【韓国の旭日旗騒ぎ】ズワイガニの次は航空機エンジン

 

みんな大好き旭日旗。

 

まあ好きかどうかは別として、日本人なら誰でもこの模様を見たことあるはず。
太陽をかたどったこのデザインは日出ずる国にふわさしく、日本では江戸時代からある(もっと前かもしれぬ)。
これは「めでたい!」という意味で、出産や節句のお祝いなど日常生活で使われてきた。

 

勢いがあって、何というか「アガル」という気分になる。

 

このデザインの「もと」は太陽だから、似たものは世界のいろいろなところにもある。
たとえばこれは北マケドニア共和国の国旗だ。

 

 

 

上の絵のように、日本では軍隊の旗としても使われていた歴史がある。
「も」という話なんだけど、韓国で旭日旗はこのイメージしかない。
反日愛国の風潮と旭日旗への理解不足から、この旗は軍国主義の象徴で「戦犯旗」なんてひどいレッテルがはられている。
中国にも旭日旗を嫌う傾向はあるけど、韓国ほどではない。
あの国はスペシャルだ。

旭日旗を憎むあまり、ズワイガニの絵を見て「戦犯旗だ!」と怒り出す人が出るほどだから。

 

 

2017年に韓国のバーガーキングがズワイガニのハンバーガーを販売したところ、包装紙にデザインされたズワイガニが旭日旗を連想させるということで、バーガーキングに非難の声が向けられた。
でも、さすがにこれは行き過ぎということで、この反応を非難する意見も多く上がって、しまいには全国紙のニュースになるほどの騒ぎになった。
ね?スペシャルな国でしょ。

くわしいことはこの記事をどうぞ。

ズワイガニまで旭日旗!ここまで来た韓国の反応と反日感情

 

さて、あれから2年の時が流れた2019年のいま、今度は飛行機のエンジンが問題視されてしまった。

 

これはボーイング777のエンジン(ファン)。

 

韓国社会で大きな影響力のある人が航空機エンジンの前で写真を撮って報道資料に載せたところ、「旭日旗を連想させる!けしからん!」という批判が持ち上がった。
良いか悪いは別として、韓国は本当に世界にふたつとない国だ。

そのことがソウルエコノミーニュースの記事(2019.04.26)にある。

한진그룹 조원태 회장, 첫 데뷔 사진 ‘욱일기 논란’

韓進(ハンジン)グループ、チョ・ウォンテ会長、初めてのデビュー写真 ‘旭日旗論議’
*機械翻訳

上のような航空機エンジンを見て、「日本戦犯旗だ」と怒り出す人が韓国にいるのだ。
どこの国にも、何をやってもケチをつけるおかしなクレーマーはいる。
「くだらん。バカはほっとけ」とそれが無視できるくらいの少数ならいいのだけど、韓国社会では「戦犯旗論議」に巻き込まれたら、沈黙したままでは済まされない。

だから韓進グループはこんな説明をしなければならなくなった。

韓進グループ関係者は「飛行機で一番重要なのがエンジンで、その前で写真を撮っただけ」とし、「(旭日旗を)連想させる意図はなく、背景に写っているのはエンジンのファンブレイド(fan blades)」と釈明した。

 

日本人にとって、この発想や展開は突き抜けすぎている。
韓国で旭日旗騒ぎが起こると、いつも反発する日本のネットもこれは別。
おもしろがる人やあきれる人が多いなか、この会長に同情する人もちらほらいた。

・航空機エンジンがそう見えただけで物議って
・あーこれはいかんわー(棒
・飛行機禁止しろw
・ジェットエンジンはネトウヨ
・超えちゃいけないラインが分からんからこんなことになるんだぞ
・日本人が謝罪すれば、放射状模様へのアレルギーも治るんだよ、俺たち日本人の責任は重い

 

 

この騒ぎで航空機エンジンやその前で写真を撮った会長に罪はない。
でも、世間を騒がせた責任はあることになるかもしれない。

一番の問題はこれを問題視する人たちなんだけど、こういう過激な人たちも韓国社会の「反日愛国」という常識から生まれている。
スタートは同じでも、一線を越えるかどうの違いだ。
越えない人は中庸(ちゅうよう)になる。
中庸とは「ほどほど」といった意味で、「常識」という日本語がなかった江戸時代に、その意味で「中庸」という言葉が使われていた。
何かの本でそんなことが書いてあった。

反日愛国を正義とする見方がある限り、問題がないものにケチをつけて問題化させる韓国人はこれからもきっと出てくる。
だから旭日旗騒ぎはまだまだ終わらない。

ズワイガニに航空機エンジンときて次はなんだろう?
これから暑くなるから、今度は扇風機かな。
期待は高まるばかり。

 

在日米軍基地では「友好のシンボル」として使われているのに。

 

さて、ここからは旭日旗騒動にはまったく関係ないことで、上の記事を書いていてボクが勝手に思いついたこと。
ドイツの軍人「ハンス・フォン・ゼークト」が唱えたといわれる有名な組織論がある。
彼によると軍人には次の4つの「使い道」があるという。

有能な怠け者は司令官にせよ。
有能な働き者は参謀に向いている。
無能な怠け者も連絡将校か下級兵士くらいは務まる。
無能な働き者は銃殺するしかない。

間違った信念を持って全力でがんばってしまう人がいると、まわりがすごく迷惑する。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

日本と韓国がマジで国交断絶したら、具体的にどうなるのか?

「日本人に正しい歴史を教え、謝罪させたい」と言う韓国人と出会ったら?

韓国の「国際社会が日本を批判する」を笑う日本人は笑えない。

日韓関係がダメな理由。反日感情をあおる韓国メディアの具体例

日韓関係悪化中。韓国が恐れる「経済協力の破局」が見えてきた。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。