韓日の自尊心対決?日本には愉快で不快な韓国のかん違い

 

韓国がよく使う「自尊心」の意味がいまいち分からない。

たとえば全国紙・東亜日報にこんな記事(2006/03/27)がある。

サッカーの卵たちによる韓日の自尊心対決で、日本チームに軍配があがった。

韓日少年サッカーでは、日本に軍配

 

これが日本の報道なら、「サッカーの卵たちによる日韓対決で、日本チームに軍配があがった。」と自尊心という言葉は省かれると思う。
この文脈で「自尊心」を入れると不自然に見えるから。

子どものスポーツ大会なら韓日のプライドをかけるのではなくて、友好親善を第一の目標にすればいいのに、相手が日本だと韓国は何でも熱くなってしまう。

日本に対する韓国のライバル意識はすごいから、日本人の知らない間にいろんな「自尊心対決」がおこなわれている。

 

 

そんな隣国では、こんなに激しかった日本製品の不買運動が一時のピークを過ぎて、いまは落ち着きを取り戻しつつある。

「時はきた」と不買運動のメインターゲットにされていたユニクロが「ヒートテック」をプレゼントするキャンペーンを行ったところ、これが大盛況で大成功。
店内は人で埋まり、外には行列ができた。

いままでの反日活動が異常で、冬将軍がくるまえに武装しておく発想はごくごく当たり前。
でも反日をあおりたい人にとってこの光景は「自尊心対決」で韓国が負けたことを意味する。

代表的な反日活動家で教授でもあるソ・ギョンドク氏は店舗に列ぶ人々の写真をSNSに載せてこうなげく。

朝鮮日報の記事(2019/11/19)

ユニクロの景品イベントに店内大混雑…「自尊心守ろう」自省論も

個人の選択を尊重するが、もう一度だけ考えてみてほしい。韓国人を見下し、最近では日本軍慰安婦をあざけるCMを制作した会社がおまけで配る下着を、どうしてももらいに行かなければならないのですか?」

こうした状況を見て日本の右翼やメディアはどれほどあざ笑っているだろうか? われわれ皆が、最低限の自尊心だけは守ってほしい

 

*「日本軍慰安婦をあざけるCM」なんてユニクロは作っていないのだけど、この騒動を知らない人のために簡単に触れておこう。

こんげつ公開したフリースのCMで、13歳の黒人の少女と白人のおばあさんが並んで立っていて、女の子が「私の年齢の時は、どんな格好をしてたの?」ときくと、おばあさんが「昔のことは、忘れたわ」と答える。
このセリフで、「日本軍慰安婦をあざけるCM」に認定されて抗議が殺到。
韓国の大臣は「非常に腹立たしい」と批判して、このCMをパロディーにした動画を作った大学生は「正義の市民賞」を受賞した。

よく分からないと思うけど、韓国だ。
くわしいことはこの記事をどうぞ。

世界は理解できるか?韓国人による韓国のための「正義」

 

「どれほどあざ笑っているだろうか?」と韓国側は言うけど、そんな日本人を探すほうがむずかしい。
これを知っている日本人は少数で、韓国のユニクロ前に行列ができたことなんて日本にいる日本人にとってはニュースバリューがない。
日本人がいま関心を持っているのは「桜を見る会」で、韓国については「GSOMIA破棄」だ。
「笑われた」といえばサッカー日本代表で、FIFAランクではほぼ同じのベネズエラを相手に、前半だけで4点を失って記録的な大敗北を喫した。

スポニチアネックスの記事(2019年11月20日)

森保JAPAN、世紀の惨敗!大正12年以来96年ぶり、前半だけで4失点…

これできのう、ネットで「日本よえええええええええwwwwwwww」と大笑いされていた。
他にも有名女優が覚せい剤所持で逮捕されたし、香港はいま大混乱におちいっている。
韓国の行列に興味のある日本人なんてどこにいるのか。

 

心底くだらないことを、別の全国紙・中央日報も記事(2019.11.20)で報じていた。

ユニクロ「無料下着」のために長蛇の列…徐敬徳氏「日本がどれほど嘲笑していることか」

こんな反応はこの人だけではなくて、「最小限の自尊心だけは守ってほしい」という意見には韓国社会で広く賛否が分かれている。

韓国のいう「自尊心」の意味は相変わらずよく分からないけど、知る必要もないから何でもいいや。
見えない敵を相手に見えない銃を撃ちまくる姿はじゃっかん面白いけど、勝手に日本を敵にして憎悪をあおるのはウンザリだ。
そもそも、「自分たちは日本に注目されている」という愉快で不快なかん違いをやめてほしい。

 

ここから宿のご予約ができますよ。

 

こちらの記事もいかがですか?

韓国でのACL旭日旗問題。川崎への処分の前に日本は正しい説明を。

反日に苦しむ韓国①いつから、なぜ自衛隊の旭日旗が問題なのか?

反日感情に苦しむ韓国② 韓国が嫌いな旭日旗、世界の反応は?

日本 「目次」

韓国 「目次」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。