【もはや差別】韓国で進む排除、「日本人はお断り」の店も登場

 

韓国与党が会議(党・政・青協議)を行う会場の壁には、「民生平和の正義国民と共に新たな100年」という横断幕があった。
でも日本が韓国への輸出管理を強化したあと、「今日の大韓民国は違います。もう負けません」という言葉にかえられた。

くわしいことは中央日報の記事をどうぞ。(2019年08月05日)

韓国与党「日本の核心産業打撃与える品目、自動車など3~4品目圧縮」

 

日本政府が今回、輸出手続きの簡略化を認める「ホワイト国」から韓国を除外せざるを得なかった理由のひとつに信頼関係の低下がある。
たとえば韓国は、日本が話し合いを求めても応じてこなかった。
これは世耕経済産業相のツイート。

 

徴用工訴訟での日本企業への賠償命令という国際法違反に、慰安婦合意を実質的に破棄したという日本との約束違反。
韓国側のたび重なる背信行為によって、日韓の間の信頼関係は低下した。
消滅したと言っても間違いではない。
そんな自分たちの非には目を向けず、「今日の大韓民国は違います。もう負けません」と日本との対決姿勢を鮮明にしているのがいまの韓国文政権。

政治家が日本への対抗心をあおるから、国民もそれに呼応して、日本製品の不買運動や日本のすべてを拒否する「ノーノージャパン」という運動が全国的に広がっている。

「目には目を」のハンムラビ法典のように、排除には排除で対抗する例もある。
10月に行われる「2019 ソウルマラソン大会」のスポンサー企業から、ミズノを除外することをソウル市がきめた。
いまの韓国市民の反日感情からすれば、日本企業の参加は認められないらしい。

毎日新聞の記事(2019年8月5日)

輸出規制強化に反発する市民の対日感情を考慮したとしている。ミズノは13年からこの大会の協賛社だった。

ソウル市、10月マラソン協賛からミズノ除外 対日感情考慮

 

約1万人のランナーが参加するこの大会では、ミズノのロゴがデザインされたTシャツが記念品として配られることになっていた。
これがミズノ除外によって、韓国の業者がデザインしたものに変更されるという。
気に入らない存在は徹底的にハブるという小学生のいじめのようだけど、首都ソウルは本気だ。

 

日本の商品や企業を排除することはまだ分かるとしても、日本人を排除するのは一線を越えている。

朝日新聞の記事(2019年8月3日)

韓国デモ激化、ドラえもん上映延期 日本人入店拒む店も

韓国に関心のある人なら、いま彼の地では、連日のように反日デモが行われていることは知っているはず。
上の朝日新聞の記事によると、「安倍政権を糾弾する!」「日本に行かない! 日本(製品を)買わない!」「第2の独立運動だ!」と叫ぶデモ活動に小学生も参加している。
笑顔でプラカードをかかげる子供たちを見ると、まるで祭り会場にいるようだ。

別のデモの様子をユーチューブで見たとき、楽しく軽快な音楽に合わせて踊る人もいたから、こういうデモにはエンターテイメントの要素もあるかもしれない。
でもこういう活動によって、映画「ドラえもん のび太の月面探査記」の公開が無期限延期になったことを子供たちが知っているかどうか。

日本のビールや衣類、会社を排除するならまだしても、これはもはや差別だ。

韓国南部の釜山では「日本人 立ち入り禁止」の貼り紙を掲げる飲食店が登場した。女性店員は朝日新聞の取材に、1週間余り前から貼り出したとし、「韓国政府の立場を応援するのは当然。国民が団結しないと」と語った。

「日本人はお断り」という貼り紙に子供が共感しないといいのだけど。

 

とはいえ、韓国国民の声はひとつだけではない。
政治的対立と経済や文化交流を分けて考え、国民に冷静さを求める声もある。
でも、「今日の大韓民国は違います。もう負けません」と迫られたら、そんな声はかき消されるだろう。

でも韓国のすることにはオチがある。
8月2日に日本が韓国を「ホワイト国」から除外した直後、韓国の与党議員が「和食の店で酒を飲んで会食していた」と報道された。
これを野党から批判された与党「共に民主党」は、「日本の酒ではなく国内産の清酒だ」と反論したという。
ということは結局、和食の店には行ってんじゃん。
日本料理店で「今日の大韓民国は違います。もう負けません」と決意を固めるのが韓国の政治家らしい。

 

ここから宿の予約ができますよ。

 

こちらの記事もどうぞ。

日本で「韓国を信頼できない」の割合が過去最高。その原因は?

国 「目次」 ①

韓国 「目次」 ②

韓国 「目次」 ③

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ②

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ③

 

2 件のコメント

  • 韓国ネタが面白くてついついコメントしてます。
    きっとその和食屋さんはオーナーが韓国人です。 海外に行くと日本食レストラン・すし店のほとんどが中国・韓国人オーナーだそう。 我が国が一番と言っておきながら金儲けになると簡単にプライドも捨てる。
    中国で全体的に反日活動された時はさすがに日本もちょっと困りましたが(何しろ生活のほとんどが中国製品)韓国がしててもなんだかみんな冷静っていうかあきれてるっていうか。 
    「第2の独立運動だ!」には笑ってしまった。 どこから独立するんでしょう?
    そう言えば中国人のアパホテルボイコットは今も続いているのでしょうか?

  • いま日本人は静かに怒っていると思いますよ。
    「ノーコリア!」と大声で叫ぶことはないですけど、韓国のジャパンボイコットには腹を立てているでしょう。
    その結果はそのうちあらわれると思いますけど。
    いまでも韓国では独立運動で人々が共感するんですね。ゴールがわかりません。
    ことし3月のことですけど、知り合いの中国人がアパホテルには泊まらないと言っていました。中国人の利用客は減っていると思います。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。