【金持ちタイ人の日本旅行】タクシーに大感激した理由

 

ほんじつ8月5日は「タクシーの日」。

日露戦争が終わって7年後の1912年(大正元年)のこの日、東京ではじめてタクシーが登場したことにちなんでこの記念日がつくられた。
このときはまだ日本車なんて夢の世界の話で、T型フォード6台でタクシーの営業を始めたという。
*タクシーの営業開始日については別の説もアリ。

ということで今回はタクシーにちなんだ内容、タイ人が日本旅行で感激したことについて書いていこうと思う。

 

タイの水祭り・ソンクラーン
でもタイ人の話では、あれは祭りではなくて水戦争。

 

10年ぐらい前、知人のタイ人が日本で働いていたとき、会社が夏休みに入ったころ彼の両親がバンコクから日本へ旅行にやってきた。
2人とも日本に来るのはこれが初めて。
だから驚いたことを挙げたらキリがないけど、交通機関について言えば「訪日外国人あるある」の鉄板ネタのひとつ、正確無比の電車運行を見て日本が先進国であることを確信した。

両親は成田空港から東京まで、また都内を電車で移動したけど、そのすべてで1分単位で電車が正確に到着して発車する。
そのウワサはタイで聞いていたものの、実際にそれを体験すると奇跡のような感じるらしい。

*知人にタイの電車事情を聞いたら「よく分からない」とのこと。
あちらでは、電車は貧しい人が利用する乗り物というイメージがあるらしくて、タイ社会の「金持ちゾーン」に属するこの家族が国内を移動するときは近ければマイカー、遠かったら飛行機を使う。
だから電車のことはよく分からないらしい。

 

話を戻すと、彼の両親は日本のタクシーがかもし出す高級感に感動というか興奮した。
タクシーに乗ろうとしたらドアが自動で開いて、2人はまずそれにビックリ。
さらにタクシーの中の清潔感や座り心地の良さは、タイのタクシーとは天地の違いがあって、あとエアコンの質もタイとは違うという。
そんな上質空間に加えて、ドライバーの丁寧なサービスに両親がやられた。
それに運転は安心快適で、タイのドライバーみたいにスピード違反や信号無視、さらに逆走することは一度もなかった。

いまは分からないけど、当時のタイでは日本のタクシー会社のようなものはなく(ゼロかは知らない)、労働者がお金を払ってタクシーを1日借りて乗客を乗せて、仕事が終われば車を会社に返すシステムが一般的だった。
だから、運転免許証さえあれば誰でも運転手になれる。(下手したらそれがなくても)
仕事を求めて地方からバンコクに来た経験ゼロの人が、いきなりタクシードライバーになって客を乗せることは珍しくないらしい。
でもそういう人たちはサービスやマナー教育を受けていないから、ボッタくりはするし運転も自己流でテキトー。

 

 

そうか。
日本のタクシーでそんな高級感を味わえたのか。

でもそれには対価が必要で、タイに比べたら日本のタクシーは恐ろしく高い。
これはボクの記憶を頼りに書くけど、当時のタイでタクシーに乗ると初乗り運賃は100円以下で、渋滞込みで30分走っても運賃は3~400円と爆安。
東京でタクシーに乗った経験はないけど、日本なら10年前でもこの10倍はしたのでは?

だから感覚だけでいえば、日本で4千円のところを4万円はらうようなもの。
ボクなら絶対にノーサンキュー、ヘル・ノーだ。
でもさっきも書いたけど、彼の両親はお金持ち。
タイはすさまじい格差社会(これも日本との違いのひとつ)で、国民には貧しい人が多いけど一部上位にいる人たちは湯水のように使えるほどのお金を持っている。

知人のタイ人一家の収入は知らないけど、東京から新幹線で各地へ移動して、USJや鹿児島の砂風呂で「ウェ~い」と楽しんでいるツイートからすると、「限られた人たち」と見て間違いなさそう。

 

地下鉄の優先席

カンボジアと違ってタイは仏教国ではないけど、このようにお坊さんは社会で尊敬されている。

 

日本の夏は高温多湿ですごく不快だから、50代の親は街中を歩くとすぐに疲れてしまう。
だから地下鉄や電車の駅まで移動するのも面倒で、よくタクシーを使っていた。

日本のタクシー・ドライバーは制服を着て帽子をかぶり、白い手袋をしてハンドルを握る。
タイの物価からすると運賃は天文学的だけど、母国でこれと同じレベルの高級感を味わうとなると、かなりの金額を払わないといけないから、人生で一度だけの日本旅行と思うとそれほど高いとは思わない。

*目的地に到着したあと親がドライバーに頼んで降りてもらって、タクシーと一緒にドライバーの全身写真を撮ったこともあったとか。
日本に住む息子としては、これが恥ずかしかったらしい。

 

そんなタイ人の話を聞いていて、タイ社会の「闇」に触れたような気がしたけど、ご両親がはじめての日本旅行を心から楽しめたのならまあよかった。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

決定!2017年、タイで最も美しいニューハーフ&タイと日本の関係。

仏教国のタイ、喜捨によるお坊さんのメタボ化が社会問題

日本の武士は戦闘レベルが違う!山田長政らがアユタヤ王朝へ。

日本人とタイ人の価値観の違い。死体はOK、タバコはNG

タイ人の国民性”マイペンライ”・イラつく日本人・国名の意味。

 

2 件のコメント

  • この記事には書いてないですが、東南アジアにおけるタクシー事情でもう一つ、「タクシー会社によるサービス品質の違いが極めて大きい(なのに料金はさほど違わない)」という点も日本と異なります。昔、自分が仕事でこの辺りに出張した際には、現地事務所の人間から、「あの色のタクシーはしっかりした会社のものだから利用しても大丈夫、他の会社のタクシーは使わない方がいい。タクシーは、ホテルに電話して(外出先まで)呼んでもらうようにすること。流しとか、店に呼んでもらうタクシーは危ない。なお、現地のバスは安いけれども絶対に乗るな。」と注意されました。
    もちろん日本でもタクシー会社によって多少の違いはあるけれども、「使わない方がいい」というほどのことはありません。このタイ人家族も安心して流しのタクシーが拾える訳です。

    また聞くところによると、米国の「ウーバー」なんかも結構あぶない(強姦事件も起きている)みたいですよ。そりゃ運転手が素人だもんね。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。