【韓国の民主主義】関係悪化の原因は韓国だ!→公開謝罪へ

 

いま大韓民国の民主主義が大ピンチ。

中央日報でコラムニストがその危機を訴えている。(2019.12.17)

民主主義よ、生きてはいるのか?=韓国

コラムによると、その原因は徹底的に異論を排除して議論が成立しないから。
「わたしの意見と違っていれば、それは間違いだ」という人は日本にもいるけど、ここ最近の韓国の政治家にその傾向が顕著で、「苦心して民主化の道を歩んできたが、民主主義はむしろ窒息している」という状態だ。

その原因を2つ、記事から抜き出してみよう。

「まず相手を認めない。政府与党は野党を清算すべき「積弊」と考える。野党は政府与党を体制転覆勢力に追いやる。だから対話ができるわけがない。」

「競争政党を国政パートナーではなく除去対象と考える。幼稚な組分け、ファンダム政治に陥った。味方は何であれ許す。」

自分と同じ考えならその人間は味方だから、その範囲内なら何を言っても認める。
でも自分に反対する人間は議論の対象と認めず、敵とみなして攻撃し排除する。
自由な議論なしに民主主義はありえない。

きのうも書いたけど、民主主義の精神や言論の自由をあらわす言葉として、世界的に有名なフランスの思想家ヴォルテールの言葉をもう一度紹介しよう。

「私はあなたの意見には反対だ。だが、あなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」

 

ヴォルテールの墓
韓国の民主主義もお墓に入りますか?

 

韓国の政策論争で「民主主義よ、生きてはいるのか?」というレベルなら、日韓関係の議論では「民主主義よ、おまえはもう死んでいる」の域に達している。

韓国社会には反日を“正義”と信じる人が老若男女問わずいて、たとえば高校で反日スローガンを叫ばせる教師を生徒が動画で告発すると、居場所がなくなるほど徹底的にたたかれてしまう。

【韓国の反日教育】高校教師を生徒が告発→いじめで転校

反日活動を正義と信じて疑わないから、それを否定する人間がいると、「敵」とみなして攻撃・排除する。
これについて見解を聞こうと韓国紙が連絡しても、学校側は一切の回答を拒否。
ここに議論はなく、民主主義は息絶えた。

 

自分と違う意見や気に食わない考えには圧力をかけて、その声を封じる“圧殺行為”はKBSの討論番組でもあった。
*KBSは韓国の公共放送で日本でいえばNHK。

「戦後最悪」といわれるいまの韓日関係について議論する番組で、ゲストとして呼ばれた産経新聞の解説委員が「日韓関係の原因は文大統領の歴史観」と指摘して、「嫌韓があるから反日があるのではなく、韓国の反日があるから嫌韓がある」といったことを話す。

始まりは嫌韓か?反日か?
卵か鶏かの議論みたいだけど、政府が日本との合意や国際法を無視したり国民がノージャパン運動をしたりと、韓国の「反日」に刺激されて日本の嫌韓が大きくなったことは事実だ。

また、高校の反日スローガンを問題視した韓国紙・朝鮮日報の副局長はこう言った。

「1965年の日韓請求権協定で日本から受け取った金は過去の歴史への賠償。その金で韓国は経済成長を遂げたのだから、それで被害者らに賠償すべき」

なんという冷静な事実の指摘。そして正論。
関係悪化の原因は韓国にあるという意見はまさにそのとおりだけど、これは韓国国民の感情に反するものだから韓国人をとても不快にさせる。
番組放送後、KBSにはこんな批判が殺到した。

「売国番組の制作陣は謝罪必須。同局は番組を厳しく罰するべきだ」
「国営のテレビ局が親日メディアに成り下がり、日本の右翼人士にとんでもないデタラメを言わせた。番組を即刻終了すべきだ。国の品格を著しく損なった」

反日を批判すると「売国奴」という言葉が返ってくる。
この反対にある態度が、「私はあなたの意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」だ。

でもこれに対してKBSは全面降伏の平伏叩頭。

レコードチャイナの記事(2019年10月29日)

同番組の制作陣は28日に公式ウェブサイトに謝罪文を掲載。番組編成の過程に問題があったことを認め、「謙虚に視聴者の指摘と批判を受け入れ、今後は同様のことが起こらないようにします」と表明しているという。

ゲスト出演の日本人が文大統領を“口撃”、批判殺到で韓国テレビ番組が謝罪―中国メディア

 

このニュースに日本人の反応は?

・韓国の国営テレビ局が報道の自由を放棄したか
・議論できないじゃん
・ほんと韓国って自由がないよね
・議論して怒る人には2つのパターンがある
1つは相手の話が分からない時
もう1つは本当のことを言われた時
・親日派=売国奴が完璧に成立してる国
・いつも日本の事全体主義って言うけど自分らがそうなんじゃ??

日本のテレビ番組に韓国人の識者がでて「関係悪化の原因は日本にある」と言ったところで、テレビ局が謝罪に追い込まれる事態にはならない。
日本の民主主義はまだ息をしてるから。

 

「まず相手を認めない」
「だから対話ができるわけがない」
「除去対象と考える」
「味方は何であれ許す」

韓国の民主主義を滅ぼすこういった要素は、日本についての議論で特にみられる。
反日が正義で親日は悪(=裏切り者)という結論が最初から決まっているから、日韓関係については韓国の民主主義はもう亡くなった。

 

 

こちらの記事もどうぞ。

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ①

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ②

近くて遠い日本と韓国 「目次」 ③

 

2 件のコメント

  • 彼らは正義と悪で物事を分けたがりますよね。
    でもこれって彼らの社会が生み出してしまった「生存本能」に基づくものだと最近思うようになりました。
    人間も動物なので根源の本能部分は変わらず、「生存本能」と「種族保存本能」で、敵(?)を排除し、味方を養護して群れを作らないと殺される社会が問題なのかと。
    正義や悪は普遍的なものはなく、時代や環境で変わるのもこれが理由かと。
    自分が生きる、次世代に繋げられる活動が正義であり、人道とか愛とか言うものも、生存本能に結びついているのかと。
    因みに愛という概念は近代に入って出来たそうで、これも社会秩序を守るためのものらしいです。

  • 韓国人の価値観として勧善懲悪があります。
    日本は完全超悪だからワンサイドで非難できて、それを擁護すると売国奴にされてしまう、という雰囲気があって今回のようなことになったと思います。
    まあ「生存本能」から社会でものを言っている面もあるでしょうね。
    ただ「反日種族主義」のように韓国の反日を批判する人たちもいますから、反日だけではありません。
    でも最近その人たちは襲われたというニュースを見ましたから、それだと生存が難しいかもしれませんね。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。