【正義の暴走】肉フェスでヴィーガンの過激PRに批判殺到

 

焼き肉大国・日本で、毎年8月29日は「焼き肉の日」になっている。

「肉だ。肉を食え。肉肉肉、肉を食うんだ肉を。若いうちはとりあえず肉だ。肉を食っていれば、人間は幸せになれるぜ。」と貝木泥舟が言うように、焼き肉は至福の瞬間をもたらしてくれるということで、この日は近所の焼き肉店が半額キャンペーンをしていた。

日本の焼き肉文化についてくわしいことはここをクリック。

「焼肉」の風習は明治以前からすでに存在しており、たとえば幕末開港期の横浜では牛肉を串に刺して焼いたものを売り歩き客に食わせる料理がすでにあったとされる。

日本の焼肉文化 

 

でも、焼き肉が日本人の国民食になっているというのは、ヴェジタリアンやヴィーガンの人たちにとってはきっと軽い地獄。

ヴィーガンというのは、卵・乳製品・ハチミツなども口にしない徹底した菜食主義者のこと。

単に動物性食品を食べることを避けることから、あらゆる動物製品を避けることを含む(革、ウール、毛皮等々)。

ヴィーガニズム 

 

歴史をみると日本では奈良時代に動物の殺生や肉食が禁じられるなど、おもに仏教の影響から肉食をタブー視する傾向が強かった。
それが明治時代になると政府が国民に動物の肉食を奨励したことで、この食文化が一気に日本中へ広がって現在にいたる。
くわしいことはここでご確認あれ。

日本における菜食主義

今回の話は「焼き肉の日」を憎々しく見ているであろう、ヴィーガンの過激派についてだ。

 

 

ボクのまわりにも、動物愛護という個人的な理由からヴィーガンになったイギリス人と、ヒンドゥー教の教えから生まれながらにしてヴィーガンというインド人の知人がいる。
2人とも肉を食べなかったり革製品を身につけないなど、ヴィーガンの価値観に沿って生活しているだけで、それを他人に押し付けることはない。

日本の社会の中で、自分の価値観や信条に合った生活をするのはもちろんOK。
動物愛護をアピールするのもいいけど、社会常識の限界という越えてはいけない一線をむしろスタートラインとして考えるような迷惑行為は超NG。
過激な人間はそういうことをする。

きょねん東京で開かれた「肉フェス」の会場内で、一部のヴィーガンが「動物を殺してほしいですか」と書いた看板や動物の死体などのグロテスクな写真パネルをいくつも設置した。

 

 

これじゃ楽しい気分が台無しで、特に家族連れがこれを見たら子供も親もトラウマになりそう。

動物愛護の精神はいいとして、このPRのやり方にはネットで批判が殺到。

・自分が絶対の正義と思い込んで自分は傷つかずに一方的に相手を痛めつける
これが楽しくない人間はほとんどいないよ
・お前それサバンナでも言えんの?
・植物差別許さない
・空気読まない主張だな痛すぎ
・植物もヴィーガンに食われるために育ったわけじゃねーだろ。綺麗事ぬかすなよ
・それ去年もいたよな
・これ主催側は業務妨害を訴えてもいいな

ネットの書き込みだからリアルかどうかは不明だけど、この写真の前で肉を食う勇者もいたらしい。
この被害者は肉フェスを主催した人と楽しみに会場へ足を運んだ人と、良識と常識のあるヴィーガンの人たちだ。
無能で活発な味方はまさに最悪の敵。

 

正義感から出た行動は良心が痛まないから、ストッパーがかからず行き過ぎてしまうことが多い。
以前にも、イルカショーを「動物虐待」と考えたヴィーガンがショーの最中に飛び込んで逮捕されたことがあったし、ディズニーランドで抗議活動を行って、皮をはがされた動物の死体を関係ない客に見せて回ったヴィーガンの人たちもいた。
どちらも当然、ネットで批判が殺到。

和歌山のイルカショーを邪魔したのは、動物愛護のヴィーガンだろ。

グッチもNO!世界と日本で広がるヴィーガンと毛皮反対運動。

 

自分勝手な正義が暴走する現象は海外でもあって、先ほど書いたヴィーガンのイギリス人からこんな話を聞いた。
彼女には、父親が研究所で動物実験をしている友人がいて、あるとき家の壁に「おまえは多くの生き物の命を奪った。今度はおまえの番だ」という落書き(というか殺人予告)がされていた。
警察に訴え出るも犯人は見つからず。

日本でも海外でも、正義に酔った人がバーサーカー(凶暴で攻撃性のある人)に変わることはよくあるのだ。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

ベジタリアンとヴィーガンの違いとは・日本での割合は?

国連もおすすめ!人類を救う昆虫食。外国人はもう食べている。

「飢え」が変えた食文化。日本と世界(ドイツ・カンボジア)の例

宗教 「目次」

日本 「目次」

 

1 個のコメント

  • ヴィーガンでも、動物愛護主義でもそうなんですが、どうして欧米キリスト教文明に所属する人間しかいないのですかね? 記事にも書いてある通り、動物を食しない(殺生戒)であれば仏教の方がずっと歴史的に古いのに。
    キリスト教と言えば、中世の魔女狩り宗教裁判、魔女の使いであるとみなして猫を皆殺しにした挙句ネズミが大繁殖してペストが蔓延、その手の失敗に同じです。
    ま、このような過激派動物愛護の主張があることも、世界三大一神教が「宗教という名の麻薬」であり、間違った思想である証拠の一つだと、私は考えます。
    もちろん、彼らにそのような考えを押し付けたりはしませんが。

    人間の人生にとって最も重要なことって、宗教ですか?
    外国人にはそう考える人が、日本人よりもはるかに多いのだけど。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。