もはや宗教ですか?韓国の「イコットジャパンボ」の現状

 

商品の写真を撮れば、イスラーム教徒が食べられる物かどうかを一瞬で判断してくれる。
そんな有能アプリ「ハラルグルメジャパン」について、前回の記事で紹介した。
豚肉やアルコールの成分があれば、イスラーム教徒はその飲食物を口にすることはできない。

そんなイスラーム教徒にとって、「ハラル(許可)」か「ハラーム(禁止)」かをその場で教えてくれるこのアプリはまさに神。
「まさに神」というのは日本の表現で、一神教のイスラーム教では何て表現するんだろう。

 

白いものは食べてもOK。
紫はダメな物だけど、なんでスーパーカップがNGなのか分からない。

 

さてここまではイスラーム教の話で、ここからは韓国の話。

いまの韓国で国民的運動になっているのがジャパンボイコット、日本製品の不買運動だ。

 

でも、「日本人はお断り」の店が登場するとか、日本人観光客が多く訪れるところでのキャンペーンなどの行き過ぎた行動には韓国国内からも批判が上がって、最近では「ノージャパン」から「ノーアベ」に運動が変わってきている。

でも、まだ国民の間で日本不買の熱は冷めていない。

きのうニュースポストセブンにこんな記事があった。(2019/8/15)

韓国全土覆う「日本憎し」の声 8月28~29日に頂点へ

「日本憎し」の声が韓国全土をおおっている。というのはやや大げさな気もするけど、ソウル在住ジャーナリストの藤原修平氏はそう報告している。

「ボイコット・ジャパン、行きません、買いません」というキャッチフレーズはいいのだが、韓国社会には日本製品がかなりたくさんある。
あふれていると言っていい。
そもそも、反日デモを伝える韓国のテレビカメラのほとんどは日本製だろう。

でも衣類やビール、お菓子などの飲食物は韓国製でも替えがきく。
そういう身近なモノで、韓国国民は日本製品の不買運動を熱心にやっているのだ。
でも、ジャパンボイコットに参加しようと思い立ってネットを見てみたら、初めてその商品が日本製だったということに気づいた韓国人も多い。

こうなるとジャパンボイコット教の信者には、それが「ハラル(許可)」か「ハラーム(禁止)」なのかが分からない。
そんな迷える信者を救うために、「NO NO JAPAN」というアプリが韓国に登場した。
上の記事にその有能っぷりが書いてある。

「NO NO JAPAN」のスマホアプリを使えば、商品のQRコードを読み取って日本製品かどうかを瞬時に判別できる。これらを駆使すれば、自身の生活から日本を完全に排除できるというわけだ。

「ハラルグルメジャパン」と本当にそっくりだ。
いまの韓国人にとって日本とは、イスラーム教徒にとっての豚肉かアルコールと同じく「完全排除」の対象らしい。

 

「NO NO JAPAN」は韓国人にバカ受けで、サイトへのアクセスは1日に148万件になることもある。
アプリの利用者はこんな感想を話している。

「日本製品なのかどうなのか勘違いしてしまうことが多かったけど、検索で簡単に使えてとても良い」(37歳会社員)
「日本製品とは思っていなかったが、実は日本製品だったというものが意外と多い。これからも引き続き、確認しながら消費活動をしていきたい」(41歳会社員)

 

「ハラルグルメジャパン」には共感できるけど、「NO NO JAPAN」にはゼロ。
でもこれは韓国国内のことだから、韓国人の好きなようにしたらいい。
ただこういうアプリを必要するというのは、反日運動が宗教的になっているような気がする。
実際、「ボイコット・ジャパン」への情熱は宗教じみている。

といっても、やっぱり韓国らしいオチがあった。
「簡単に使えてとても良い」とか「これからも引き続き~」とか言っちゃってるけど、日本製品かどうかを読み取るQRコードを開発したのは日本のデンソーだ。
生活から日本を完全に排除したいのなら、まずはQRコードを排除するべきだ。
といってもそんなことはしないから、韓国でのジャパンボイコットは宗教ではなくてブームだ。

ちなみに8月29日は、韓国が日本に併合された「国恥日」だからこの熱はさらに高まるかもしれない。
まあ好きにしてください。

 

 

こちらの記事もどうぞ。

日本で「韓国を信頼できない」の割合が過去最高。その原因は?

国 「目次」 ①

韓国 「目次」 ②

韓国 「目次」 ③

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ②

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ③

 

4 件のコメント

  • > 生活から日本を完全に排除したいのなら、まずはQRコードを排除するべきだ。といってもそんなことはしないから、韓国でのジャパンボイコットは宗教ではなくてブームだ。

    あはは、それは間違いでしょう。だからこそ、韓国のジャパンボイコットは宗教なのですよ。
    敵国から供給されたものを論理的に追求して排除していくのは、宗教ではなく、政治的運動(ムーブメント)だと思いますよ。そうでなく非論理的な考え方だから宗教です。
    ブームは、一時的な熱病のような流行を指します。韓国における反日運動は一時的なものではなく、幼少期からの教育システムにまでしっかりと永続的に組み込まれているので、ひとときの単なるブームではなく、やはり宗教だと思いますね。

  • アプリがどこ製なんて考えないですもんね~。 デンソーもまたなんでそんなアプリ作ったんでしょうか?
    知ったら韓国製アプリが出来るんでしょうか?
    嫌韓・反韓が多い日本です。 でもLINE使ってるでしょうからね(^▽^;) そんな感じ?
    そういえばこの時期になると中国でも反日活動してましたよね? 今年は聞こえてこないですね。
    アメリカと香港のことでそれどころじゃないのかな。

  • 宗教なら同じ熱意で永続しますけど、ジャパンボイコットは「ノーアベ」になってもう下火になっています。
    反日感情がある限り反日活動は続くでしょうけどね。

  • 日本の嫌韓は韓国の反日の熱にはかないませんから。
    日本の自治体から交流を中止したという話は聞きませんし、一般的に反韓国デモなんて行われませんしね。
    lineも気にしないでしょう。
    中国は脱・反日していまは日本との関係を重視しているのでしょう。ほかにいろいろ問題があって日本は眼中にないかもしれませんけど。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。