3月4日はバームクーヘンの日!ドイツ人ユーハイムと日本の関係

 

3月3日はひな祭りで、3月4日は「バームクーヘンの日」。

ひな祭りの起源は2000年以上前の中国文化、曲水の宴(うたげ)にあると言われる。
くわしいことはこの記事を。

【ひな祭りの起源】日本・中国・韓国の文化「曲水の宴」

バームクーヘンはドイツの伝統的なお菓子だから、日本はなんというインターナショナル。
ちなみにこれはドイツ語で「木のケーキ」という意味。

バウムクーヘン(ドイツ語: Baumkuchen、バウム(木)+クーヘン(ケーキの意))

(ウィキペディア)

切断した木の断面ににているから、「木のおかし」ということか。

 

 

日本ではじめてバームクーヘンをつくったのは、ドイツ人のおかし職人カール・ユーハイムという人。

1919年の3月4日、広島で展示即売会がおこなわれた。
ユーハイムさんはそこで、日本で初となるバウムクーヘンを出品する。
このことから、この日が「バームクーヘンの日」になった。

ちなみにこのユーハイムさんはバウムクーヘン売っただけではなく、日本で初めてマロングラッセを販売した人物でもある。

 

これはタイのデザート
ご飯にマンゴーという組み合わせは、日本ではありえない。
でも、食べてみるとおいしい。

 

では、ここでクエスチョン。
1919年に世界ではなにかあったしょう?

 

この年には第一次世界大戦の講和会議がパリで開かれて、ベルサイユ条約が成立した。

ベルサイユ条約

第一次大戦の戦後処理のため、1919年ベルサイユ宮殿で調印された連合国とドイツとの講和条約。ドイツの領土割譲、海外植民地の放棄、賠償支払い、軍備制限などについて定め、国際連盟を設立した。

大辞林 第三版の解説

 

この説明に「国際連盟を設立した」とかいてある。
そう。日本はこのとき世界五大国のひとつで、国際連盟の常任理事国になったのだ。
日本は第一次世界大戦では戦勝国でドイツは敗戦国となる。

さっきの「バームクーヘンの日」の背後にはこの国際情勢があった。

 

第一次世界大戦は1914年のサラエボ事件をきっかけにして起きた人類初の世界大戦。
三国同盟(ドイツ・オーストリア・イタリア)と三国協商(イギリス・フランス・ロシア)との戦いだった。

日本は三国協商側に味方して戦う。
といっても、日本はあまり戦争にはかかわってなく、地中海に艦船をだしたり中国などでドイツ軍と戦ったりしたぐらい。

1918年にドイツが降伏したことによって、第一次世界大戦は終了。
そして翌年の1919年に、パリ講和会議でベルサイユ条約が成立する。
そして日本で初めてバームクーヘンがうまれたのだった。

 

リトアニアとポーランドの伝統的なケーキ「シャコティス」
これがバームクーヘンの起源になったという説がある。

第一次世界大戦のとき、日本は中国の青島でドイツ軍と戦って勝利し、そこを占領する。
このときに、青島でお菓子職人をしていたユーハイムさんも日本軍につかまり、捕虜(ほりょ)となって大阪の捕虜収容所におくられた。

このあとユーハイムさんは広島に移送されて、そこで日本人には未知のお菓子・バームクーヘンを作って披露(ひろう)する。
戦争が終わったあとも、ユーハイムさんはドイツに戻ることなく、おいしいお菓子をつくり続けたという。

ユーハイムの作る菓子は高い評価を得た。最も評価が高かったのはバウムクーヘンで、その他にプラム・ケーキが品評会で外務大臣賞を獲得したこともある

(ウィキペディア)

 

そして1945年8月14日に、ユーハイムは兵庫の六甲山ホテルで息を引きとった。
この次の日、8月15日は日本がアメリカに降伏して太平洋戦争が終わった日。
ユーハイムの妻のエリーゼは「死ぬまで日本にいる」と宣言して、1961年に神戸で亡くなった。
ユーハイム夫妻のお墓は兵庫県の芦屋市にある。

 

それにしても、人生はわからない。
ユーハイムが青島でおかし職人をしていたころには、その後の自分の運命をまったく予見できなかったはず。

まさか自分が日本に行って、バームクーヘンを教えることになるとは。
ましてや、自分が外務大臣賞をとるとは。
さらには、自分が日本で死ぬことを選ぶことになるとは、夢にも思わなかったにちがいない。

 

ちなみに今のドイツでは、バームクーヘンはあまり知られていないらしい。

「日本に来て初めてバームクーヘンを食べた!」というドイツ人もいるくらい。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

ドイツ料理にジャガイモの理由。三十年戦争とフリードリヒ大王

ジャガイモの歴史:ヨロッパ・宗教の禁止・ポテトの由来

日本人の食文化:江戸は犬肉を、明治はカエル入りカレーを食べていた

日本とソ連の「食人飢餓の地獄」天明の飢饉とホロドモール

アイルランドの基本情報と日本との関係(日の丸・怪談・銀座)

「ヨーロッパ」カテゴリー 目次 ①

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。