近ごろベトナム人犯罪者が多い理由。“奴隷労働”の裏にいる奴ら

 

いま日本人はベトナム人についてどう思っているのか?
と思ってヤフーで検索してみると、わりとネガティブな言葉がくっついている。

 

 

このなかの「犯罪多い」「実習生」「豚泥棒」「逮捕」はすべて線でつながっているとみていい。
もともと在日ベトナム人の数は多いのだけど、このところ実習生として日本へやってきたベトナム人の犯罪がよく報道されるから、どうしてもそんなダーティーな印象が付いてしまう。

法務省が公開したデータによると2019年の実習生は41万人で、ベトナム人は約22万人というからかなりの割合だ。そしてきょねん失踪した実習生約8800人のうち、半数以上がベトナム人だった。

 

ベトナム北部の観光地・サパ

 

一部のエリートをのぞけば日本とベトナムでは手にする給料が段違いだから、数年働いて貯金して、母国へ戻ったときには家を建てられたという人もいる。
その一方で低賃金・重労働を強いるひどい会社もあって、こき使われて疲弊する実習生がいるのも事実。
少し前にテレビ番組でその実態を取り上げていたし、ネット検索すれば「奴隷」なんて禍々しい単語も出てくる。

実習生が犯罪行為に手を染めることには本人だけでなく、受け入れ先の日本企業にも問題があるケースもある。だがしかし、そのあいだにいる悪い奴らについては、日本ではあまり注目されていない。

日本企業は現地の送り出し機関を通してベトナム人実習生を受け入れていて、そこが良いところなら問題はないのだけど、なかにはカネのことしか頭にない送り出し機関もあって、地方のどちらかといえば貧しいベトナム人に「日本へ行けばすぐに大金を得られる」とテキトーなことを言って、ばく大な借金を背負わせて日本へ放り込む奴らもいる。
ベトナム人がベトナム人をダマして搾取する事例は本当に多いという。

その闇に切り込んだのが文春オンラインのこの記事(11/22)

彼らのツテでブローカーの利益も含めた150~200万円ほどの借金を負うことになるのだが、その場合に担保となるのは実習生の実家の土地や家、田畑、それに両親の生命保険だ。

相次ぐベトナム人犯罪のなぜ? 「ひとり月500円」「性接待も日常的」……実習生送り出し機関の“悪質な手口”

 

良心的な送り出し機関であれば年利5%ほどだが、悪質なところだと20%以上の年利を要求してくる。

日本に来て働き出してから、実習生は初めて「借金+高額の年利」なんて現実的には支払えないことに気づいて労働意欲をなくし、やがて無断欠勤が目立つようになって数か月で失踪してしまう、というのが典型的なパターンと記事にある。

残業代を払わないとかあれこれ理由をつけてピンハネするなど、受け入れ先の日本企業が鬼畜の場合もあるけど、来日前に借金漬けにされていることが「奴隷化」の前提になっていることは多いようだ。

サイゾーウーマンの昨年のインタビュー記事で、『奴隷労働―ベトナム人技能実習生の実態』の著者・巣内尚子さんもこう話している。(2019/10/31)

ベトナム人技能実習生は、来日するためにベトナム側の送り出し機関に高額の渡航前費用を支払っています。この渡航前費用のために、技能実習生が莫大な借金を背負っていることが問題だと思います。

『奴隷労働』著者・巣内尚子氏に聞く、ベトナム技能実習生の現実(前編)――奴隷生む闇の“産業”

ベトナム国旗

 

最近2人のベトナム人留学生と話す機会があったから、「犯罪多い」や「逮捕」といった日本でのベトナム人に対するネガティブなイメージについてきいてみたところ、彼らは日本人よりも同胞に対して怒っていた。

