【そんなの知らない】日本人が尊敬する5人の中国人とは?

 

もうすぐ桜が咲きますね。
ということで、中国クイズです(は?)。

「日本人が尊敬する5人の中国人」とはだれでしょう?

 

 

「東方網」という中国メディアにそんな記事がのってた。

サーチナの記事(2018-09-26)

中国人には絶対当てられない? 日本人が尊敬する5人の中国人=中国メディア

「日本人が最も崇拝する5人の中国人、あなたは1人も当てられないかもしれない」と、なかなか挑発的なことが書いてある。
ではさっそく、その5人を見ていこう。

 

第5位:鄭成功(ていせいこう)

鄭成功は17世紀に、台湾からオランダ人を追い出して台湾を統治したことで知られている。
じつは母親が日本人で、鄭成功は長崎で生まれた。
日本では江戸時代に、近松門左衛門がこの人を題材に「国姓爺合戦」という人形浄瑠璃をつくって有名になった。これはのちに歌舞伎になっている。
でも、平成のいまでも、ベスト5に入るほど崇拝されてるか?

 

第4位:朱舜水(しゅ しゅんすい)

朱舜水は鄭成功と同じ17世紀の儒学者。
1644年に明朝が滅亡したあと、日本に亡命してきて、明朝を復活させようとがんばっていた。
このときに水戸光圀(水戸黄門)と出会い、光圀の師となって、いろいろな知識をさずけている。
ちなみに日本初のラーメンは、朱舜水が光圀につくったものという説がある。
でも、朱舜水ってそんなに有名だっけ?

 

第3位:王陽明

王陽明は16世紀、明の時代の思想家で「陽明学」の生みの親。
幕末、吉田松陰が陽明学に心酔していたから、伊藤博文や高杉晋作といった松下村塾の弟子たちにも間接的に影響をあたている。
でも、日本人が崇拝する中国人で王陽明が3位ねえ。
このランキングの基準を知りたい。

 

第2位:諸葛孔明

三国志ファンのみならず、この人はもう日本の常識だ。
蜀で劉備につかえた天才的な軍師であり政治家で、言ってみれば中国のユリウス・カエサルですね。
これは分かる。初めてこのランキングに納得した。
でも、これを上回る中国人ってだれだ?

 

第1位:ラーメンマン
ではなくて、「徐福(じょふく)」だった。

え?日本人が最も尊敬(崇拝)する中国人の1位が徐福?

この人の話は中国の歴史書「史記」に出てくる。
それによると徐福は、不老不死を願った秦の始皇帝から「東方にあるという長生不老の霊薬を取ってこい」と命令を受ける。
そして3,000人の若い男女と多くの技術者を引き連れ、船に乗って霊薬を探す旅に出た。
東に向かって旅に出たのはいいけど、徐福は秦には戻って来ず、その地で王となって暮らしたという。

 

徐福

 

不老不死の霊薬を求め、東に向かって出航した。

 

徐福がたどり着いたのは日本だったという説がある。
それで和歌山県には徐福のお墓まであるのだ。

和歌山の徐福公園にある「墓」

 

霊薬を求めて東に向かった徐福はその地の王となった。
ということは、徐福は初代日本国王だったということか?
もちろんこれは歴史ではなくて伝説。
こういう話は好奇心を刺激するからおもしろいけど、でも、このランキングは一体何なんだ?

「日本人が崇拝する5人の中国人」というけど、その日本人の層を知りたい。
現代の日本人ではなくて、江戸や明治時代の日本人をふくめてのランキングなんだろうか。
少なくとも、「平成」に代わる次の元号を「タピオカ」と予想した女子高生はこの中には絶対に入っていないはず。

ネットを見ても、ほとんどが納得いってない。

・ゼンジー北京がいない
やり直せ
・1位誰だよww
・孔子より穴子が好きです
・鑑真和上が抜けてる。
・トップ5全部三国志になるんじゃないか
・どこで取ったデータだかちょっと怪しいw
・孔明以外知らない
・国破れてサンガリア

孔子、孟子、項羽、劉邦、張良に三蔵法師(玄奘)、それに女帝の則天武后もいる。
辛亥革命を成功させた孫文も日本で有名だ。
物語の人物でいいなら水滸伝の豪傑がいる。徐福がいいなら林彪だっていいはずだ。

「中国人には絶対当てられない?」ってあるけど、こんなん日本人だって当てられんわ。
でも、歴史の勉強にはなりました。謝謝でした。

 

 

こちらの記事もどうですか?

日本人にとって中国人がつき合いやすい理由は“共産主義”だから

今の日本と中国:”精神的な日本人になりたい中国人”が増加中

日本人と中国人:お互いに「ありえない」と思う食べ物あれこれ

中国 「目次」 ②

中国 「目次」 ③

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。