【韓国サッカー】中国で「嫌韓」が増え、日本への評価が高まる

 

18歳の未成年が引き起こしたこととしては、規模が史上空前、前代未聞だ。
中国で開催されたサッカーU18の国際大会「パンダカップ」で、優勝した韓国代表の評判は一瞬で地におちた。
1人の選手が満面の笑顔で優勝トロフィーを足で踏みつける。
この瞬間、韓国代表は世界の敗者となった。

招待した側の中国(飛行機代やホテル代もきっと中国持ち)はこれに大激怒。
韓国代表が公開謝罪しても許さず、優勝トロフィーをはく奪して、アジアサッカー連盟に今回の行為を訴えた。

韓国の全国紙・朝鮮日報も衝撃を隠せない。(2019/05/30)

優勝カップの剥奪という史上初の事態まで引き起こし、韓国サッカーの対外イメージは少なからぬ打撃を受けた。

サッカー:U18韓国のトロフィー踏みつけに中国激怒、優勝剥奪

 

こうなると韓国側がおそれるのは、中国での嫌韓感情の広がりだ。
朝鮮日報は「今後への悪影響も予想される」と心配そうに書いているけど、もう始まっていた。

中国の韓国大使館が開設したウェイボー(中国版ツイッター)には、「天に誓うが、韓国サッカーはこの世に生かしておけない敵だ(不共戴天)」といった非難コメントが殺到している。
ウェイボーのハッシュタグ「トロフィー冒とく」には、試合が終わった29日夜から31日の正午までに、4億7000万人が訪問した(さすが人口世界一)。
また、中国メディアが開設した「在中韓国大使館公式ウェイボーに公式謝罪を要求しよう」という設問には、7万6000人が「懲らしめよう」、5万2000人が「可能だが必要ない」と答えた。

中国の元代表の選手は「死んでも屈辱には耐えられない」とコメントし、今回の大会に参加した中国U-18代表選手は、この屈辱を忘れないよう韓国選手がトロフィーを踏みつける写真をスマホの壁紙にしたという。

以上の内容はこの中央日報の記事(2019年05月31日)から。

中国選手「屈辱の写真をスマホの壁紙に」…臥薪嘗胆として広まる韓国トロフィースキャンダル

フランスAFPもイギリスBBCも「トロフィー事件」を伝えている。
もう世界は知ってしまった。
「パンダカップ」という、現時点ではおそらく世界で最もかわいい名前の国際大会は修羅場になった。

 

中央日報は何本も記事を載せている。

 

はい、この一面トップの記事にご注目。
今回の件について、韓国と比べて日本を賞賛する中国メディアがあった。
ウェイボーでもそういうコメントをのせる人が多いらしい。

韓国代表がしたことは「中国サッカーには屈辱」で、たとえ公開謝罪をしたとしても、韓国は「依然として軽蔑に値する存在」と中国のスポーツメディアは怒りを見せる。
そして「日本代表は全く違う行動を見せた」と日本人をこう評価した。

日本は2018ロシアワールドカップ(W杯)でベルギーに敗れ、ファンは本当に悲しんでいたが、涙を流しながらも応援席のゴミ拾いをするなど感心する行動を見せた

中国メディア「韓国代表は醜悪な行動…日本代表と全く違う」

 

中国のサッカー関係者は「もう韓国チームは呼ばない」と言ったうえで、「以前に二度、日本チームが参加したが、彼らの素養の高さからは恐ろしささえ感じた」と話したという。
そのことはレコードチャイナの記事(2019年5月30日)をどうぞ。

韓国選手が優勝カップ踏みつけ、成都市サッカー協会関係者「もう韓国チームは呼ばない、前に来た日本はとても良かった」―中国メディア

 

日本のネットを見ると、こんなホメられまくり状態には、まんざらでもない人がけっこういる。
と思ったらそんなことはなく、むしろ「日本には触れないで」という人ばかりだ。

