【テロが義挙】李奉昌の天皇爆殺未遂にみる韓国の歴史認識

 

日本と韓国は「鏡の国」で、同じものでも左右反対に見えることがある。
過去の歴史問題、特に日本統治時代については認識や価値観が正反対だから、お互いの目にはまったく違う像が映ることもしばしば、というかオールウェイズ。

そもそも韓国ではこの時代を「日帝強占期」と呼ぶ。帝国主義の日本が強制占領していた時期ということだろう。
同じく日本の統治をうけていた台湾では「日治時期」と呼んでいる。
韓国と台湾もわりと鏡の国だ。

良いか悪いかではなくて、おたがい違う認識をしているというだけで、そんな事例は世界をみればいくらでもある。
アメリカ大陸を“発見”したコロンブスを英雄とみる人もいるし、侵略者と考える人もいる。
それは仕方のないことで、「自分との違いは間違いだ」という独善的な見方で相手の考え方を変えさせようとするのが唯一の間違い。

残念ながら隣国にはそんな傾向があって、コリアンスピリットのような記事を(2020.01.08)よく見るのだ。

일제의 심장부 도쿄에서 일왕에 폭탄을 던져 조국 독립의 염원을 알리다!

「日帝の心臓部東京で日王に爆弾を投げて祖国独立の念願を知らせる!」(機械翻訳)

天皇を格下の「王」と表記する時点ですでに日本の見方とは天地ほど違う。
それにしても、この見出しからは確かにコリアンスピリット、韓国人の魂を感じる。

さてこの事件を知ってますか?
日本が朝鮮を統治していた1932年1月8日、李奉昌(イ・ボンチャン)が首都東京で天皇に向って爆弾を投げつける事件をおこしやがった。
冷静にみれば天皇殺害を目的としたテロ事件。

アメリカ人やイギリス人、フランス人など欧米諸国の人にきいてほしい。
植民地支配していた時代に、現地の人間が支配国の要人を暗殺しようとする事件をおこしたら普通それをテロと呼ぶはずだ。
だから、幕末に欧米人を襲って殺害したサムライもテロリストになる。
本人にとっては日本のためを思った正義の行為だろうけど、まあ動機は純粋だったのだろうけど、客観的にみればテロ行為で正当化は不可能ですわ。

 

でも、鏡の国ではこれが可能。
天皇殺害未遂というテロ行為が、祖国独立の意志を天下に知らせた「義挙」として韓国では正義の行いになっているのだ。
ならばその偉業をたたえないといけないということで、88年前の行為を取り上げて、各市民団体にソウル地方報勲庁長、さらに市民や学生など150人があつまって「李奉昌義士義挙紀念式」が行われた。

式典で市民団体の会長が話したことは韓国社会の常識と考えていい。

朝鮮の義烈青年だったイ・ボンチャン義士が朝鮮日王に向かって爆弾を投げたのだ。青年が望んだ意図を達成されなかったが、東アジア近代史に一線を画す、青史に道が記録された。(中略)生きている神と持ち上げられ敬われていた日王はその瞬間、平凡な人間の水準に格下げされてしまった。

 

気分が高揚したのか自分に酔ったのか、「世界を揺るがせた一大事件が起きた」なんて言っちゃてるけど、これはそれほどのことではない。
1932年といえばドイツ総選挙でナチス党が圧勝したとか、アメリア・イアハートが女性として初めてアメリカ大陸の横断飛行に成功したとか、そっちのほうがよっぽど世界の注目をあつめたはず。
極東の島国でおきたテロ未遂事件に、その後の世界を左右するほどのインパクトはない。

またソウル地方報勲庁長はこの日の演説で、「この壮快な義挙」は韓国の独立運動史の大きな転機となったと指摘してこう語った。

大韓民国臨時政府中興の出発点になり次第に消えていった祖国光復の花火を生き返らせることによって。その後、大韓民国臨時政府を中心に対日抗争に全力を傾けた結果、私たちは庚戌国辱から36年ぶりに五千年の長久な歴史を再開することができた

 

「36年ぶりに五千年の長久な歴史を再開することができた」という表現はとても韓国的で、個人的にはわりと好きですよ。
実際、韓国国民もこういう壮大な言い回しが好きだろう。

 

日韓では歴史認識や見方が正反対という人物には、李奉昌(イ・ボンチャン)の他にも伊藤博文を暗殺した安重根がいる。
安重根も韓国では義挙をおこなった義士とたたえられているけど、日本政府(菅官房長官)は「初代首相を殺害し、死刑判決を受けたテロリストだ」と明言した。

韓国が安重根を英雄視しても日本は基本的に問題視しないけど、日本が安重根や李奉昌をテロリストと言うと韓国側は猛反発する。
この反応は自分との違いは間違いだという認識があるからで、こういう考え方を生んだのはいわゆる韓国の「テロリスト史観」だろう。

文藝春秋(2015年5月号)で元外務省の主任分析官で作家の佐藤優氏がこう書く。

私が一番驚いたのは、この韓国の教科書に書かれた歴史観でした。この国の歴史観は日本にとって脅威だといっても過言ではありません。世界の教科書の中でも極めて珍しい、「テロリスト史観」によって貫かれているからです。

北朝鮮より過激な韓国「歴史教科書」のテロリスト史観――佐藤優が読む「隣国の歴史教科書」韓国編

きょねんの夏、韓国で行われたノージャパン運動のスローガンは「独立運動はできなかったが不買運動はする」だった。
こういう発想がコリアンスピリットだと、隣国としては付き合い方が本当にむずかしいデス。

 

いまタイムリーな人物でいえばイランの革命守備隊司令官のソレイマニ氏で、氏を殺害したアメリカにとってはテロリストの親玉だけどイランでは英雄とされている。
この違いは話して分かり合えるものじゃないし、どちらかの認識に従わせようとすると壮絶なケンカになる。

ちなにに平和大国・日本では、「ソレイマニ氏はガンダムでいえばキシリアなのか、シャアなのか?」という議論がネットでくり広げられているのだった。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

人類初!マゼランの世界一周。今ではありえない困難と勇気

カテゴリー: ヨーロッパを知りましょ!

韓国の慰安婦像①「少女像」が象徴するもの。日本への憎悪?平和?

韓国人の被害者=正義④「日本を千年恨む・謝罪は負け」の意識

頑張って書いた割には不人気だった 「世界の中の日本」の目次

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。