外国人と花見②ベトナム人から見た桜や日本人の印象は?

 

日本はどんな国なのか?

外国人からそうきかれると、「豊かな四季がある国」と答える。
同時に日本は自殺者の多さで世界的に有名だから、「身近に死期がある国」なんてブラックなことをいつか言ってみようとたくらんでいる。

それはいいとして、話は日本の季節ですよっと。
春夏秋冬のある国はたくさんあるけど、「桜、新緑、紅葉、雪」と季節がはっきり分かれているのは日本の大きな特徴だ。
だから日本人はむかしから自然を大事にしてきた。
明治時代に来日したイギリス人ラフカディオ・ハーンはそのことに驚いている。

いったい、日本の国では、どうしてこんなに樹木が美しいのだろう。西洋では、梅が咲いても、桜がほころんでも、かくべつ、なんら目を驚かすこともないのに、それが日本の国だと、まるで美の奇跡になる。

「日本賛辞の至言33撰 (ごま書房)」

 

「日本ワスバラシイー!」と言う外国人は明治からいた。だからいまだけの現象じゃない。

では、現在はどうなのか?
平成のいまでも、日本にいる外国人は日本の自然を見て「まるで美の奇跡」と感じるのだろうか?
前回に続いて、外国人が感じた桜や花見の印象を見ていこう。

外国人と花見①イギリス人や台湾人の桜や日本人の印象は?

 

ラフカディオ・ハーン(日本名:小泉八雲)
「雪女」「ろくろ首」「耳なし芳一」などの怪談を書いた。

 

今回話をきいたのは、今年3月に日本へ来たばかりというベトナム人。
彼はFacebookに「My first SAKURA season」と題して、下のように日本で見た桜の風景を山もりのせていた。

 

 

 

ベトナムでも「サクラ」という日本語は有名で、それだけでみんな分かるらしい。
だから、「SAKURA(Cherry Blossoms)」なんて面倒くさい説明はいらない。
SAKURAはいま世界の共通語になりつつあるのだ。
といっても彼は20代だから、年上の世代にも「サクラ」で通用するかは分からない。

ちなみにベトナムはフランスの植民地だったから、おじいちゃん・おばあちゃん世代では英語よりフランス語のほうが通じるらしい。

日本の桜のことはベトナムにいたときから知っていたけど、本物の桜を見るのも花見をするのも、彼にとっては今回が初めて。
感想をきくと、日本の桜は思っていたより大きな木で、花はとてもきれいだと言う。
こんな木を育てるには手間やお金がかかるから、ベトナムでは有料の植物園で見るイメージがあるらしい。
でも日本では、桜が特別な場所ではなくてそこらじゅうにある。
近所の公園や川沿いとか、街のいたるところに目を引くような桜が咲いているから、そういう「あたりまえ」に彼は驚いていた。

ちなみにアメリカやイギリスでは、公園でお酒を飲むことを法律で禁止しているところがあるけど、ベトナムではそういう規制はない。
だから公共の場所で飲酒をすることは珍しくないけど、桜の木の下で食べて飲んで話す、という体験は「日本ならでは!」という特別な印象を持ったとか。

 

 

 

彼が上のような桜をSNSにアップすると、知人・友人がこんなメッセージをよせていた。
*日本語は機械翻訳

Đẹp và yên bình quá
とても美しくて平和

Đẹp như tranh
写真のように美しい

「いったい、日本の国では、どうしてこんなに樹木が美しいのだろう」という外国人の感想は、明治も平成も令和もきっと変わっていない。

 

 

ベトナムを旅行していたとき、首都ハノイでお世話になったガイドが「ベトナムにも桜はありますよ」と言っていたのを思い出したから、メールで聞いてみたらこんな返事がきた。

Cherry blossom is similar to JP sakura, a bit smaller and more pink.

ベトナムの桜は日本のものと似ているけど、少し小さくてピンクが強いらしい。

Cherry blossom is decorated in almost houses. That brings spring atmosphere into home

ベトナムでは下のように、家の中に桜を飾って春の雰囲気を楽しむという。

 

ということは、ベトナムの花見は宅飲みか?

 

こちらの記事もどうぞ。

カリブ人から見た日本「自転車が盗まれないってウソだろ?」

外国人から見た不思議の国・日本 「目次」

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」

世界の中の日本 目次

多文化共生社会 目次

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。