【外国人が見た韓国】日本製品不買を超えて、人種差別へ

 

ここ2ヶ月ほど韓国でおこわれている「ノージャパン運動」や日本製品の不買運動を見て、日韓以外の外国人はどう思っているのか?
最も正確な答えは人それぞれ、価値観や考え方によって見方もかわる。
でもそれじゃ記事にならないから、ボクの知っている外国人の反応を書いていこうと思う。

日本に10年以上住んでいて、日本への帰化を考えているアメリカ人は、7月にイギリスメディア「ガーディアン」のこんな記事(24 Jul 2019)をSNSでシェアした。

Comments on the Korea Oil Station Association homepage earlier this month called for petrol stations to join the protests by refusing to serve customers driving Japanese cars

「South Korean petrol stations refuse to fill up Japanese cars amid growing boycott」

 

韓国の「Oil Station Association(ガソリンスタンド協会?)が全国のガソリンスタンドに、「日本車にはガソリンを入れるな、と呼びかけた」と英メディアが伝えている。
これを見てそのアメリカ人はこうコメントした。

Sigh.
When will Asians stop hating each other?
Is Japan so guilty that all Japanese products mst be banned?

「Sigh」はため息をつくこと。
でも、アジア人が憎しみあっているわけじゃない。
韓国でノージャパン運動が行われているだけで、日本人はそんなことをしていない。
*最近は「ノーアベ」が多い。
「オレも韓国製品の不買運動するわ。でも韓国製品使ってないから、前からやってたらしい」というネットの書き込みなら見たことがある。
それはいいとしてこのアメリカ人は、日本製品が禁止されるほど日本は罪深いのか?と疑問を持つ。
あとで話を聞いたら、日本車には給油拒否というやり方に、「彼らは明らかに間違っている」と怒っていた。

これはもう日本製品不買運動でも抗議活動でもなくて、ただの差別行為。
アメリカ人は差別に敏感でとても厳しい。
日本と韓国がケンカをしていても、彼には関係も損得もないから、いままでは事態の推移を見ていた。
でも彼の価値観からすると、このやり方は許せないから、黙っていられなかったという。
イギリスメディアがこれを記事にしたのも、「一線を越えた」と判断したからだろう。

韓国で「日本のものは拒否する」という動きは他にもある。
宅配企業の配達員による労働団体が「ユニクロの商品を配送することは拒否する」とソウルの日本大使館前で宣言した。

 

国際社会の基準から見れば、これも一線を越えている。

 

このツイートをしたのは韓国に9年間住んでいるフリーランス記者のラファエル・ラシッドさん。
この人の国籍はわからないけど、レストランが入り口に「日本人は立ち入り禁止」と書いたものを出していたら、誰が見ても一発アウト。
「これは国家主義ではなくて、人種差別(主義)だ」と書いている。

ネットへの匿名書き込みならともかく、街中で堂々と差別行為がおこなわれていることには韓国メディアも問題視して、ハンギョレ新聞が記事にした。

「日本人立入禁止」「No Japs」の看板は“人種差別”…批判相次ぐ

こういう差別行為を海外に知られることは、韓国のメンツ的に非常にまずい。
記事の中で、ラファエルさんはこのツイートの反応を話している。

「そのツイートを書いた後に『韓国の歴史を十分に勉強しろ』という内容のメッセージをたくさん受け取った」

「国籍や肌の色などを理由に誰かを差別するのは結局、差別ですよ。韓国に住む私の日本人の友達も韓国と日本の過去のことをよく知っているのに、彼らがなぜ食堂の出入りを禁止されなければならないのか、理解できません」

 

ここ数年の韓国政府の言動から、いまの日本では「理解できません、ということを韓国はする」ということでは一定の理解ができている。
韓国で日本人立ち入り禁止の店があらわれたということなら、前も日本のマスコミが伝えていたから「またか」という程度で、ボクとしては特に怒りは感じなかった。
日本人の多くも怒るより冷めるだろう。「好きにしてろ」と。
「反日耐性」がついてしまったし、こういうことを海外に知られたら、韓国がダメージを負うことは分かっているから。

 

