【世界で日本だけ】母国では“用なし”となったラ・フランス

 

秋の味覚といえば栗やカボチャが有名で、いまレストランに行けばこれを使った特別メニューを楽しめる。
でも、洋梨の「おフランス」ではなくてラ・フランスの旬もこの季節だ。

日本でいえば幕末の1865年ごろ、フランス人のクロード・ブランシェ (Claude Blanchet) がこの品種を発見し、日本へは明治時代にやってきた。
*ほかの洋ナシの品種は以前からヨーロッパで栽培されていた。

「ラ・フランス」は日本独自のネーミングで、母国フランスでこの洋ナシは発見者にちなんで「Claude Blanchet」で呼ばれている。
いや、「いた」と言った方が正解かも。
というのは、お菓子やジュースにも使われていて、日本ではわりとポピュラーなこの果物は、実はフランスからはすでに消えてもう栽培されていないから。

ウェザーニュースの記事(2021年10月25日)

他の洋梨に比べて実を付ける期間が1か月ほど長いうえに、病気にかかりやすく栽培に手間がかかるため、1900年代初頭にはフランスでは絶滅してしまいました。

栽培は世界中で日本だけ ラ・フランスの意外な事実

 

本家フランスでは“用なし”となったラ・フランス、これを栽培するのはいまや世界で日本のみ。
となると「ル・ジャポン」と改名していいかも。
*フランスは女性名詞の国だから「la France」、日本は男性名詞の国だから「le Japon」。
国内では(=世界で)約8割が山形県で栽培されているというから、「ラ・ヤマガータ」と呼んでもいいけど、イメージが変わるからこれは危険な冒険だ。

このニュースにネット民の声は?

・日本人の果物にかける情熱って凄いよね。海外旅行いっても日本で作れる果物は日本の方が美味しいし。
・福建省にはもはや存在しないペナン島の福建麺みたいなもんか
・海外フルーツは質より安さだからな
・日本の梨はNashi pearらしいよ
・A pair of pears
・味が濃厚で皮が薄いからそのまま食べられるのがいい

 

ラ・フランスが日本で生き残ったのは“偶然”だ。
この栽培を始めたころ、実った果実を食べても石のように硬くてまずいから、「こんなもん食えるか!」と捨てられてしまった。
でも、「時間が経って黄ばんで香りがしてきた。拾って食べるとおいしく、収穫後に熟させることに初めて気づいた」という記録があると、山形県農林水産部のホームページで紹介されている。
だから、このとき拾って食べなかったら、地球上から絶滅していたかもしれなかったのだ。

 

山形にラ・フランスがあれば、新潟には別の洋ナシの品種「ル レクチエ」がある。

 

 

これもフランス原産で明治時代にやってきたけど、本国ではラ・フランス同様いまでは栽培されていないらしい。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

【外国人の不思議】日本でイチゴはなぜ冬の果物なのか?

【暑いときはこれ】ヨーロッパ人に人気の夏の食べ物とは?

日本の国民食「納豆」をアメリカ人はどう思う?

ジャガイモの歴史:ヨーロッパ・宗教の禁止・ポテトの由来

「飢え」が変えた食文化。日本と世界(ドイツ・カンボジア)の例

ジャガイモの歴史:ヨーロッパ・宗教の禁止・ポテトの由来

宗教 「目次」

【日本だけの食文化・ごぼう】善意で外国人に提供→虐待で処罰

 

2 件のコメント

  • <<<ラ・フランス、栽培は世界で日本だけ。フランスでは絶滅の衝撃事実

    日本文化を研究することは、"かつて海外が持っていた心と物"を発見するのと同じかも。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。