・日本と比較して非難するとか中国は韓国へのダメージの与え方を心得てるな
でも迷惑だからやめろ
・無関係の日本を巻き込まないでください
・日本が特別良かったんじゃなくて韓国がひどすぎるだけだからな
・国際的なスポーツ大会の度に世界中で嫌韓が増えていくよな
・この件でなぜか日本を恨み始めるであろう韓国
・でもコレとばっちりで日本への憎悪をつのらせるんだろうから
日本にとっては迷惑やな

 

U-18ではないけど、2年前、U-20日本代表が韓国でイタリア戦を終えたあと、日本選手が使ったロッカールームが完ぺきに掃除されていて、韓国のサッカー関係者が感心する出来事があった。
朝鮮日報は「U-20サッカー日本代表の驚くべき市民意識の高さが話題になっている」と称賛する。
そのことはこの記事を。

バルセロナFCの汚さと、日本代表のキレイさに世界が驚いた。

 

試合後に、トロフィーを踏みつける韓国とロッカーを片付ける日本…どうして差がついたのか…慢心、環境の違い…。

それは慢心でも環境の違いでもなくて、きっと教育と歴史の違いだ。
日本には武士道があるから。
たとえ敵であっても、素晴らしい人間であれば日本人は心からの敬意を表する。
中国とのことでいえば、明治時代の日清戦争のとき、日本軍と戦って負けた清の将軍・左宝貴(さほうき)のために、日本人は彼をたたえる碑を建てた。

イザベラ・バードというイギリス人女性がそれを見て感激している。

将軍が斃れたと思われる地点にはまわりに柵をめぐらした端正な碑が日本人の手で立てられており、その一面にはこう記してある。

奉天師団総指令官左宝貴ここに死す。

またべつの面にはこうも記してある。

平壌にて日本軍と戦うも、戦死。

敗軍の名将に捧げた品位ある賛辞である。

「朝鮮紀行 (講談社学術文庫)」

 

戦いが終わればノーサイド。
敗軍の将にも頭を下げるのが日本人の品位。
この美徳をうしなってはいけない。
敗者への敬意をなくしたら、何が起きるのか?
それを教えてくれたのが今回の大会だ。
ありがとう、パンダカップ。

 

 

こちらの記事もどうですか?

イスラム教徒のサッカー選手。ビールかけやラマダン(断食)は?

集団メンタル崩壊の韓国サッカー。もうアジアの盟主でも日本のライバルでもない?

世界に広がる日本のアニメ人気:カタルーニャ独立はクレヨンしんちゃん

 

4 件のコメント

  • サッカーが世界から毛嫌いされるようになったきっかけは
    あのWC2002で悪名を馳せた鄭夢準の行動である。典型である。
    今やFIFAもAFCも理事候補者は全員落選した。

  • 外国人の書き込みを見ていると、ときどきあのワールドカップの韓国戦が出てきます。
    いまでも怒っている人はいるようですね。
    いまの韓国がそのときからどれほど変わったかわかりませんが。
    なお、ここに載せられるようコメントは一部変更させてもらいました。

  • あなたの言っている武士道というのは近代の日本で明治政府が都合良く作った概念である。https://dic.nicovideo.jp/a/%E6%AD%A6%E5%A3%AB%E9%81%93 あなたにはやっぱり韓国ドラマのことあーだこーだ言える道理はない。あと2009 年のヤマザキナビスコカップ の決勝戦を調べてみて下さい。

  • >武士道というのは近代の日本で明治政府が都合良く作った概念である
    そんな武士道は初耳です。根拠はなんでしょうか。
    あと「ニコニコ大百科」の説明ですが、最後に「と筆者は思う。」と結ばれているようにあれは個人の主観や意見です。
    そういう見方もある、と考えたほうがいいですよ。

    韓国ドラマのことは知ってることしか言ってません。ただし内容は事実です。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。