このツイートに寄せられた韓国人(と思われる人)の反応を見ると、ボクが見た範囲では、6~7割はこの垂れ幕を非難していた。
「これはいけない。すぐにやめるべき」という人もいれば、「Sorry for the racism by Korean restaurant and thank you for let us know.」と差別行為を認めて素直に謝罪する人もいる。

残り3~4割はというと、この店を支持していた。
ということはさすがになかったけど、「この店がしたことは間違っている。でも、日本人はもっとひどいことを我々にした」「日本人と韓国人は同じ人種だから、これはracism(人種差別)にはならない」と店の行為を正当化する人が多かった。

「たとえ天地がひっくり返っても、自分の非は認めない」という人が韓国には一部いて、そういう人の開き直りや発想力には目を見張るものがある。
「韓国の歴史を十分に勉強しろ」とラファエルさんにメッセージしたのはきっとこういう人間だ。

 

 

Sigh.

後日、そんなため息をついたアメリカ人と会ったとき、「日本人立ち入り禁止」の店の話をして意見を聞いたら、彼はまたため息をつく。

「韓国にいる日本人は絶対、差別されてますね。見た目としゃべり方だけで嫌われると思う」と言う。
*実際にはそうでもない。

そしてこれは韓国人だけではなくて、世界中の人間が「キング牧師」と「ガンディー」と「ホロコーストかアンネ・フランク」について学ぶべきだという。
アメリカの田舎と南部以外なら、これは常識でだいたいの人が知っている。
でも、いままで英語を教えてきた日本人での中では、知っていたのはガンディーぐらい。
知っているといっても、ガンディーがしたことはインドを独立させたということだけで、「非暴力・不服従運動」のことは知らない。

「人種差別と極端な愛国主義の恐ろしさを社会の常識にしないと、「日本車には給油しない」とか「日本人は立ち入り禁止」といった問題がどんどん発生する。差別の原因は歴史への無知と無関心だ」と話す。

彼の話には異論や反論の余地がなくて、首をたてに振るだけ。
こういう日韓以外の外国人の反応を見ると、日本人は何もしないほうがいいということがよくわかる。
ノージャパン運動や日本製品不買運動をやっても、結局ダメージを受けているのは韓国人従業員と韓国の名誉だから。
第三国の外国人は日韓の争いには関わらないけど、人種差別など彼らの価値観に反することをしたら、日韓には関わらずそれを指摘して非難する。

ハンギョレ新聞の記事のタイトルを覚えているだろうか。

「日本人立入禁止」「No Japs」の看板は“人種差別”…批判相次ぐ

韓国のチャムソリ博物館というところが「No Japs Allowed」という立て看板を出して批判を受けた。
このことは別の記事で書こうと思う。
とにかくいま韓国がやっていることは自傷行為だ。

 

 

こちらの記事もどうぞ。

国 「目次」 ①

韓国 「目次」 ②

韓国 「目次」 ③

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ①

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ②

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ③

 

4 件のコメント

  • 日本は表に出さないだけでネットでは盛大に韓国や韓国人を侮蔑・差別・罵倒してるけど
    日本でもどこかの店で韓国人立ち入り禁止って張り紙して物議かもしてましたよね?
    いまはグクの関係で文辞めろ!運動の方が大きくなってますけど。 不買運動は続けるのかなぁ。
    中国でも反日運動をたまにしますが、中国人は韓国の運動どう思っているんでしょうか?
    やっぱ応援してるのかなぁ。
    対馬は韓国の観光客が一番のお得意様なので困ってると聞きました。 気の毒なことです。
    でも仏像は返せと思っているのでしょうが。 

  • 日本人が日本人であること自体を罪として差別する。
    特定の民族への憎悪を煽り、その為なら事実の歪曲や捏造も厭わない。
    議論することすら許さず、反対意見を述べるものは弾圧する。

  • 対馬の飲食店でそんなことがありましたね。
    ただこの場合は客のマナーを問題視していたから、韓国でのケースとは違います。
    もちろんよくないことですけどね。
    不買運動は続くと思いますよ。韓国メディアの各種世論調査でも、そんな結果がでています。
    中国人は関心ないでしょう。損得で考えるんじゃないですかね。

  • これはハングル文字で書いてあったから、韓国人にアピールしたのでしょう。
    反日愛国を訴える集客は韓国でよくあります。
    でも、さすがにこれは一線を越えていて、国内からもたたかれました。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。