おにぎりをめぐる日本と中国・韓国の食文化のちがい

国連もおすすめ!人類を救う昆虫食。外国人はもう食べている。

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。