日本旅行をした台湾人から聞いたこと③言葉・嫌なもの・疑問

 

すこし前に、3人の台湾人(全員20代の女性)が旅行で日本にやってきた。
その台湾人を3日間、静岡と神奈川のあちこちに案内したから、今回はそのときのことを書こうと思う。の第三弾。
でもこれは自分用のメモとして箇条書きに書いていくから、まとまりはないですよ。
ちなみに3人のうち2人は日本語ができる。

前回までのはこれ。

日本を旅行した台湾人の話①違い・驚き・好き/嫌いなこと

日本を旅行した台湾人から聞いたこと②漢字の違いや元号

 

 

〇言葉

かつて日本は台湾を統治していて(1895~1945年)、日本語教育に力を入れていた。
統治時代の終わりごろになると、75%の台湾人が日本語を理解するようになったといわれる。
その影響もあって台湾人は日本語に抵抗がない。
統治時代の日本語や新しい日本語をいまでも日常的に使っている。

この旅行中も、台湾人が会話のなかで言っていた「カワイイ」「サシミ」「ワサビ」「カバン」という言葉は日本人のボクでも聞きとれた。

ほかにもこんな日本語が台湾の言葉になっている。

「おでん・さしみ・おじさん・おばさん・あっさり・はんこう(反抗)・おうえん(応援)・うんちゃん」など。
いまの日本で「運ちゃん」はあまりよくない言葉だけど、台湾では問題ないという。
ちなみに「運助」という漢字を見ても、意味は分からなかった。

台湾で使われている日本語についてはここをどうぞ。

台湾の日本語

 

 

でも、どうやら台湾に和製英語は伝わっていない。
*韓国人は「クールビズ」や「スキンシップ(厳密には和製英語ではない)」といった言葉を使っている。

台湾では「ソフトクリーム」とは言わないず、アイスクリームと言うらしい。
前回でてきた「峠」が和製漢語なら、ソフトクリームは和製英語だ。
くわしいことはこの記事をどうぞ。

日本のソフトクリームとアメリカ人。「火星ヤシ味」って何だ?

3人ともコスパやパワースポットと聞いても意味が分からない。
アメリカ人に聞いても、「パワースポットって何だ?Wi-Fiがよく通じるところ?」とか言う。
コスパはもっとひどくて、イギリス人に「コスト・パフォーマンスの略」と言ってもコスト・パフォーマンスの意味が分からなかった。

和製英語のことはこの記事をどうぞ。

外国人には「なぜ?」の和製英語:コスパ・ハイタッチ・ハイテンション

話はそれるけど、中国語で「快」は快速の快で「速い」という意味になる。
中国を旅行した日本人がかなりのスピードを出すタクシーに乗ったとき、「こわい!」と言ったのが運ちゃんには「快(クァイ:kuài)」に聞こえて、「もっとスピードを上げろということか」とかん違いしてさらに速度を上げやがった、という話がある。
それを台湾人に話すとおもしろがっていた。

 

 

〇日本で見た嫌なもの

「支那」という言葉は嫌いで、見ると不愉快になる。
「支那(しな)」は中国のむかしの呼び方で、蔑視や侮辱の意味が込められているということで中国人はこの言葉を嫌う。
台湾人も同じのようだ。

日本では政府が1930年(昭和5年)に「支那」という呼称を使わないことを閣議決定していて、いまのテレビやラジオでは放送禁止用語になっている。
くわしいことはこの記事をどうぞ。

中国人の嫌いな「支那(シナ)」。日本での使用例やNGの理由

日本社会からこの言葉はどんどん消えていって、支那そばは「ラーメン」、支那ちくは「メンマ」に変わった。

「支那竹」の「支那」という単語に台湾政府が抗議したため。日本では、桃屋が1968年からテレビCMで「メンマ」と称してからこの呼称も普及した。

メンマ

 

上のそば屋の看板は、中国人や台湾人旅行者もよく来る修善寺で見かけたもの。
1週間の日本旅行でこの台湾人が不快に感じたのはこれだけと言う。
あとはすべてがパーフェクト。

 

 

〇日本で感じた疑問

・なんで日本のモスバーガーは看板が緑色なのか。
台湾でモスといえば赤色。

・なんでお地蔵さんは赤いよだれ掛けや頭巾をかぶっているのか。
橋や鳥居はなんで赤いのか。

 

今回はここまで。
続きは次回に。

 

 

 

今回案内した台湾人は台北の「世新大学」の学生だった人たち。
この大学では日本語のボランティアガイドを斡旋をしてくれる。

ボランティアチームには日本語学科の3,4年生が属しています。無料のボランティアサービスである事に加え、学生たちの熱心なガイドは、日本人観光客にとてもよい評判です。

ボランティアガイドお申し込みの日本人旅行者の皆様

台湾旅行に行くなら、ここでガイドのお願いをするといい。

 

 

台湾 「目次」 ①

台湾 「目次」 ②

台湾人がアニメを見て感じた「日本と台湾の学校との違い」とは?

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。