実習生と日本企業の仲介をしているベトナム人に悪い人間がたくさんいて、彼らが「奴隷労働」の原因を作り、それが日本でのベトナム人犯罪につながっていると言う。

高い教育を受けてなく、金も知識もあまりないベトナム人が家族に仕送りをしたり、母国で企業する資金を作るといった目的で日本で働くことを希望する人は多いけど、そんな期待に付け込んで、日本は夢のような国で短期間で大金を稼ぐことができるからと高額の仲介手数料を取って、実習生を日本へ送りこむベトナム人の仲介業者が本当にたくさんいる。
彼らはカネだけの人間だから、大学の卒業証書や戸籍なんかも平気で偽造するし、カネをもらえばそんな不正に協力する人もいる。
この問題はベトナム社会の広い部分に関わっているから本当にやっかいらしい。

まともな情報は与えられず、日本に行く3日前に、自分が働く場所や内容を教えてもらったというベトナム人実習生もいたという。彼らには選択肢や拒否権なんてほとんどない。
日本来てから聞いていた話と違った場合、実際には仲介業者の責任なのに、「日本企業にダマされた!」と逆恨みする実習生もいる。

これは一般の日本人にどうこうできる問題ではないけれど、実習生が日本で「奴隷労働」させられる背景と、そこから生まれる犯罪があることは知っておいもいいと思う。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

「すし舐め事件」に見るベトナム人と日本人の“気性”の違い

ベトナム人が日本旅行で感じたこと①「買い物・サービス」

カンボジア人ガイド「日本人と韓国人の違いは、見た目で分かる

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」

東南アジアを知りましょ! 「目次」 ②

東南アジア旅行で見た「感謝される日本」、誇るべき技術力

 

4 件のコメント

  • 中部空港行きの沿線に住む者です。
    コロナ以前は、朝に空港を出る電車に、乗り継いでタイ航空かなんかで来日したてのベトナム人実習生を列車内でよく見ました。ほとんど毎日のように。
    スーツケースと、ダンボールかなんかで大きな荷物を持参して、若い男女が数人の団体で。

    ベトナム語で自分の名前かなんかが荷物に大きく書かれていることが多いので、すぐ見分けがつきます。
    異国の地で今から頑張るんだろうな・・って思って眺めてました。
    車内で列車の行き先を聞かれることもしばしば。片言の日本語か英語で教えます。
    (難易度の高い名鉄(迷鉄)ですのでそれでも心配(爆))

    これだけ交通や情報が発達して、入国してくる人々の裾野が広がっていると、一定の水準の教育や所得のない層につけこむような輩も、どこの国にもいますよねえ。
    雇用する側だけを改善で済めば話しは早いのですが、送り出し側となると・・。
    ほんと何とかならないもんでしょうかね。

  • 日本の少子高齢化は避けられません。
    働いて税金を払ってくれる人として、外国人労働者はもう不可欠な存在になっています。
    いまは彼らを受け入れる過渡期なので、いろんな問題がおこると思います。
    ベトナム人実習生や日本企業を責める人が多いのですが、もっと送り出し機関に注目したほうがいいですね。

  • > これは一般の日本人にどうこうできる問題ではないけれど、実習生が日本で「奴隷労働」させられる背景と、そこから生まれる犯罪があることは知っておいもいいと思う。

    どうかな? 多くの日本人は、そんなことは既に知っていると思いますよ。

    「いまは彼らを受け入れる過渡期」とは、なるほど、なかなか的確な言い回しですよね。
    かつての日本では、台湾人・中国人による犯罪行為が頻発していましたが、最近ではめっきりそんな話を聞かなくなりました。それは、台湾人や中国人たちのコミュニティによる「自民族への管理・統制」が進んだからでもあると思います。いずれ日本のベトナム人社会もそうなりますかね。

  • ベトナムの送り出し機関について知っている日本人は少ないと思いますよ。
    知人のベトナム人の話では、SNSで犯罪行為をにおわす投稿は日本の警察に通報する在日ベトナム人もいるということです。
    一部のベトナム人のせいでイメージが悪化したら、まともなベトナム人が困りますから。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。