【遠い日韓友好】日本の農家が嘆き、国民を怒らせること

 

あるサイトで韓国の食文化を紹介するこんな記事を発見。

さつまいもが大好きな韓国で注目! コグマスイーツとは?

どれほどの“好き”か分からんが、韓国人もサツマイモが大好きらしい。
それで韓国ではいま、かわいい子熊の形をしたサツマイモのスイーツが人気。ということではなく、韓国語のコグマとはサツマイモのことなのだ。
日本人なら一瞬でおぼえられる韓国語。
この記事によると韓国のサツマイモを使ったスイーツを、日本で「コグマスイーツ」と呼ぶことがある。

さてそんなコグマについて昨年末、FNNプライムオンラインで、日本人としては見過ごせない報道があったのをご存じか。(2020年11月25日)

日本では、密輸された野菜が公的機関で培養することは考えられないことですが、韓国では起きてしまったわけなのです。

日本が開発したさつまいも「紅はるか」が韓国で大人気…法律改正で日本ブランドの密輸は防げるのか

 

「さつまいもが大好きな韓国で注目!」という記事と、その“背景”を伝える記事を見ないと韓国社会はわからない。

2018年のデータによると、韓国で栽培されている甘くておいしいサツマイモの約40%は「紅はるか」という品種で、これは日本人が開発したサツマイモだ。

韓国のある農家が日本からこの品種を“密輸”し、それを韓国の農業技術センターが”培養”という特殊技術を使って苗を大量に増やすことに成功する。そしてその苗を農家に販売したことで、「紅はるか」が韓国全国に広まった。
この事態にあきれて「日本では、密輸された野菜が~」につながる。

ただこれは韓国メディアの報道によるものということだから、韓国でもこれを問題視する人がいるということなんだろう。(いやいてくれ)
実際、「密輸されたさつまいもを培養して苗を植えるというのは、さすがに法的に問題がある可能性がある」という指摘が韓国政府からあったという。

日本人がつくった新品種が韓国に流入し、大量に出回った状態はもうどうしようもない。
せめて韓国側から品種の使用料を払ってもらえればいいのだけど、現状ではそれは無理だから、日本の農家や関係者は泣き寝入りするしかないようだ。

こういった新しい品種を作るためには、膨大な時間と手間やお金がかかります。しかし、時間や手間そしてお金をかけて開発をした日本側には一銭も支払われていないという、ちょっとひどい状況なのです。

 

紅はるかを開発した農研機構は「誠に遺憾ですが、対応を取るのは困難と考えています」ということで、本当に悔し涙を流すしかない。

だがしかし、これで終わりではない。
このことによって今後、日本の農家らが「紅はるか」を海外で売ろうとしたとき、韓国の「紅はるか」とぶつかることが予想されるのだ。
日本が開発したのに、密輸&大量生産され、その挙句に海外市場を奪われるという悪夢が現実に起こる可能性は高い。

日本農業新聞が農業関係者の不安を伝える。(2020/11/15)

日本の農産物輸出の有望な品目・品種であるだけに、国内産地からは海外に売り込む際、競合することを心配する声も上がっている。

サツマ「べにはるか」 無断流通 韓国で拡大 栽培面積の4割 輸出競合に懸念

終わりの始まりになりかねない。

 

あったりまえのことながら、ヤフコメを見るとそこは批判と怒りの嵐だ。
こういう出来事が韓国に対する日本人のイメージを悪化させて、こういう記事が日本で拡散するからその影響はますます大きくなる。

 

 

日本ブランドの農産物の海外流出はこれだけじゃない。
高級ブドウのシャインマスカットやイチゴも韓国に流出し、日本の農家が金銭的な被害を受けている。
そういう人たちの嘆きを知れば、多くの国民は胸に怒りを抱くことになる。
慰安婦・元徴用工問題といった政治問題だけでなくて、こういうことが積み重なって「戦後最悪」といわれるいまの日韓関係が築かれたのだ。
でも今回の件は、さすがに韓国政府も「おいおい」と戸惑うような悪質なものだから、今後はこんなことはもうないだろう。
と万感の期待を込めて言ってみた。

 

こういう直近の“過去問題”をそのままにして、両国の友好を訴えるから日本はシラケてしまう。

中央日報日本語版の記事(4/27)

韓国全国経済人連合会「新たな韓日関係に向けた両国協力案」セミナー開催

 

 

このセミナーで「最近の韓日対立は利益衝突というよりは信頼の喪失と感情対立が原因」 と韓国の専門家は言うのだが、これはけっして「どっちもどっち」ではない。
それに原因はもっと他にもいろいろある。

日本のイチゴ・ブドウ・サツマイモで韓国側が手にした利益のうち、いくらか還元してくれたら、「誠に遺憾ですが、対応を取るのは困難と考えています」と嘆く日本人の気持ちも少しはやわらぐ。
「新たな韓日関係に向けた両国協力」のためなら、「韓日通貨スワップ推進」を主張より先にすること、できることが韓国にはあるはずだ。

とはいえ法整備の不備など、日本のほうにも油断やスキがあったこともたしかで、“密輸されない状況”をキチンとつくらないいけない。

さてさて韓国人も日本人も、おいしくコグマスイーツを味わえる日はくるのだろうか。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

韓国イチゴがおいしい理由とは?日本の被害は最大220億円。

桜(ソメイヨシノ)の韓国起源説は間違いです by 森林総合研究所

「わっしょい」の語源は韓国語(ワッソ)?やっかいな「韓国起源」

韓国の除夜の鐘②中国に始まり日本からソウルに伝わった風習

韓国人「日本文化の起源は韓国!」←中国人の反応が面白い

韓国人が「日本文化の起源説」を言い出す3つの理由

 

1 個のコメント

  • 今に始まった事じゃないので。
    有名なのは紅はるかやシャインマスカット、みかんの件。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。