【ヨーロッパの木靴】日本の下駄を見た、リトアニア人の感想

 

3月15日は「靴の記念日」だ。
明治のはじめ、それまで西洋から輸入していた軍靴が大きすぎて、日本人の足にフィットしなかった。

*いまでも欧米人と日本人の体格の違いはどーしようもない。
海外のトイレで“高さ”を合わせるために、つま先立ちする屈辱を味わった日本人男性は多いはずだ。

日本陸軍の創始者である大村益次郎のススメもあって、実業家の西村勝三が日本人の足に合う靴を作ろうと、1870(明治3)年の3月15日、日本初の西洋靴の工場「伊勢勝造靴場」を設立した。
それでこの日が「靴の記念日」となる。
西村勝三はシューズメーカー『リーガル』の創業者だから、「なら玄関にあるわっ」という人もいるのでは。

 

 

以前、東ヨーロッパから来たリトアニア人が「日本の歴史や文化を見てみたい」と言うから、静岡県湖西市にある『小松楼』に案内した。
大正~昭和初期までそこは食事処で、芸者が客に歌や踊りなども披露していた。

リトアニア人は基本背が高い。
だから下を見て歩いていたため、日本人ならそのままスルーして入れる入り口で、激しく頭をぶつけてその場でうずくまった。
やっぱり体格が違う。

そんな彼らが小松楼の玄関で、下駄がいくつも置いてあるのを発見。
夏でも20度を少し超えるぐらいという、パラダイスのようなリトアニアと違って(ただし冬は-10度は当たり前)、高温多湿で雨がよく降る日本では、ぬかるんだ地面を歩くのに下駄は必需品だったと話すと、「それはリトアニアにも昔はありました」と言う。
リトアニアに下駄?

 

 

北欧に近いリトアニアも、実はジメジメ蒸し蒸しする国だったのか。

スペインでは江戸時代の草履のような履き物(下の写真)が発見されたこともあるし、ヨーロッパ人も下駄のようなものを履いていたかも。

 

 

これは紀元前6000年~5000年ごろのものと考えられている。

下はアルメニアで発見された、世界最古といわれる革靴(約5500年前)

 

 

そう思って話をきいたら、下駄を見て彼らがイメージしたのは「木靴」だった。

木靴と聞くとオランダが思い浮かぶのだけど、実はヨーロッパのいろんな国にこの靴はあるらしい。

 

 

フランスの木靴(サボ)

 

ドイツの木靴

 

皮に見えるけど、これはイギリスの木靴

 

リトアニアの木靴

 

日本語で木靴をあらわすことばには、「木沓(きぐつ)」と「木履(きぐつ)」がある。
どちらも木でできている点は同じながら、足の甲までおおう木靴が「木沓」で、下駄のように足の指で鼻緒をはさんで履くような木靴は「木履」という。
だから写真のリトアニアの木靴は、木沓であって木履ではない。
靴は丈夫なほうがいいし、雨などでぬかるんだ地面を歩くことを考えれば、木で履き物を作る発想が出てくるのはごく普通だ。
ただその現れ方には違いがあって、日本の場合は下駄、ヨーロッパでは上のような靴となった。

それにしても下駄を見て、「ヨーロッパにも同じものがある」と木靴を連想するとは思わなかった。
日本人とは文化や観点が違っているから、外国人との付き合いは、意外な発展や発見があっておもしろい。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

アラブ・イスラム世界の“精神文化”:最大級の侮辱は「靴投げ」

【ヨーロッパ文化】死体を教会の壁に埋めるキリスト教の発想

日本で外国人と国際交流&英会話!ゲストハウス選びの3条件

”ゆとり”でも分かるパレスチナ問題の説明。

イランの基本情報・日本との関係・日本好き/親日国の理由

旅 「目次」 ③

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。