【何だコリア】日本人にはない韓国人の発想&行動・慰安婦編

 

いまはタイにいるけど、以前日本に住んでいたタイ人の友人がいる。
残念ながら男性だ。
彼は日本に来る前、日本人と韓国人のちがいが分からなかった。
日本と韓国はすぐ隣にあるし、人の見た目も似ている。

日本人も同じようなものだと思う。
「タイ人とミャンマー人のちがいは?」と聞かれて、答えられる人はほとんどいないはず。

 

そんな彼も、日本に住んでから見方が変わった。
日本人を含めいろいろな人から話を聞いて、日本人と韓国人には、性格や考え方で大きなちがいがあることを知る。
外見より、内面がちがう。
タイ人の彼には、韓国人は感情的で日本人は冷静。
言い方を変えたら、韓国人は情にあついけど、日本人はときどき冷たい。

日本人と韓国人のちがいは、日本人がよく分かっている。
韓国の人たちは、ときどき日本人ではあり得ないような発想や行動をするから。

前回、自転車でアメリカ大陸を横断しながら「独島は韓国の領土」と叫ぶ韓国の大学生を紹介した。
それと、その行動を「すばらしい!」と称賛する韓国社会の様子も。

日本人の感覚からすると、いろいろ間違っているのだけど。
記事のタイトルに、「何だコリア」と書きたくもなりますよ。

 

アメリカですることは他にあるだろう。

 

韓国人は情熱的だ。
「独島は韓国の領土だ」とアメリカで叫ぶ大学生がいれば、元慰安婦の苦しみを現地の人に伝えようと、自転車でアメリカ横断をした大学生もいる。

エネルギーはすごいけど、やることがワンパターン。
韓国にはそんな人が多いと思う。

とにかく、東亜日報の記事(2018年09月06日)にその大学生の言葉が載っている。

「3ヶ月間、諦めたい気持ちが100回以上もありました。しかし、日本軍元慰安婦たちの苦しみを考えると、ペダルを止めることができませんでした」

「完全に人間の力を利用して走る自転車が、少しでも元慰安婦のおばあさんたちの苦しみに近付く手段だと思った」

慰安婦被害を知らせるために自転車で米国を横断した二人の青年

ね?何言ってんのか分かんないでしょ?

 

この行為の背景にあるのは「ディスカウントジャパン運動」だろう。

ディスカウントジャパン運動 (朝鮮語:디스카운트 재팬)とは、韓国による国際社会における日本の価値や評判を下げて、日本の地位失墜をめざす運動のこと。

ディスカウントジャパン運動

 

この大学生はアメリカ横断中、「高速道路のパトロール隊の助けを借りたこともあり」と地元警察のお世話になっている。
「おばあさんたちの苦しみに近付く」ことを考えるのはいいけど、現地の人に面倒をかけちゃダメだぞ。

アメリカで「独島は韓国の領土だ」と叫んだ大学生と同じく、韓国メディアはこの大学生を支持する。
東亜日報はこう書いている。

「彼らは摂氏40度を超える猛暑と戦いながら、東端のニューヨークに向かって走った。日本軍元慰安婦の苦しみを米国に知らせるために」

「走れメロス」の書き出しがこんなふうだったような?
もう宗教的な情熱を感じる。

 

日本でこんな大学生は聞いたことがない。
この発想や行動は日本人のものではない。

慰安婦問題は実質的に解決している。
2015年に、日韓両政府がこの問題の「最終的で不可逆的な解決」を確認したのだから。
もう日本と韓国が慰安婦問題の解決について話しあうことはない。

アメリカ大陸を自転車で横断しながら「慰安婦問題は解決した」と叫ぶ日本人大学生がいたら、アメリカの人たちに申し訳ない。
日本のメディアも、そんな大学生を支持することはないだろう。
こんな行為は日本人の常識や価値観に反しているから。

 

外国に慰安婦像を建てる行為も、発想の根本は同じ。
日本人はこういう考え方を嫌う。

 

独島も慰安婦問題もアメリカには関係ない。
でも韓国には、それを現地の人にアピールする大学生がいるし、それに共感してサポートする組織もある。
そしてそれをメディアが国民に伝える。

日本とは何から何までちがう。
特に日本人と韓国人とでは、「世間やまわりの人に迷惑をかける」という感覚がちがう。

 

ということで、前回と今回の記事で「日本人にはない韓国人の発想&行動」というものがお分かりいただけたと思う。
「韓国人は感情的で日本人は冷静」というタイ人の見方は間違っていない。

 

ちなみに去年2017年には、「日本の若者に正しい歴史を教えて、謝罪を受けたい」という韓国の大学生が、フリーハグをしながら日本をまわっていた。
くわしいことはこの記事をどうぞ。

「日本人に正しい歴史を教え、謝罪させたい」と言う韓国人と出会ったら?

「韓国人に正しい歴史を教えたい」という日本人は多いけど、この発想はない。
やっぱり、玄界灘の向こうは別世界だ。

 

とはいえボクが知っている限りでは、韓国人の積極性はそれなりに効果をあげている。
まわりの外国人やYouTubeのコメント欄では、韓国の意見を支持する人が多い。
例えば旭日旗について、こう言うアメリカ人みたいに。

大きい声を出せば誰かに聞こえるし、それに反論する声がないと負けてしまう。
「自分の主張を他者に伝える」という点では、日本人は韓国人にかなわないと思う。

 

こちらの記事もどうぞ。

韓国人「日本文化の起源は韓国!」←中国人の反応が面白い

海外旅行で気づく、日本人の器用さ・日中韓の箸の違い

日本人「済州島は、恐怖の人喰い島だ!」と、韓国の悲しい歴史

韓国を知りましょ! 「韓国カテゴリー」 目次 ②

日本と韓国の違い。職人(文化)を育てる「天下一」の考え方

韓国人は、日本をどう見てる?① 小学校の歴史教科書から

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。